テーマ:日本史原始~古代

縄文時代の人類のゲノム解析まとめ

 縄文時代の人類の核ゲノム解析数も次第に増えてきたため、私が把握している分を以下の図で一度まとめます。年代は基本的に直接的な放射性炭素年代測定法による較正年代です。mtHgはミトコンドリアDNA(mtDNA)ハプログループ、YHgはY染色体ハプログループです。なお、福島県相馬郡新地町の三貫地貝塚の3000年前頃の縄文時代個体(Kanza…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オホーツク文化人のゲノム解析とアイヌ集団の形成過程

 オホーツク文化人のゲノム解析結果を報告した研究(Sato et al., 2021)が公表されました。古代ゲノム学は、過去の人口史の遺伝的特徴の片鱗を捉えることのできる強力な手法です。最近の古代ゲノム研究は多くのアジアの旧石器時代人と新石器時代人のゲノムを報告しており、ユーラシア東部におけるヒトの移住過程への新たな洞察を提供してきまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縄文時代と古墳時代の人類の新たなゲノムデータ

 縄文時代と古墳時代の人類の新たなゲノムデータを報告した研究(Cooke et al., 2021)が報道されました。日本列島には、少なくとも過去38000年間ヒトが居住してきました。しかし、その最も劇的な文化的変化は過去3000年以内にのみ起き、その間に住民は急速に狩猟採集から広範な稲作、さらには技術的に発展した「帝国」へと移行しまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

吉村武彦『新版 古代天皇の誕生』

 角川ソフィア文庫の一冊として、KADOKAWAから2019年6月に刊行されました。 電子書籍での購入です。本書は『漢書』に見える倭人の記事から天皇号成立の頃までの、王位継承とその称号の変遷についての概説です。本書は『漢書』や『後漢書』に見える卑弥呼以前の倭の記事を簡潔に取り上げた後、卑弥呼についてはやや詳しく言及しています。本書は、女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上峯篤史「存否問題のムコウ」

 本論文はまず、2000年11月5日に発覚した旧石器捏造事件の影響もあり、日本列島における4万年以上前の人類の存在に慎重な意見も少なくないなか(関連記事)、日本列島には4万年以上前に人類が存在したと断定し、そもそも4万年以上前の遺跡の存否問題はずいぶん前に決着している、と指摘します。その根拠は岩手県遠野市の金取遺跡で、第III文化層から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山県田辺市の磯間岩陰遺跡出土人骨のDNA分析

 本論文(安達他.,2021)は清家章編『磯間岩陰遺跡の研究分析・考察』に所収されており、PDFファイルで公開されています(P105-118)。本論文は、和歌山県田辺市の磯間岩陰遺跡で発見された人骨のDNA解析結果を報告しています。磯間岩陰遺跡では保存状態のきわめて良好な12個体の人骨が発見されています。本論文は、これらの個体のミトコン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中川和哉「朝鮮半島南部の石器群から見た日本の前・中期旧石器」

 2000年11月5日に発覚した旧石器捏造事件(関連記事)は、考古学のみならず日本社会に大きな衝撃をもたらしました。捏造石器と日本列島に隣接する地域の後期旧石器以前の石器群との明らかな違いにも関わらず、明確に古い地層から出土する石器を根拠に、日本列島には極東地域とは変容した文化がある、と考えられました。問題を複雑にしたのは、放射性炭素年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水谷千秋『女たちの壬申の乱』

 文春新書の一冊として、文藝春秋社より2021年8月に刊行されました。電子書籍での購入です。壬申の乱に関する一般向けの本は少なくありませんが、本書の特徴は女性に焦点を当てたことです。具体的には、鸕野讚良皇女(持統天皇)と倭姫と遠智娘と姪娘とカジ媛娘と額田王と元明天皇と十市皇女です。これらの女性は、壬申の乱で戦った大海人皇子(天武天皇)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長井謙治「日本列島最古級の石器技術を考える」

 本論文はまず、紅村弘氏の研究を参照します。紅村氏は、「截断(剥離)技法」という独自性の高いアイデアを提示していました。紅村氏は、愛知県加生沢遺跡の石核について、立位複方向剥離石核と称する垂直方向の剥離が交差する立磐状の石核の存在を指摘し、これをバイポーラー・テクニックや円盤型石核技術とは異なる極東アジア的な剥片剥離法と示しました。紅村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加藤真二「ユーラシア東部の状況からみた旧石器文化の列島への拡散」

 本論文のユーラシア東部とは、中国を中心とする大陸部を指し、中国は秦嶺山脈―淮河線で南北に区分されます。ユーラシア東部と日本列島を結ぶ路線としては、北ルート(アムール河口部―サハリン-北海道)、西ルート(陸化した大陸棚・朝鮮半島-九州北部)、南ルート(華南-台湾-琉球弧-九州南部)の他、日本海ルート(日本海横断)などが想定できます。ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中沢祐一「北回りルートと北海道における更新世人類居住:論点の素描」

 本論文は、文部科学省科学研究費補助金(新学術領域研究)2016-2020年度「パレオアジア文化史学」(領域番号1802)計画研究A01ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明」2020年度研究報告書(PaleoAsia Project Series 32)に所収されています。公式サイトにて本論文をPDFファイルで読めます(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野口淳「日本列島における後期旧石器時代以前、または4万年前以前の遺跡の可能性」

 本論文は、日本列島において報告された、あるいはこれから報告されるであろう、「後期旧石器時代以前」または「4 万年前以前」の遺跡の存在を定量的に検討するための試論です。本論文はまず結論として、日本列島における「4 万年前以前」とされる「遺跡」の存在を高い蓋然性によって示す・説明することは現状では困難と指摘し、その理由を遺跡分布・立地と地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋啓一「MIS 6の動物の渡来を探る」

 本論文は、文部科学省科学研究費補助金(新学術領域研究)2016-2020年度「パレオアジア文化史学」(領域番号1802)計画研究A01ホモ・サピエンスのアジア定着期における行動様式の解明」2020年度研究報告書(PaleoAsia Project Series 32)に所収されています。公式サイトにて本論文をPDFファイルで読めます(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳之島出土人骨のmtDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。鹿児島県徳之島は、奄美群島のほぼ中央に位置する離島の一つで、その位置から、南方より日本列島への流入経路と考えられるだけではなく、古来より沖縄本島と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県南種子島町広田遺跡出土人骨のmtDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。弥生時代以後期後半~古墳時代(紀元後3~7世紀)の鹿児島県南種子島町広田遺跡では、合計158体の人骨と多数の貝製品が出土しています。弥生時代から古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南九州古墳時代人骨のmtDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。九州南部東側地域では、紀元後5世紀初頭から7世紀前半の古墳時代に、墳丘を造らず地下の玄室に遺体を葬る、地下式横穴墓が造られていました。地下式横穴墓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県内出土縄文人骨のミトコンドリアDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。出水貝塚は鹿児島県出水市にある縄文時代後期の遺跡です。1919年には貝塚と確認され、1954年には本格的に発掘調査され、4体の人骨が出土しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堺市野々井二本木山古墳出土人骨のミトコンドリアDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。大阪府堺市の野々井二本木山古墳では、松林を開墾中に和泉砂岩製の刳抜式石棺が見つかり、2体の人骨が頭位を同じ方向に向けて葬られていました。棺蓋と棺身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛知県清須市朝日遺跡の弥生時代人骨のmtDNA分析

 本論文(篠田他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。朝日遺跡は東海地方西部を代表する弥生時代の遺跡で、長期にわたる発掘調査により、多数の遺物とともに人骨が出土しています。1970年代の発掘では、弥生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福岡県那珂川市安徳台遺跡出土弥生中期人骨のDNA分析

 本論文(篠田他.,2020)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2018年度】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。福岡県那珂川市の安徳台遺跡は弥生時代中期の大規模な集落で、1997年~2003年までの7年間の発掘により、集落跡からは多くの住居跡や豊富な副葬品のある首…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高松市茶臼山古墳の古墳時代前期人骨の核DNA分析

