テーマ:ドラマ・映画

俳優人生の予測

 俳優人生の予測に関する研究(Williams et al., 2019)が公表されました。映画俳優の失業率は90%で、俳優の仕事で生計を立てている者はわずか2%ほどであるため、単純に充分な仕事(持続的生産性)のあることが、多くの俳優にとっての成功を意味しています。この研究は、世界的なデータベースを用いて、1888~2016年の200万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『海街diary』

 BSプレミアムで放送されていたので、視聴しました。本作はかなり話題になっていたと記憶しており、私も知っていたくらいですが、おそらく私の映画視聴本数は日本人の平均と比較してひじょうに少ないので、本作も視聴したことはありませんでした。内容は、複雑な家庭事情を抱えた三姉妹が、実父の葬儀で初めて会った異母妹を引き取るところから始まります。家庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』

 NHK・BS4Kで4Kデジタルリマスター版が放送されたので視聴しました。NHK・BS4Kでは4Kデジタルリマスター版の映画が放送されており、最近では『アラビアのロレンス』と『太陽がいっぱい』を視聴しました。率直に言って、本作を『アラビアのロレンス』や『太陽がいっぱい』のよう映画史における名作と考えている人は少ないでしょうし、私も同感な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近年の朝ドラ

 2013年放送の『あまちゃん』(関連記事)以降、朝ドラについてはほとんど言及していなかったので、まとめてみます。現在放送中の朝ドラ『半分、青い。』は、それなりに楽しみに視聴しています。さほど期待しておらず、惰性で視聴を始めた感は否めませんが、そこそこ笑える場面もありますし、何よりも主人公と幼馴染3人との関係がよい感じです。私は主人公た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の競馬の結果やドラマの話題など

 色々とこの記事にまとめておきます。ジャパンカップを勝ったのはエピファネイアで、良馬場ではジャパンカップ史上最大着差となる4馬身差をつけました。エピファネイアの主戦は福永騎手で、前走の天皇賞(秋)でも騎乗して6着だったのですが、ジャパンカップではもう1頭の主戦のジャスタウェイに騎乗して4馬身差の2着に敗れました。福永騎手を批判・揶揄・嘲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近視聴したドラマ・映画の感想

 最近視聴したドラマ・映画の感想を簡潔に述べていくことにします。○がドラマ、●が映画です。 ○『アリスの棘』  今期は珍しく、民放の連続ドラマの初回を3本も視聴しました。そのうち『MOZU』と『弱くても勝てます』は初回で挫折し、結局最終回までずっと視聴したのは『アリスの棘』だけでした。どうも、最近民放のドラマをほとんど視聴し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

注目の4月期ドラマ

 まだ日付は変わっていないのですが、3月2日分の記事として2本掲載しておきます(その二)。以下のまとめから、2014年4月期ドラマ(単発ドラマは3月放送分も)で注目の作品を記載しておきます。これまでも、事前情報で気になっていたのに、忙しくてつい初回を見逃したり録画し忘れたりして、そのまま視聴しなかった作品が少なからずあるので、備忘録とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不評だった紅白の『あまちゃん』

 まだ日付は変わっていないのですが、1月13日分の記事として3本掲載しておきます(その二)。昨年末の紅白歌合戦では朝の連続テレビ小説『あまちゃん』のコーナーが設けられ、紅白歌合戦をほとんど視聴したことのない私も、録画して視聴しました。とはいっても、『あまちゃん』のコーナー以外は早送りでほとんど見ていません。今月12日付の読売新聞の番組欄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまに視聴している『ごちそうさん』

 まだ日付は変わっていないのですが、12月15日分の記事として掲載しておきます。朝の連続テレビ小説の89作目となる『ごちそうさん』ですが、第1週だけ視聴したものの、そこで挫折してしまいました。その後、たまに視聴しているのですが、視聴率は近年の朝の連続テレビ小説としてはかなり高いようです。第1週はまだ主人公を子役が演じていて東京が舞台でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『阪急電車 片道15分の奇跡』

 まだ日付は変わっていないのですが、11月26日分の記事として2本掲載しておきます(その一)。録画した映画がかなりたまってきたので、少しずつ視聴していくことにしました。本作品は2011年4月に公開され、先日BSプレミアムで放送された分を録画して視聴しました。阪急今津線を舞台に、複数の人々に焦点が当てられてそれぞれの物語が展開します。基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の記事のまとめ

 遅くなりましたが、朝の連続テレビ小説の88作目である『あまちゃん』の放送が終了したので、このブログの『あまちゃん』関連の記事をまとめておきます。初回視聴前は、序盤で挫折するかな、と思ってさほど期待せずに視聴を始めたのですが、予想をはるかに上回る面白さで、私にとって、これまでに視聴した朝の連続テレビ小説のなかでは、『ちりとてちん』を上回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』全体的な感想

 朝の連続テレビ小説の88作目である『あまちゃん』の放送が終了したので、全体的な感想を述べることにします。この作品への期待は最初あまり高くなく、序盤で挫折するかな、と思っていたくらいでした。じっさい、第1週はご都合主義的に感じられたところが多分にあり、話には期待できないのかな、と思っていたくらいですが、第2週以降は話も面白くなっていき、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第26週(最終週)「おらたち、熱いよね!」

 これは9月30日分の記事として掲載しておきます。ついに最終週を迎えました。最終回は詰め込み気味な感もありましたが、勉さんにもヒビキにも見せ場があり、悪くはなかったと思います。アキとユイの前向きな姿勢を見せて終わるという最後も良い脚本・演出でした。何かを達成しての満足感で締めるというのではなく、大災害により一度失われた日常生活をじょじょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第25週「おらたち、いつでも夢を」

 まだ日付は変わっていないのですが、9月22日分の記事として掲載しておきます。第25週は、ユイの復活が見どころでした。これまでに描かれてきた、ユイの負けず嫌いで複雑な性格を活かした場面でしたが、やや予定調和感が強かったような印象も受けました。周囲の人物も含めて役者の演技はなかなかよかったと思いますが。東日本大震災後の困難な状況が続くなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第24週「おら、やっぱりこの海が好きだ!」

 まだ日付は変わっていないのですが、9月16日分の記事として掲載しておきます。第24週は、アキに続いて安部とずぶん先輩と水口も北三陸に戻ってきました(水口は北三陸出身ではありませんが、そこそこ長く滞在しており、この点ではアキとやや似た立場と言えるかもしれません)。北三陸編の人々が再集結しつつある感じで、残り2週と最終回が近くなっていよい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第23週「おら、みんなに会いでぇ!」

 まだ日付は変わっていないのですが、9月8日分の記事として掲載しておきます。第23週は、東日本大震災を描くということで、さすがに重苦しい幕開けとなりました。このような状況下で、東北地方を故郷とする東京都住民である主人公のアキ(本当は東京都世田谷区出身ですが、本人の主観と周囲の認識では岩手県が故郷となっています)の戸惑いを見せつつ、アキの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第22週「おらとママの潮騒のメモリー」

 第22週は、アキの芸能人としての成功・成長と、夏と春子とが親子として本当に分かり合える関係になったことと、太巻・鈴鹿ひろ美・春子の因縁の関係の決着・最終的な和解が見どころでした。夏と春子との関係も、時に過去にさかのぼりつつ最初からずっと描かれてきたことなので、たいへん見応えがありましたが、謎解き的な要素も強かった太巻・鈴鹿ひろ美・春子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第21週「おらたちの大逆転」

 これは8月27日分の記事として掲載しておきます。第21週は、アキのオーディションでの合格を中心に、それと関連しての太巻とアキとの和解、アキとずぶん先輩との関係の進展(と一時的な休止?)、水口のアキへの想い、夏の回復、夏と春子との決定的な和解と、色々と見どころがありました。水口のアキへの想いは、GMTのメンバーたちが指摘していたように、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第20週「おらのばっぱ、恋の珍道中」

 まだ日付は変わっていないのですが、8月18日分の記事として掲載しておきます。第20週は、東京旅行で明かされた夏の意外な過去、ユイの母親の帰宅、映画『潮騒のメモリー』のリメイク版への動き、アキとずぶん先輩との恋愛関係が水口に悟られたこと、夏が倒れたことなど、色々と動きがありました。夏がかつて北三陸のアイドルだったという設定は意外でしたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第19週「おらのハート、再点火」

 これは8月13日分の記事として掲載しておきます。第19週は、子供向け教育番組の出演をきっかけにアキの人気・知名度が上がり、アキの芸能界での成功譚という視点では物語が大きく動きました。それと共に、物語で重要な意味を持ったのがアキとずぶん先輩との恋愛の行方で、上京(帰京と言うべきでしょうか)してからのアキのずぶん先輩への態度は、北三陸時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第18週「おら、地元に帰ろう!?」

 第18週はやや期待外れの感が否めませんでした。春子と鈴鹿ひろ美とのやり取りは、かみ合わない会話が面白いとは思いましたが、もっと盛り上がるのではないかと期待していただけに、やや消化不良でした。第18週は本筋自体の盛り上がりがもうひとつといった感じで、太巻と春子や水口とのやり取りに見応えはあったものの、すっきりしないというか、全体的にやや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』今後の展開

 まだ日付は変わっていないのですが、8月2日分の記事として掲載しておきます。あまりにも『あまちゃん』にはまってしまったので、サウンドトラックやドラマガイドのPart1・Part2も購入してしまいました。サウンドトラックとドラマガイドのPart1を購入したのは少し前ですが、今週ドラマガイドのPart2を購入し、我慢できずにあらすじを読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第17週「おら、悲しみがとまらねぇ」

 これは7月29日分の記事として掲載しておきます。今週も見どころが多く、太巻から解雇されたアキを支えようと春子が上京し、鈴鹿ひろ美と再会する(ひろ美の主観では初対面でしょうが)ところで終わり、第18週に向けて大いに盛り上がりました。春子の過去は、春子自身も気づいていない太巻・鈴鹿ひろ美との因縁がなければ、ほぼ明らかになったでしょう。上京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太巻の真意

 まだ日付は変わっていないのですが、7月26日分の記事として掲載しておきます。『あまちゃん』もついに100回目を迎え、全体の2/3近くまで進んだことになります。まだ残りが1/3ほどあるので結末が予想しづらく、どのような最終回となるのか、楽しみにしています。先週と今週で春子・太巻・ひろ美の因縁がかなり明かされ、アキは表の立場でデビューでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第16週「おらのママに歴史あり2」

 まだ日付は変わっていないのですが、7月21日分の記事として掲載しておきます。第16週は、アキとユイの和解に、若き日の春子・太巻・鈴鹿ひろ美の因縁が描かれ、たいへん見応えがありました。北三陸編があまりにも面白かったので、東京編では失速するのではないか、と不安に思っていましたし、東京編は現代アイドル事情を元ネタにした話になりそうなので、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落ち武者と影武者

 まだ日付は変わっていないのですが、7月19日分の記事として掲載しておきます。今週の『あまちゃん』は春子・太巻・鈴鹿ひろ美の因縁が明かされる重要な話になりそうだというので大いに注目していたのですが、第94回にて春子がひろ美の影武者だったことが明かされました。総集編前編でもカットされなかった落ち武者と影武者の話から、これはキーワードなのか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第15週「おらの仁義なき戦い」

 これは7月16日分の記事として掲載します。第15週は、調子に乗っていたアキが一気に落とされるという流れになっており、長期連続ドラマではよくある展開だと言えるでしょう。ただ、主人公のアキが調子に乗っている描写がかなり強烈で、主人公の印象が悪くなりそうだな、と懸念してしまうほどでしたが、そこは主演の能年玲奈さんの魅力で何とかなったのではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』第14週「おら、大女優の付き人になる」

 まだ日付は変わっていないのですが、7月7日分の記事として掲載しておきます。第14週も、アキとずぶん先輩との東京での再会や、アキと鈴鹿ひろ美とのやり取りなど見どころが多数ありましたが、やはりもっとも気になるのは、最後に描かれた、アキが天野春子の娘だと知った時の太巻の反応で、あまりにも狼狽えていて尋常ではありませんでした。これまでにも示唆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』東京編突入

 まだ日付は変わっていないのですが、6月30日分の記事として掲載しておきます。『あまちゃん』の東京編が始まり、視聴前には期待と不安の入り混じった気持ちだったのですが、東京編第1回の月曜放送分を視聴した時は、東京編は外れなのかなあ、と大いに不安になったものです。しかし、火曜日以降は面白く、これならば東京編も大いに楽しめそうです。東京編では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『あまちゃん』北三陸編終了

 まだ日付は変わっていないのですが、6月23日分の記事として掲載しておきます。『あまちゃん』の北三陸編がついに終了しました。全体の長さで考えると、中間点直前で北三陸編から東京編へと移行することになり、おそらく、前半が北三陸編、後半が東京編で、最終盤で東日本大震災とその後が描かれることになるのではないか、と予想しています。東京編の最終とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more