テーマ:相撲

大相撲秋場所千秋楽

 今日はもう1本掲載します。14日目に逸ノ城関を破って単独首位に立った白鵬関が、横綱同士の結びの一番で鶴竜関を破り、31回目の優勝を達成しました。今場所の注目は何と言っても新入幕の逸ノ城関で、十両時代にすでにかなり話題になっていましたが、14日目に白鵬関に負けて優勝はならなかったとはいえ、1横綱・2大関を破っての13勝2敗は本当に見事で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大相撲名古屋場所千秋楽

 まだ日付は変わっていないのですが、7月28日分の記事として2本掲載しておきます(その一)。優勝争いは千秋楽までもつれ、最大で4力士での優勝決定戦もあり得るという混戦の場所となりました。それでも、悪くとも4敗ではなく3敗での優勝なので、きょくたんに低水準の優勝とは言えないでしょうし、千秋楽まで優勝がもつれて面白い場所になったと思います。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大相撲夏場所千秋楽

 まだ日付は変わっていないのですが、5月26日分の記事として2本掲載しておきます(その一)。14日目の時点で優勝争いは1敗の白鵬関と2敗の稀勢の里関に絞られました。千秋楽では、まず結び前の一番で稀勢の里関と鶴竜関が対戦し、稀勢の里関が予想以上に落ち着いた相撲で勝ち、13勝2敗として優勝に望みをつなぎました。しかし、結びでは白鵬関と日馬富…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大相撲夏場所14日目

 まだ日付は変わっていないのですが、5月26日分の記事として掲載しておきます。結び前の白鵬関と稀勢の里関の全勝対決が大いに注目されたのですが、熱戦の末に白鵬関が掬い投げで稀勢の里関を破り、全勝優勝に向けて大きく前進しました。稀勢の里関は不利な体勢から一度は盛り返し、左四つになって勝機もあったように思うのですが、さすがに白鵬関は強いもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲春場所千秋楽

 まだ日付は変わっていないのですが、3月25日分の記事として掲載しておきます。すでに白鵬関が13日目に優勝を決めており、白鵬関が2010年秋場所以来の全勝優勝を達成できるか、ということがほとんど唯一の注目点になってしまった感は否めませんでした。結びの一番で白鵬関は日馬富士関相手に熱戦の末に勝ち、歴代最多となる9回目の全勝優勝を達成しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所千秋楽

 14日目に日馬富士関の5回目の優勝が決まったので、日馬富士関が全勝優勝を達成できるのか、ということに注目していました。日馬富士関と白鵬関との結びの一番は、日馬富士関が鋭い立会いからもろ差しとなり、終始白鵬関を攻めて寄り切って勝ち、全勝優勝を達成しました。日馬富士関の立会いが鋭いということもありますが、白鵬関が立会いに失敗したという感も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所初日

 今場所の注目は、大関から陥落した把瑠都関の大関復帰への挑戦と、新横綱として迎えた先場所に終盤で5連敗し、二桁に届かず9勝6敗に終わった日馬富士関の巻き返しがなるか、ということです。また、連勝記録が63で止まって以降、一度も全勝優勝がなく、昨年は東京場所で一度も優勝できなかった白鵬関が、久々に東京場所で全勝優勝できるか、ということも注目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲九州場所11日目

 まだ日付は変わっていないのですが、11月22日分の記事として掲載しておきます。昨日、大相撲九州場所は11日目を迎え、結びの一番で琴欧洲関が白鵬関を破り、幕内では全勝の力士がいなくなりました。琴欧洲関はこれで角番脱出となります。白鵬関はもう全盛期を過ぎた感がありますが、それでもこの勝利は嬉しいものです。琴欧洲関が優勝したのはもう4年以上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲名古屋場所千秋楽

 白鵬関と日馬富士関が千秋楽にて全勝で対戦するという、たいへん盛り上がる展開となりましたが、昨日の結びの一番で、稀勢の里関の立会いにも問題があったとはいえ、白鵬関が立会いの変化で勝利したことと、立会い前に興奮した様子を見せたことは残念でした。昨日のNHKの中継で、千秋楽での全勝対決は29年振りという解説があり、そんなに前のことだっただろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所千秋楽

 昨日、14日目を終えた時点では、4敗での優勝の可能性さえあったのですが、今日になって3敗の栃煌山関と対戦予定だった琴欧洲関が休場し、優勝は3敗の旭天鵬関・栃煌山関・稀勢の里関の3人に絞られました。まず旭天鵬関が豪栄道関相手に危ない相撲ながらも勝ちましたが、とり終えた直後の旭天鵬関は、豪栄道関の足が出ていたことに気づかず、負けたと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所9日目

 昨日、夏場所9日目を迎えました。注目は連敗中の白鵬関だったのですが、白鵬関は結びの一番で豊ノ島関に首投げで負けてしまい、7日目から3連敗となってしまいました。白鵬関は豊ノ島関相手に攻め続けていたのですが、不充分な体勢のまま攻めていったところを、逆転の首投げを喰らってしまいました。これで白鵬関は5勝4敗となり、横綱に昇進して以降、9日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所初日

 例年よりも早く夏場所初日を迎えました。昨年は八百長問題により技量審査場所として開催されたので、正規の夏場所としては2年ぶりの開催となります。今場所は、横綱・大関昇進のかかる力士がおらず、白鵬関が20連勝以上しているわけでもないので、話題性が乏しいと言えるかもしれません。一般紙などで多少話題になっているのが史上初の6大関体制で、この中か…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大相撲春場所千秋楽

 優勝争いは大関昇進のかかる1敗の鶴竜関と2敗の白鵬関とに絞られ、すでに14日目の時点で大関昇進をほぼ確実にしていた鶴竜関は豪栄道関と対戦したのですが、速攻で寄り切られて負け、13勝2敗となりました。ここで勝てば初優勝だったのですが、大関昇進をほぼ確実にしていたとはいえ、初優勝がかかっているということで、緊張していたようにも思われました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所千秋楽

 13日目に把瑠都関の初優勝が決まるという予想外の展開となり、把瑠都関が初優勝を全勝で飾れるか、という点が注目されましたが、把瑠都関は結びの一番で白鵬関に負け、全勝での優勝は達成できませんでした。朝青龍関・白鵬関以外の全勝優勝となると、16年前の秋場所の貴乃花関以来の快挙だったのですが。モンゴル出身力士以外では、この6年間では琴欧洲関に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所12日目

 全勝の把瑠都関が立ち合いの変化で2敗の稀勢の里関を破り、1敗の白鵬関が日馬富士関に立ち合いの変化で敗れ、注目の取り組みがいずれも立ち合いの変化で決まってしまうという、なんとも締まりのない12日目でした。昨日、国技館まで足を運んだ観客の多くにとっては、何とも不満の残る結果となったことでしょう。12日目で星2つの差となると、さすがに逆転は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲九州場所初日

 毎年のことですが、九州場所が始まると、いよいよ今年も残り少なくなったのだな、と思います。今場所の注目は、新大関の琴奨菊関と、今場所に大関昇進のかかる稀勢の里関なのですが、稀勢の里関の師匠だった鳴戸親方(第59代横綱隆の里)が九州場所直前に急死し、稀勢の里関にとっては、なんとも厳しい状況での九州場所初日となりました。正直なところ、今場所…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

元横綱隆の里の鳴戸親方急死

 大相撲の鳴戸親方(第59代横綱隆の里)が急死した、と報道されました。ご冥福をお祈りいたします。 http://www.asahi.com/sports/spo/TKY201111070211.html  具体的な死亡時の状況について、詳しく報道されていませんが、最近、色々と醜聞が報道されており、過度のストレスがたまっていたこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大相撲秋場所千秋楽

 白鵬関が後半に入って連敗し、2敗以上の力士による優勝争いという意外な展開になりました。白鵬関とともに2敗の琴奨菊関は、把瑠都関に立会い直後に上手をとられ、攻めていこうとはしたのですが、さすがに通じず、上手投げで敗れました。琴奨菊関は、仕切りの時から気負いすぎていた感じもあったので、この敗戦は仕方のないところでしょうか。白鵬関は結びの一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲名古屋場所千秋楽

 今年初場所以来の本場所となった名古屋場所が、今日千秋楽を迎えました。14日目に日馬富士関が優勝を決めるという意外な展開となりましたが、今場所は序盤から調子がよさそうだったので、日馬富士関の優勝自体にはさほど驚いていません。日馬富士関の千秋楽の相手は稀勢の里関で、苦しい体勢から逆襲に転じたところで突き落とされて敗れ、全勝優勝は達成できま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲名古屋場所初日

 八百長問題で春場所の開催が中止となり、5月の夏場所も中止となって技量審査場所が開催されたので、今年初場所以来の本場所となります。けっきょく、八百長問題は「トカゲのしっぽ切り」で終わってしまい、1場所15日・年6場所体制の見直しも行なわれず、根本的な解決ではなく、その場凌ぎに終わったことは否めません。まるで、政治などでよく見られる現代日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲五月技量審査場所千秋楽

 八百長問題で春場所が開催中止となり、夏場所は五月技量審査場所として無料で開催されることになりました。無料開催とはいえ、正規の記録となるので、横綱の白鵬関には7連覇のかかった場所となりました。その白鵬関は、13日目に日馬富士関に負け、千秋楽に魁皇関に負けたものの、13勝2敗で7連覇・19回目の幕内優勝を達成しました。八百長問題のために春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元・大鳴戸親方(関脇高鉄山)『八百長~相撲協会一刀両断~』(鹿砦社)

 初版第1刷の刊行は1996年5月10日です。著者は本書の発売直前の1996年4月14日に急逝したのですが、著者の後援者でともに大相撲の八百長を暴露した橋本成一郎氏も同日に同じ病院にて同じ病気(肺炎)で亡くなっており、二人の死は謀略だと考える人は少なくないでしょう。もっとも、本当になんらかの謀略があったのか、今となっては検証が難しいとは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大相撲春場所の中止が正式に決定

 今日、日本相撲協会の臨時理事会において、大相撲春場所の中止が正式に決定した、と報道されました。 http://www.asahi.com/national/update/0206/TKY201102060096.html  この件でもっとも責任を負うべきなのが、問題が分かっていながら本気で解決しようとせず、それどころか裁判に訴…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大相撲の八百長報道

 昨年発覚した大相撲界の野球賭博問題の捜査で、複数の関取が八百長に関わっていた疑惑が報道されました。 http://www.asahi.com/national/update/0202/TKY201102020205.html  私も含めてほとんどの相撲ファンは、大相撲に八百長が存在すると考えてきたでしょうが、NHKが午後7時・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所千秋楽

 白鵬関の優勝が昨日決まってしまい、事前に盛り上がるところのなかった初場所が、最後まで大きく盛り上がることなく終わった、との感があります。せめて、白鵬関が全勝で優勝していたら、連勝記録がまた注目されて盛り上がったのでしょうが、相撲人気を考えると残念な結果でした。もっとも、そういった分かりやすい記録ではなく、取組自体で盛り上がることこそ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所11日目

 10日目が終わった時点で白鵬関が全勝で、二番手が2敗だったので、今場所も白鵬関が独走して優勝するのかと思っていたところ、結びの一番で白鵬関が稀勢の里関に押し出しで敗れるという大波乱があり、二番手との星の差が一つとなりました。もちろん、これで白鵬関の優位が崩れたわけではありませんが、これで少しは盛り上がるのではないか、と思います。琴欧洲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所初日

 白鵬関の連勝記録に注目が集まった先場所とは異なり、これといって盛り上がる要素がないなかでの初日となりました。初日の注目は日馬富士関と栃ノ心関との取り組みで、先場所途中休場した日馬富士関がどの程度復調しているのか、また栃ノ心関の現在の力を判断するうえでも、格好の一番だと考えていました。日馬富士関は立ち合いから有利に進め、一度攻めきれなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパンカップ結果、大相撲九州場所千秋楽

 東京ではジャパンカップが行なわれ、抜けた1番人気となったブエナビスタが後方から進出していき、直線で楽に抜け出して1位で入線したのですが、2位入線のローズキングダムの進路を妨害したとして2着に降着となり、2位入線のローズキングダムが繰り上がりで優勝となりました。何とも後味の悪い結果となりましたが、1位で入線したブエナビスタの強さとともに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲九州場所2日目、白鵬関の連勝が63で止まる

 昨日、大相撲九州場所は2日目を迎え、結びの一番で白鵬関が稀勢の里関に敗れてしまい、白鵬関の連勝は63で止まりました。正直なところ、稀勢の里関は白鵬関に善戦はしているものの、このところずっと白鵬関に負け続けていましたし、白鵬関のこのところの充実から考えて、白鵬関が負ける可能性はほとんどないと考えていたのですが、稀勢の里関が休むことなくよ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大相撲九州場所初日

 毎年のことですが、九州場所が始まると、いよいよ今年も残り少なくなったのだな、と思います。今場所の注目は、なんといっても白鵬関の連勝記録で、先場所4場所連続の全勝優勝と62連勝を達成した白鵬関が、いよいよ双葉山関の69連勝に挑むことになります。正直なところ、世間ではあまり盛り上がっていないようなのが残念ですが、69連勝は不滅の大記録で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more