テーマ:大河ドラマ

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第2回「佐殿の腹」

 今回も源頼朝をめぐっての伊豆の騒動が描かれました。頼朝の身柄をめぐって北条と伊東との間で武力衝突寸前までいきますが、大庭景親の仲裁により、頼朝の身柄を北条が預かり、頼朝が八重と手を切るところで和解となります。まだ全国的な動乱状態に陥る前ですが、自力救済社会の坂東がよく表現されているように思います。当分は伊豆を中心に坂東が主要な舞台とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第1回「大いなる小競り合い」

 いよいよ今年(2022年)の大河ドラマが始まりました。今年は北条義時が主人公で、壇ノ浦の戦い、もしくはもう少し先まで見て源義経の自害までは源平ものと言えるでしょうが、その後は鎌倉幕府の内部抗争および朝廷との駆け引きがおもに描かれることになるでしょう。本作は、1979年の大河ドラマ『草燃える』と題材がほぼ重なっており、北条義時は『草燃え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再来年(2024年)の大河ドラマの予想

 そろそろ再来年(2024年)の大河ドラマが発表されそうなので、予想してみます。まず大前提として、2年連続で時代が重なることはあまりなく、多少重なったとしても舞台となる地域は異なる場合がほとんどのようだ、ということが挙げられます。来年は徳川家康が主人公なので、戦国時代後期~江戸時代初期ものである可能性は除外して問題ないと思います。今年は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』の記事のまとめ

 大河ドラマ『青天を衝け』が終了したので、関連記事をまとめました。 2021年の大河ドラマは渋沢栄一が主人公の『青天を衝け』 https://sicambre.at.webry.info/201909/article_27.html 安藤優一郎『渋沢栄一と勝海舟 幕末・明治がわかる!慶喜をめぐる二人の暗闘』 https:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』全体的な感想

 前作の『麒麟がくる』が、重要人物の演者の降板により放送開始が遅れたことと、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のため収録が中断され、最終回が年明けにずれ込んだことから、本作は初回が今年(2021年)2月14日と遅れ、さらにはCOVID-19のため1年延期された東京オリンピック・パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第41回(最終回)「青春はつづく」

 いよいよ最終回を迎え、1年近く視聴してきただけに、寂しさは否めません。今回は栄一の晩年が、おもに後継者である孫の敬三の視点から描かれました。初回から登場していた慶喜も喜作も、おもに明治編から登場した伊藤博文も井上馨もすでに退場しており、栄一は本当に長命だったのだな、と改めて思います。明治編初期の主要人物もおおむね退場し、大隈重信くらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第40回「栄一、海を越えて」

 第一線を退いた栄一は、妻の兼子とともに排日機運の高まるアメリカ合衆国を訪れ、日米関係の改善に努めます。しかし、その間の1909年10月、伊藤博文がハルビン駅で暗殺されます。伊藤は幕末編で1回登場しましたが、本格的な登場は明治編になってからで、喜作のように序盤から登場していたわけではありませんが、明治編では井上馨や大隈重信や五代友厚とと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第39回「栄一と戦争」

 日清戦争に勝った日本の国際的地位の向上に、栄一や喜作や尾高惇忠は感慨に浸ります。ただ、日本は軍事力を高く評価されても経済はさほど評価されず、日露戦争の勝利も危うかったことが描かれており、ここは悪くありませんでした。栄一は喜作と惇忠を連れて慶喜に謁見し、慶喜に富岡製糸場運営などの功を労われた惇忠は感激し、その後亡くなります。この3人の幕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第38回「栄一の嫡男」

 今回は、栄一の家庭での話の比重が高く、嫡男の篤二に焦点当てた構成になっていました。偉大な父の存在に悩む不肖の息子という話は、大河ドラマに限らず創作ものの定番で、普遍的な話です。篤二の場合は、母の千代を亡くしてすぐに父がそれまで縁のなかった女性(兼子)と再婚したことでも、父への複雑な想いがあるようにも思います。もしそうならば、篤二が母を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第37回「栄一、あがく」

 今回は栄一が共同運輸会社を設立し、岩崎弥太郎率いる三菱に再度海運業で挑み、激しい争いとなりますが、妻の千代が亡くなり憔悴していた栄一を周囲の人々は案じます。栄一の活躍が妻の千代に支えられてのものだったことは、これまでよく描かれていたので、自然な流れになっていました。栄一は、平岡円四郎の未亡人の「やす」の勧めもあり、没落した豪商の娘の伊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第36回「栄一と千代」

 今回で栄一の妻である千代が退場となります。千代は序盤から登場していただけに、寂しさはあります。千代は栄一との結婚で多少の紆余曲折があって見せ場となっており、結婚後は家を空けることの多い栄一を家庭でよく支え、栄一の活躍も千代の支えがあってのことだと、しっかり描かれていたように思います。千代は表舞台に出ることも夫を叱咤激励して積極的に導く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第35回「栄一、もてなす」

 アメリカ合衆国前大統領のグラントが日本を訪れ、栄一は民間を代表してグラントをもてなすことになります。今回は、近代化の様相が外交の面から描かれました。女性たちのやり取りにも結構な時間が割かれ、昔からの声が大きい大河ドラマ愛好者の中には、こうした描写を毛嫌いし、大河ドラマに相応しくない、と考えている人も少なくないかもしれませんが、女性も公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第34回「栄一と伝説の商人」

 今回は栄一が岩崎弥太郎と初めて会い、その経済観をめぐって論争するところが中心に描かれました。貿易での買い控えに対する外国との駆け引きなどでも描かれてきた、栄一の合本への強い想いを前提としての、栄一と岩崎弥太郎との激しいやり取りで、ここは本作らしくしっかりとした構成になっていたように思います。岩崎は強烈な個性の持ち主として造形されており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第33回「論語と算盤」

 今回は第一国立銀行の危機を中心に、経済面での近代化初期の様相が描かれました。第一国立銀行は、無担保で多額の貸付をしていた小野組の倒産により危機に陥り、これに乗じて三井が第一国立銀行を乗っ取ろうと企みますが、大隈重信の裁定により栄一はこの苦境を何とか乗り切ります。大隈の意図を岩崎弥太郎が大隈との会話の中で語る場面は、なかなか上手く構成さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第32回「栄一、銀行を作る」

 大蔵省を辞めた栄一は銀行作りに奔走し、第一国立銀行の設立に関わって総監役に就任します。官界でも民間でもそれぞれ違う苦労があるもので、それぞれの立場に応じて栄一の才覚と苦労が描かれており、よいと思います。民間に転じた栄一は癖のある人物相手に苦労が多いものの、それを楽しんでもいるように見えます。今回新たに登場した岩崎弥太郎は、ひじょうに癖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第31回「栄一、最後の変身」

 今回は栄一の銀行立ち上げを中心に、喜作(成一郎)との再会や富岡製糸場の操業や栄一の浮気発覚などが描かれ、最後に栄一は大蔵省を辞めると決断し、民間での道を歩み始めることにします。栄一と喜作の再開は、両者の想いのぶつかり合いと和解という王道的な描写になっていましたが、悪くはなかったように思います。銀行の立ち上げは、癖の強い豪商との駆け引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第30回「渋沢栄一の父」

 今回で栄一の父である市郎右衛門が退場となります。市郎右衛門は無鉄砲な息子を時として厳しくも暖かく見守りつつ栄一を導き、栄一のような野心の強い個性的な人物にとって理想的な父親として造形されていたように思います。市郎右衛門の実像と本作の人物造形との間にどれだけの違いがあるのか知りませんので、渋沢家に詳しい視聴者にとっては不満があるかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第29回「栄一、改正する」

 栄一は明治政府に出仕することになり、伊藤博文と大隈重信の同意を得て、各省の垣根を超えた改正掛を設置し、前島密たちを呼んで改革に努めます。何を改革すべきか、優先順位をどうするのか、議論百出で容易にはまとまりませんが、栄一はこの状況を歓迎し、楽しんでいました。栄一は製糸業も担当することになり、これは後に尾高惇忠も深く関わることになるので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第28回「篤太夫と八百万の神」

 栄一(篤太夫)は明治政府に召喚されることになり、それが仕官要請だと知って断るつもりで上京します。栄一はまず伊藤博文と会い、伊藤は同じく攘夷に身を投じていた栄一をすぐに気に入ったようです。栄一は大隈重信と会い、早速仕官を断りますが、大隈は日本で誰も新たな仕組みまだ知らない中で、誰かがやらねばならない、と言って栄一を説得しようとします。栄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第27回「篤太夫、駿府で励む」

 栄一(篤太夫)は駿府藩への仕官を断りつつも、栄一が水戸藩に仕官して殺されることのないよう配慮した慶喜の配慮に感謝し、駿府で新たに生計を立てようとします。しかし、駿府藩の財政危機を知った栄一は、駿府藩が自立できるよう、パリで学んだ知識を活かして財政改革に乗り出します。駿府藩の武士も商人もなかなか栄一に協力しませんが、栄一は江戸に行くなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第26回「篤太夫、再会する」

 元号はすでに明治となっていますが、幕末の最終段階で日本におらず、国内の政治体制の激変に戸惑っていた栄一(篤太夫)が家族・親族・郷里の人々や慶喜と再会し、今回で幕末編が終了となり次回から明治編になる、といった区切りをはっきりと感じさせる構成だったように思います。帰郷した栄一は、政治体制が激変するなかで、故郷が変わっていないように見えるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第25回「篤太夫、帰国する」

 今回は栄一(篤太夫)の帰国と、栄一が海外にいる間の国内情勢が描かれました。栄一が横浜に到着したのは明治元年10月で、すでに慶喜は鳥羽伏見の戦いで負けて江戸に戻り、さらに水戸から駿府へと移って謹慎しており、江戸城は新政府軍に明け渡されており、戊辰戦争が継続中でした。主人公である栄一の視点では、この間の国内情勢は遅れて得た断片的な情報から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第24回「パリの御一新」

 日本では大政奉還から王政復古まで進んでいますが、パリの栄一(篤太夫)には、1868年1月26日(慶応4年1月2日)になってやっと、大政奉還の報が伝わります。激変する国内情勢に栄一たちは困惑します。栄一はフランス側から誘われて証券取引所を訪れ、国債や社債について教えられ、感銘を受けます。翌月になって栄一たちに、慶喜が薩長との対立を避けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第23回「篤太夫と最後の将軍」

 今回は、ヨーロッパでの栄一(篤太夫)の活躍と、慶喜視点の国内政局が描かれましたが、国内政局は一気に大政奉還から王政復古まで進みました。ヨーロッパには慶喜の命を受けて栗本鋤雲が来るなど、ヨーロッパの栄一の動向と国内政局とが連動して描かれているのはよいと思います。原市之進の殺害は、なかなかよいキャラだっただけに、分かってはいても悲しいもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第22回「篤太夫、パリへ」

 栄一(篤太夫)が徳川昭武に同行して外遊に出たので、初期のように栄一の話と慶喜の話が別々に進行することになりました。栄一が外遊に出ている間に国内政局は劇的に動くわけで、栄一を主人公とする場合、幕末編で慶喜を準主人公として描くのは上手い構成だと思います。栄一は慣れない船旅に苦労しつつパリに到着し、万国博覧会の会場を視察し、西洋の技術に圧倒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第21回「篤太夫、遠き道へ」

 パリで開催される万国博覧会に徳川昭武が派遣されることになり、栄一(篤太夫)は随行を命じられ、行くと即答します。慶喜は将軍に就任しますが、慶喜を信任していた孝明天皇が没し、これは慶喜にとって政治的には大打撃となりました。栄一は慶喜に呼ばれ、昭武のような若い世代にヨーロッパで学ばせ、今後を託そうと考えている、と慶喜から聞かされます。財政好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第20回「篤太夫、青天の霹靂」

 今回は一橋慶喜の将軍就任決定が描かれました。14代将軍の家茂は病に倒れ、慶喜に孝明帝の望みである長州討伐を託して死亡します。家茂には子がおらず、慶喜を後継者と考えている者が多いことから、栄一(篤太夫)は慶喜が将軍となって衆人の怨みを買うのではないか、と懸念していました。家茂から後継者は田安亀之助(徳川家達)と聞かされていた天璋院は、慶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第19回「勘定組頭渋沢篤太夫」

 栄一(篤太夫)は一橋家の財政の充実に奮闘し、一橋家の勘定組頭に抜擢されます。栄一が藍の商売で培った才覚と経験を活かしていくものの、それが順調に進むわけではなく、抵抗も描かれるところは、ドラマとして単調ではなく、なかなかよいと思います。今回は、財政の充実による富国強兵を図る人物として、幕府の小栗忠順(上野介)と薩摩の五代才助(友厚)も描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第18回「一橋の懐」

 今回は、栄一(篤太夫)の一橋家での奉公とともに、天狗党の乱が描かれました。兵の募集ではなかなか上手くいなかった栄一ですが、交流を深めて次第に信頼関係を築き、応募する者も出てきます。栄一はそれを利用して代官を脅迫し、多くの者が志願してきます。この功績を一橋慶喜に認められた栄一は、兵を維持するために一橋家の財政の充実を慶喜に強く訴えます。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大河ドラマ『青天を衝け』第17回「篤太夫、涙の帰京」

 今回は平岡円四郎殺害の余波とともに、禁門の変に四国艦隊下関砲撃事件に天狗党の乱と、幕末の動乱が描かれました。平岡は栄一(篤太夫)にとって大恩人だっただけに、平岡の妻とともにその波紋が描かれました。平岡殺害事件もこれら幕末の動乱の一環で、主人公周辺の描写と歴史的大事件との描写が上手くかみ合ってきたように思います。藤田小四郎と栄一との遭遇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more