 本論文(神澤他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。香川県高松市の高松茶臼山古墳は、古墳時代前期の讃岐における最大規模の前方後円墳です。1967年に発掘調査が行なわれ、第Ⅰ主体部から第Ⅷ主体部までの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲市猪目洞窟遺跡の古代人骨の核DNA分析

 本論文(神澤他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。日本人の成立に関して形態学的研究では、弥生時代にアジア東部大陸部から朝鮮半島経由で九州北部に到来した多数の「渡来人」が在地の「縄文系」と集団と混合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鳥取市青谷上寺遺跡の弥生時代人骨の核DNA分析

 本論文(神澤他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。鳥取県鳥取市(旧気高郡)青谷町の青谷上寺遺跡は、弥生時代前期末から古墳時代初期の遺跡です。1998年度から2000年度の発掘調査で、2区から単独の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀県唐津市大友遺跡の弥生時代早期人骨の核DNA分析

 本論文(神澤他.,2021)は、「新学術領域研究(研究領域提案型)計画研究B01【調査研究活動報告2019年度(1)】考古学データによるヤポネシア人の歴史の解明」の研究成果の一環となります。同じ著者たちによる長崎県佐世保市下本山岩陰遺跡の弥生時代の人類遺骸のDNA解析結果を報告した研究を当ブログで取り上げたさい(関連記事)、コメントで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

西北九州弥生人の遺伝的な特徴

 取り上げるのがたいへん遅れてしまいましたが、西北九州「弥生人(弥生文化関連個体)」の遺伝的な特徴に関する研究(篠田他., 2019)が報道されました。最近、「弥生人」の遺伝的構成に関するやり取りを見かけたこともあり、「弥生人」の遺伝学的側面の基本文献となる本論文を取り上げるとともに、本論文刊行後の研究にも言及します。  弥生時代…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

繁田信一『平安朝の事件簿 王朝びとの殺人・強盗・汚職』

 文春新書の一冊として、文藝春秋社より2020年7月に刊行されました。電子書籍での購入です。本書は藤原公任が『北山抄』を著したことで残った「三条家本北山抄裏文書」に基づき、平安時代中期の地方における武士の在り様を検証しています。平安時代の一般的な?印象とは異なり、とくに地方は、ひじょうに粗暴で危険な社会であり、そうした殺伐さの大きな要因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

港川人のミトコンドリアDNA解析

 港川人のミトコンドリアDNA(mtDNA)解析結果を報告した研究(Mizuno et al., 2021)が報道されました。ユーラシア大陸と北アメリカ大陸と太平洋とフィリピン海プレートの境界に位置する日本列島は、1500万年前頃までにアジア大陸から分離して形成されました。考古学的証拠からは、4万~3万年前頃に日本列島に最初の人々が出現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義江明子『女帝の古代王権史』

 ちくま新書の一冊として、筑摩書房より2021年3月に刊行されました。電子書籍での購入です。6世紀末~8世紀後半の日本においては女性君主(大王、天皇)が普遍的で、その背景には双系的親族結合と長老原理があった、と本書は指摘します。それが、律令など「中国」の漢字文化を導入して国家形成を進めていく過程で、父系原理・男系継承「中国」社会で長年か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国武貞克「中央アジア西部における初期後期旧石器時代(IUP期)石器群の追求と日本列島到来の可能性」

 本論文は、文部科学省科学研究費補助金(新学術領域研究)2016-2020年度「パレオアジア文化史学」(領域番号1802)計画研究A01「アジアにおけるホモ・サピエンス定着プロセスの地理的編年的枠組みの構築」2020年度研究報告書(PaleoAsia Project Series 32)に所収されています。公式サイトにて本論文をPDFフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州の縄文時代早期人類のDNA解析

 九州の縄文時代早期人類のDNA解析結果を報告した研究(Adachi et al., 2021)が公表されました。この研究はオンライン版での先行公開となります。日本列島の現代の人口集団の遺伝的構造は、移住のいくつかの層とその後の混合の結果です(関連記事)。縄文時代は16000~2800年前頃まで続き(開始の指標を土器だけで定義できるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more