テーマ:相撲

大相撲九州場所千秋楽

 今場所は休場が多く、何とも寂しい限りでした。これは、以前よりも八百長が減っていることを反映しているのかもしれませんが、そうだとすると、やはり1場所15日・年間6場所は、力士への負担を考えるとあまりにも多すぎるのでしょう。とはいえ、本場所や巡業の日数を減らせば、それだけ力士をはじめとして相撲関係者の収入も減るわけで、これは相撲の存続とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲秋場所千秋楽

 今場所は横綱・大関陣がきょくたんな不振で、大混戦となりました。大関の高安関は初日から、横綱の白鵬関は初日に負けて2日目から、横綱の鶴竜関は4連勝の後に3連敗し、8日目から休場となりました。鶴竜関の師匠の井筒親方(坂鉾関)が9日目に亡くなり、すでに状態が深刻なことは鶴竜関も今場所前から知っていたでしょうから、動揺して相撲が乱れてしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲名古屋場所千秋楽

 今場所は4大関がいずれも休場となり、何とも寂しくなりましたが、千秋楽結びの一番まで両横綱が優勝を争ったので、何とか面目が保たれたように思います。14日目に白鵬関が琴奨菊関に敗れて2敗となり、白鵬関が鶴竜関を追いかける展開となったのは意外でしたが、逆転優勝の可能性という観点からは、反対の展開よりは盛り上がったのではないか、と思います。結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所千秋楽

 今場所は白鵬関が初日から休場となったものの、新大関の貴景勝関など若手の台頭もあり、場所前の盛り上がりはなかなかのものだったと思います。しかし、その貴景勝関は4日目の取り組みで負傷して5日目~7日目まで休場し、8日目に出場したものの負けて、9日目から再休場となりました。8日目の再出場に批判的だった人は、私も含めて多かったでしょうが、とも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大相撲春場所千秋楽

 今場所は貴景勝関の大関昇進が注目されましたが、10勝5敗で大関昇進を確定的としました。まだ若いだけに、貴景勝関には横綱昇進まで期待したいところですが、押し相撲ですから、横綱として安定した成績を残せるのかというと、疑問が残ります。ただ、横綱・大関陣は高安関を除いて全員30代で、その高安関も29歳ですから、若手力士が伸び悩んでいるなか、貴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所千秋楽

 今場所は大荒れとなりました。初日には3横綱・3大関が出場しましたが、稀勢の里関は4日目に引退を表明し(関連記事)、初日から4連敗の栃ノ心関は5日目から、2勝3敗となった鶴竜関は6日目から、終盤に3連敗した白鵬関は14日目から休場となりました。横綱・大関陣で15日間出場したのは大関の高安関と豪栄道関だけですが、両者ともに9勝6敗と勝ち越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横綱の稀勢の里関が引退表明(追記有)

 大相撲初場所で初日から3連敗の横綱の稀勢の里関が、4日目を迎えた今日、引退を表明しました。引退が遅すぎと考えている人は私も含めて少なくないでしょう。稀勢の里関は、横綱昇進後初めて迎えた一昨年(2017年)年春場所で優勝して以降、先場所までの10場所で勝ち越したのは昨年秋場所だけで(10勝)、途中休場が5場所、全休が4場所と横綱としては…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大相撲九州場所千秋楽

 今場所は横綱の白鵬関と鶴竜関が初日から休場となり、大関の栃ノ心関と関脇の逸ノ城関に期待していたのですが、両者ともに序盤から負けが込み、逸ノ城関は6勝9敗と負け越し、栃ノ心関は8勝7敗と勝ち越すのがやっとでした。逸ノ城関は、白鵬関が休場なのでのびのびと相撲をとれるのかと思っていたら、のびのびしすぎて気合が入らなかったのか、初日からずっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲秋場所千秋楽

 今場所は、御嶽海関の大関昇進もありましたが、やはり注目されたのは、引退の危機を迎えた稀勢の里関でした。その稀勢の里関は、危ない相撲を続けながらも何とか勝ち越し、10勝5敗までもっていきました。勝ち越して二桁まで勝ち星を伸ばしたことで何とか引退は回避できたものの、相撲勘が戻ったとしても、今場所の内容からは以前の力を取り戻せるとはとても思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲名古屋場所千秋楽

 今場所は3横綱のうち稀勢の里関が初日から、白鵬関が4日目から、鶴竜関が6日目から休場し、3横綱全員が休場となりました。3横綱とも全員30代で、稀勢の里関の復活はないでしょうから、深刻な事態だと思います。大関陣では、新大関の場所となり初日から5連勝していた栃ノ心関が6日目の取り組みで負傷して7日目から休場となり、おそらくは少なからぬ人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所千秋楽

 今場所は3横綱のうち稀勢の里関が初日から休場し、2大関のうち高安関も初日から、豪栄道関は9日目から休場となり、 この点は残念でした。しかし、鶴竜関・白鵬関の両横綱と、大関昇進のかかった関脇の栃ノ心関が終盤まで優勝を争い、なかなか見どころのある場所になったと思います。ただ、もう一人の関脇である逸ノ城関が5日目から4連敗し、勝ち越したとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣笠祥雄氏死去(過去と現在のプロスポーツの水準の比較)

 これは4月25日分の記事として掲載しておきます。衣笠祥雄氏が71歳で亡くなりました。先週木曜日(2018年4月19日)にBS放送での解説を担当しており、かなり体調が悪そうだったとのことですが、もう十数年前にプロ野球への関心を失ってしまった私は、そうしたことをまったく知りませんでした。しかし、プロ野球に関心を抱いていた頃の有名選手なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲春場所千秋楽

 今場所は、三横綱のうち白鵬関と稀勢の里関が全休となり、4場所連続で一人横綱となってしまいました。先場所、10日目まで全勝ながら終盤に4連敗して優勝を逃した横綱の鶴竜関は、今場所は自己新記録となる初日からの11連勝で、相撲内容はよくないものの、さすがに今場所は独走で優勝かな、と思っていたところ、12日目に先場所優勝した栃ノ心関に完敗しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所千秋楽

 これは2月1日分の記事として掲載しておきます。今場所は、三横綱のうち白鵬関と稀勢の里関が途中休場となり、3場所連続で一人横綱となってしまいました。進退のかかった鶴竜関は10日目まで全勝で、このまま独走して優勝するのかと思っていたら、11日目から4連敗し、栃ノ心関が14日目に初優勝を決めました。鶴竜関は昨年(2017年)5場所で休場し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲九州場所千秋楽

 これは11月27日分の記事として掲載しておきます。今場所は、早々に白鵬関の独走となり、平幕の北勝富士関と隠岐の海関が食い下がってはきたものの、白鵬関は14日目に40回目の優勝を決めました。鶴竜関は全休、日馬富士関は3日目から、稀勢の里関は10日目から休場となり、けっきょくは先場所に続いて一人横綱体制となってしまいましたが(先場所は日馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲秋場所千秋楽

 これは9月26日分の記事として掲載しておきます。今場所は四横綱・三大関という豪華な番付でしたが、初日から白鵬関・稀勢の里関・鶴竜関の三横綱が、大関のうち、高安関が3日目から、照ノ富士関が6日目から途中休場となり、千秋楽まで出場したのは横綱が日馬富士関1人、大関が豪栄道関1人となりました。異例の事態で、4敗まで優勝圏内だったことも含めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲名古屋場所千秋楽

 これは7月25日分の記事として掲載しておきます。14日目が終わった時点で、優勝争いは1敗の白鵬関と2敗の碧山関に絞られました。まず碧山関が登場して嘉風関と対戦して叩き込みで勝ち、13勝2敗として優勝決定戦進出に望みをつなぎました。白鵬関は結びの一番で日馬富士関と対戦し、寄り倒しで勝って39回目の優勝を果たしました。今場所の白鵬関は安定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲夏場所千秋楽

 これは5月29日分の記事として掲載しておきます。今場所は白鵬関が14日目に1年振りとなる38回目の優勝を達成しました。千秋楽の注目は、白鵬関が全勝優勝を達成できるか否か、ということだったのですが、白鵬関は結びの一番で、上手を取れず防戦一方となりましたが、粘って日馬富士関の上手を切って一気に寄り切って勝ち、13回目の全勝優勝を果たしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲春場所千秋楽

 これは3月27日分の記事として掲載しておきます。稀勢の里関が「日本出身」力士として久々に横綱に昇進して初めての場所を迎えたことで、今場所は大いに盛り上がったように思います。稀勢の里関は12日目まで無敗を守り、単独首位に立ちました。ただ、相撲内容自体は、攻め込まれることも多く、あまり褒められたものではないと思っていたので、13日目に日馬…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所千秋楽

 これは1月23日分の記事として掲載しておきます。今場所は、横綱の日馬富士関・鶴竜関と大関の豪栄道関が途中休場し、大関の照ノ富士関と琴奨菊関は体調が万全ではなくて全盛期の力には程遠く、白鵬関は全盛期を過ぎているのみならず、調子がさほど良くなさそうだということで、全盛期を過ぎたであろう稀勢の里関にとって初優勝の絶好の機会となったのですが、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大相撲九州場所千秋楽

 これは11月28日分の記事として掲載しておきます。今場所は、14日目で鶴竜関が3回目の優勝を決めるという意外な展開になりました。鶴竜関は千秋楽結びの一番で日馬富士関に勝ち、14勝1敗としました。鶴竜関は、横綱に昇進して初めて13勝以上をあげたことになります。鶴竜関は先場所まで、横綱在位15場所で1回優勝しているものの、12勝が3場所・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲秋場所千秋楽

 これは9月26日分の記事として掲載しておきます。今場所は、14日目に豪栄道関が初優勝を決めるという、場所前にはまったく予想していなかった展開となりました。豪栄道関は先場所の時点で、大関在位12場所で二桁以上勝ったのは1場所のみ(12勝)であり、9勝が2場所・8勝が5場所・負け越しが4場所、大関としての通算成績が93勝86敗1休だったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元横綱千代の富士の九重親方死去

 九重親方が今日(2016年7月31日)午後4時頃死去した、と報道されました。ご冥福をお祈りいたします。まだ61歳という若さでしたが、癌を患い苦しい闘病生活を続けていたと聞いていたので、驚きはありませんでした。私は九重親方が現役時代にはかなりのアンチでしたが、それでも、色々と批判もあるとはいえ、大横綱がこのように若くして亡くなるのは残念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲名古屋場所千秋楽

 今場所は、稀勢の里関の横綱昇進がかかっていたということで、かなりの注目を集めたようです。14日目が終わった時点で、優勝争いは2敗の日馬富士関と3敗の稀勢の里関・貴ノ岩関に絞られました。まず、貴ノ岩関が嘉風関と対戦して勝ち、優勝争いに残りました。次に稀勢の里関が豪栄道関と対戦し、完勝して優勝争いに残りました。豪栄道関は大関12場所で4場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稀勢の里関の横綱昇進問題

 大相撲夏場所は、白鵬関が全勝で37回目の優勝を果たしました。横綱昇進のかかった稀勢の里関は、13日目に白鵬関、14日目に鶴竜関に敗れたものの、千秋楽は日馬富士関に完勝し、13勝2敗として来場所に再度横綱昇進に挑むことになりました。これまで幕内で、優勝経験どころか優勝決定戦への進出も14勝以上の経験もなく、白鵬関に勝った時はほぼ自身が優…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

大相撲夏場所13日目

 これは5月21日分の記事として掲載しておきます。何と言っても注目は、白鵬関と稀勢の里関という全勝同士の取り組みでした。今場所の優勝争いを決定づけそうだというだけではなく、稀勢の里関の初優勝と横綱昇進もかかっているだけに、注目度は普段よりずっと高かったのではないか、と思います。稀勢の里関は先場所から落ち着いた相撲を取れるようになり、稀勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲春場所千秋楽

 14日目が終わった時点で、優勝争いは1敗の白鵬関と2敗の稀勢の里関・豪栄道関に絞られました。まず、稀勢の里関と豪栄道関が対戦し、稀勢の里関が完勝して優勝争いに残りました。結びの一番では白鵬関が立ち合いの変化であっさりと日馬富士関に勝ち、14勝1敗で36回目の優勝を果たしました。今場所は、一時稀勢の里関が全勝で単独首位に立つなど、先場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲初場所千秋楽

 先場所まで、幕内での最高記録が12勝(2場所のみ)で、優勝経験も優勝決定戦への進出経験もない、1週間後には32歳になる琴奨菊関が、11日目の時点にて全勝で単独首位に立つという、場所前にはまったく予想していなかった展開となりました。その後、琴奨菊関は12日目の日馬富士関との対決も制したものの、13日目にはさすがに緊張したようで、豊ノ島関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の湖理事長死去

 これは11月21日分の記事として掲載しておきます。日本相撲協会の北の湖理事長が今日(2015年11月20日)62歳で亡くなった、とのことです。北の湖理事長については、近年では入院したとの情報も伝わっており、健康状態が悪いのだろうな、と思っていたのですが、開催中の九州場所10日目に猫だましで栃煌山関に勝った白鵬関に苦言を呈していたばかり…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

大相撲夏場所千秋楽

 今場所は優勝争いがもつれ、千秋楽を迎えた時点では4敗の力士にさえ優勝の可能性がありました。とはいえ、3敗の2人は白鵬関と照ノ富士関なので、2人ともに負けて11勝4敗で優勝が決まるとも考えにくく、2人が共に勝って12勝3敗での優勝決定戦となる可能性がもっとも高いかな、というのが14日目終了時点での私の予想でした。まず照ノ富士関が登場して…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more