大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第46回「炎のランナー」

 1964年、東京オリンピックの開催まで半年に迫り、東京では慌ただしく準備が進められ、東京オリンピック組織委員会も多忙で、岩田幸彰たちが田畑政治の家を訪れることも少なくなっていました。そんな中、岩田は田畑邸を訪れ、聖火リレーの最終走者候補として坂井義則を紹介します。坂井義則は、1945年8月6日に広島で誕生したということで、日本人最初のオリンピック選手である金栗四三を推す声も強かったのですが、田畑は坂井を強く推し、けっきょく坂井に決定します。その結果に金栗は落胆しますが、平和の祭典ということで納得します。

 今回は、東京オリンピック開会の直前まで描かれ、聖火リレーを沖縄で行なうかどうか、田畑たちが苦慮しているところは、なかなか面白かったと思います。まあ、例によって平沢和重頼みといった感があったのには笑えましたが。三島弥彦が回想で描かれたり、すっかり老けた可児徳が久々に登場したりと、最終回を目前に懐かしくもしりました。次回はいよいよ最終回となり、寂しさは否めません。落語場面は今回も上手く本筋とはつながっていないように思うのですが、最終回はどうなるでしょうか。番組表を見ると、最終回は延長放送になるようで、本作の視聴率は大河ドラマ史としては記録的な低さなので、ほとんど諦めていたのですが、これは嬉しいものです。

"大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第46回「炎のランナー」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント