日本列島最古の人骨?

 沖縄県石垣島の白保竿根田原洞穴遺跡で出土した人骨のうちの1点が、放射性炭素年代測定法で20000年前頃だと判明した、と報道されました。これまで日本列島で最古の人骨とされてきたのは、沖縄県那覇市の山下町第一洞穴で発見された32000年前頃のものなのですが、これは木炭での測定ということもあり、年代を疑問視する見解もありました。しかし、白保竿根田原洞穴遺跡で出土した人骨は、加速器質量分析法(AMS)で直接年代が測定されており、信頼性の高い年代ということで、日本最古の人骨になる、と報道されたのでしょう。人骨が直接年代測定されたものとしては、これまでは静岡県で発見された14000年前の「浜北人」が最古とされていました。その意味では、直接年代測定された人骨としては、日本列島最古になる、という表現のほうが妥当でしょう。

 白保竿根田原洞穴遺跡で出土した人骨の解剖学的特徴については、報道では詳しく分かりませんが、20000年前という年代が間違いないとすると、この人骨は現生人類(ホモ=サピエンス)である可能性がきわめて高いでしょう。日本列島の土壌はおおむね酸性であり、更新世の人骨が発見されることは稀ですから、この2万年前頃の人骨も含めて、白保竿根田原洞穴遺跡で出土した人骨がきわめて貴重であることは間違いありません。垣島も含む当時の南西諸島の人類が、現代の日本人とどのていどの遺伝的つながりがあるのか、現時点ではよく分かりませんが、DNA分析ができれば、色々と興味深いことが判明するかもしれません。ただ、石垣島の気候を考えると、20000年前頃の人骨からDNAを抽出するのは難しそうです。

"日本列島最古の人骨?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント