最終回まで視聴を続けられそうな『あまちゃん』

 まだ日付は変わっていないのですが、4月15日分の記事として掲載しておきます。今月から、朝の連続テレビ小説の88作目である『あまちゃん』が放送されています。第一週の途中まで視聴した時点では、暗くて秀でたところがないと言われている主人公が母親の故郷にやけにあっさりと馴染み、初対面の祖母やその周囲の人たちとすぐに親しくなったことなど、話にご都合主義的なところが見られたので、早い段階で挫折しそうだな、と思ったのですが、第二週まで視聴を続け、今では毎日録画を視聴するのが楽しみになっています。もっとも、第二週目も、話自体は抜群に面白いと思っているわけではないのですが。

 それでも視聴を続けているのは、なんといっても主人公を演じる能年玲奈さんが魅力的だからで、それほど美人というわけではないのですが、たいへん可愛いと思います。正直なところ、作中での私服姿の時は、微妙かな、と思う時がないわけではありませんが、海女さんの時は安定してたいへん可愛く、当初は暗かった主人公も、今ではすっかり前向きになっていて、いかにも朝の連続テレビ小説らしい話になっているので、安心して視聴できます。舞台となるのは東北の太平洋側で、作中では現在2008年なので、おそらく今後、東日本大震災も描かれるのでしょう。基本的には前向きで明るい作風になりそうなこの作品で、東日本大震災はどう描かれるのでしょうか。

"最終回まで視聴を続けられそうな『あまちゃん』" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント