大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第31回「トップ・オブ・ザ・ワールド」

 1932年、ロサンゼルスで開催中の夏季オリンピック大会は後半戦に入り、前畑秀子は200m平泳ぎに決勝に出場し、健闘しますが、惜しくも2位に終わります。オリンピック水泳競技で日本人女子選手がメダルを獲得したのは初めてでした。田畑政治はNHKの河西三省アナウンサーの「実感放送」を誉めますが、河西は臨場感を伝えられなかったと悔み、次は実況で日本人に感動を伝えたい、と誓います。日本水泳陣の快進撃は続き、男子は6種目中5種目で金メダルを獲得します。アメリカ合衆国で迫害されてきた日系人からも感謝された日本選手団は意気揚々と帰国します。

 今回は、前畑が冒頭で大きく扱われ、河西が「実感放送」に満足しておらず、悔いがあることも描かれました。帰国した前畑は東京市長の永田秀次郎から、なぜ勝てなかったのか、と責められます。これらはおそらく、次にベルリンで開催される夏季オリンピック大会の伏線なのでしょう。ベルリン大会では、前畑は大きく扱われそうです。その後は暗い展開となるので、中盤の山場はベルリン大会での前畑の金メダル獲得でしょうか。ここは河西の実況とともに有名な場面なので、どのような脚本・演出になるのか、楽しみです。

"大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第31回「トップ・オブ・ザ・ワールド」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント