大河ドラマ『青天を衝け』第16回「恩人暗殺」

 一橋家臣となった栄一(篤太夫)と喜作(成一郎)は、関東で一橋家に役立つ人物を集めようとします。その二人の出立を平岡円四郎が見送ります。今回、その平岡が殺害されましたが、平岡は栄一の大恩人で理想的な上司として描かれていたので、大きな喪失感があります。西郷吉之助(隆盛)の発言など、史実を知らずとも平岡の最期を予感させる構成になっており、唐突感がないことを評価する視聴者もいるでしょうが、あざといと批判する視聴者もいるかもしれません。私は、なかなか上手く構成されていたと思います。


 今回は、栄一と喜作の関東での人材集めと並行して、池田屋事件と水戸天狗党の決起が描かれました。池田屋事件は平岡の殺害と深く関わっており、水戸天狗党の決起に血洗島の人々も巻き込まれます。幕末の重要な事件を単発的に描くのではなく、主人公およびその周辺の人々がしっかり関連しているので、ここまでは大河ドラマとしてなかなかの高水準になっていると思います。ここまで大きな存在感を示した平岡の退場は寂しいものの、今後もこれまでのような水準で話が続くのではないか、と期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント