大河ドラマ『青天を衝け』第12回「栄一の旅立ち」

 栄一たちは横浜の外国人居留地を焼き討ちしようと計画し、まず高崎城を占拠しようとします。喜作とともに江戸に出て平岡円四郎と再会します(とはいっても、両者ともに過去の遭遇を覚えていないでしょうが)。栄一は平岡に自分には志があると言い、平岡は栄一と喜作に一橋家(と最初は栄一と喜作には明かしていないわけですが)に仕えるよう誘いますが、栄一は断り、平岡は栄一の器量を認めて惜しみます。栄一はたちの攘夷決行の日が近づき、長七郎が戻ってきて栄一たちは喜びますが、長七郎は無謀な決起だと反対します。長七郎は京都の最新の情勢を栄一たちに知らせ、決死の覚悟で中止を訴え、決起は中止となります。

 栄一は役人に目をつけられたことから、喜作とともに京都に向かうことにします。今回は、栄一と父の父子関係とともに、父の器の大きさが印象づけられました。栄一の成功は、豪農出身というだけではなく、理解のある父にも恵まれていたから、というわけでしょうか。徳川慶喜も京都へ向かい、いよいよこれまで別々に描かれてきた栄一の話と慶喜の話の合流が近づいてきました。ここからが本番といった感じですが、これまでの前振りがなかなかよい感じだっただけに、慶喜に仕えてからの栄一は一掃魅力的に描かれるのではないか、と期待しています。