大河ドラマ『西郷どん』第10回「篤姫はどこへ」

 これは3月13日分の記事として掲載しておきます。今回はほとんど江戸のみの話となり、薩摩の話は西郷家の様子が回想場面で少し描かれただけで、大久保正助(利通)は登場しませんでした。西郷吉之助(隆盛)は島津斉彬の命を受けて、「ヒー様」こと一橋(徳川)慶喜に接近します。慶喜は吉之助に、自分は将軍になるつもりはないと斉彬に伝えよ、と命じますが、吉之助には何のことか、さっぱり分かりません。吉之助はまだ、斉彬が13代将軍徳川家定の後継者として慶喜を擁立しようとしている、とは知らないようです。吉之助から報告を聞いた斉彬は、慶喜は一筋縄ではいかないな、と言います。おそらく、じっさいに慶喜はかなり複雑な個性の人物だったと思います。

 そんな時、篤姫(於一、天璋院)が失踪した、との報告が入り、斉彬は吉之助に篤姫の捜索を命じます。実父が亡くなったと知った篤姫は、自分を追ってきた吉之助に、もう一度実父に会いたかった、と真情を打ち明けます。そんな篤姫に、素直に感情を表すよう、吉之助は諭します。この場面は、懸念していた篤姫の演技力がやや気になりましたが、創作(だと思います)としては悪くなかったと思います。深まった両者の絆が、江戸開城のさいにどのように活かされるのか、楽しみです。まあ、やはり篤姫は見栄えがよいので、演技力が足りなくともさほど不満を抱くことはなさそうですが。今回は、吉之助と橋本左内との出会いも描かれ、いよいよ幕末大河ドラマとして話が展開し始めた感じです。声の大きな昔からの大河ドラマ愛好者は、本作を嘲笑して批判するかもしれませんが、今のところは懸念していたよりも面白く、まずまず楽しみに視聴しています。

"大河ドラマ『西郷どん』第10回「篤姫はどこへ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント