大河ドラマ『真田丸』第30回「黄昏」

 今回は秀吉の最晩年が描かれました。秀吉の老いは側近のみならず家康にもはっきりと分かり、人々の間に動揺が広がるとともに、次を見据えた動きも見られます。すっかり気弱になった秀吉を、信繁は三成とともに必死に支えます。かなりのところが創作なのでしょうが、この頃までの事績があまり伝わっていない信繁を主人公としたわけですから、娯楽時代劇としてこのくらいの脚本・演出はあってもよいのではないかと思います。まあ、批判も多そうではありますが・・・。

 今回はダイジェスト風味でしたが、秀吉の老いと周囲の反応を軸に据えて、なかなか上手い構成になっていたように思います。信幸と稲との関係や、吉野太夫(の偽者)の最期および昌幸夫妻の関係など、秀吉の老いと直接関係ない描写でも色々と見どころがありましたが、やはり信繁と信幸の兄弟関係が今後の展開では注目されます。今回、いっそう深く理解しあえたように思われる両者が関ヶ原の戦いではどのように決別するのか、今後の展開が楽しみです。

"大河ドラマ『真田丸』第30回「黄昏」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント