テーマ:卑弥呼

『卑弥呼』第76話「真の王」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年12月20日号掲載分の感想です。前回は、暈(クマ)の国の5人のタケル王が、田油津日女(タブラツヒメ)を新たな日見子(ヒミコ)として擁立しよう、と画策しているところで終了しました。今回は、山社(ヤマト)国の千穂(現在の高千穂でしょうか)の産処(ウミドコロ)にて、ヌカデが産婆に学んでいる場面から始まり…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

『卑弥呼』第8集発売

 待望の第8集が発売されました。第8集には、 口伝55「天命」 https://sicambre.at.webry.info/202101/article_27.html 口伝56「祈り」 https://sicambre.at.webry.info/202102/article_5.html 口伝57「事代主」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第75話「タケル会談」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年12月5日号掲載分の感想です。前回は、ヤノハが奥閼宗(オクノアソ、阿蘇山の奥深くでしょうか)にある水波能売神(ミズハノメノカミ)の御神体である巨岩に祈っているところで終了しました。今回は、山社(ヤマト)の国の聖地である千穂(現在の高千穂でしょうか)にたどり着いた場面から始まります。ヤノハを護衛して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第74話「田油津日女」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年11月20日号掲載分の感想です。前回は、モモソがヤノハに、今、腹の子を殺さねば、その子にお前は殺される運命だ、と告げるところで終了しました。今回は、暈(クマ)の国の鞠智(ククチ)の里(現在の熊本県菊池市でしょうか)で、鞠智彦(ククチヒコ)が暈の国各地の疫病被害の報告を受けている場面から始まります。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『卑弥呼』第73話「勝ち抜き」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年11月5日号掲載分の感想です。前回は、腹の子のせいで大勢の民が死ぬが、その子を殺せばもっと大勢の人が死ぬ、とモモソに言われたヤノハが、ではどうすればよいのか、と問いかけるところで終了しました。今回は、日下(ヒノモト)の国の當麻(タイマ)で、手乞(テゴイ)、つまり相撲(捔力)が行なわれている場面から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第72話「生命の選択」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年10月20日号掲載分の感想です。前回は、ヤノハが難民に疫病対策を伝え、難民がヤノハを日見子(ヒミコ)として崇めるところを見て、ヌカデがヤノハは真の日見子になった、とナツハ(ヤノハの弟のチカラオ)に伝えるところで終了しました。今回は、ヤノハの一行が日鷹(ヒタカ)に到着した場面から始まります。美しい土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第71話「本物の日見子」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年10月5日号掲載分の感想です。前回は、ヤノハがオオヒコに、千穂の厳谷(イワヤ)に行き300日間人々に祈祷(イノリ)を捧げる、と伝えたところで終了しました。今回は、ミマアキたちが八咫烏(ヤタガラス)を迎え撃った現場を、日下(ヒノモト)の重臣でフトニ王(記紀の第7代孝霊天皇でしょうか)と姻戚関係にある…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『卑弥呼』第70話「敵か味方か」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年9月20日号掲載分の感想です。前回は、ヤノハがアカメに、暈(クマ)の国の最高権力者となった鞠智彦(ククチヒコ)に書状を届けるよう、命じたところで終了しました。今回は、日下(ヒノモト)の国のフトニ王(記紀の第7代孝霊天皇でしょうか)が放った八咫烏(ヤタガラス)との戦いをミマアキに任せて、當麻(タイマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第69話「逃走」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年9月5日号掲載分の感想です。前回は、ヤノハがヌカデに、疫病が終結せず民が自分を人柱にしようとしたならば、自分を祈祷(イノリ)の場から引きずり出して殺せ、と命じるところで終了しました。今回は、日下(ヒノモト)の国で、トメ将軍とミマアキの一行が筑紫島(ツクシノシマ、九州を指すと思われます)に戻るべく急…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『卑弥呼』第68話「それぞれの運命」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年8月20日号掲載分の感想です。前回は、ヤノハがヌカデに妊娠を伝えて助力を要請し、了承したヌカデが、助けないと言えばナツハ(チカラオ)に命じて自分を殺すつもりだっただろう、と指摘するところで終了しました。今回は、山社(ヤマト)国と都萬(トマ)国との境において、即席で設けられた柵を越えようとする庶民3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第7集発売

 待望の第7集が発売されました。第7集には、 口伝47「凶手」 https://sicambre.at.webry.info/202009/article_26.html 口伝48「暗殺」 https://sicambre.at.webry.info/202010/article_8.html 口伝49「かりもがり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第67話「八咫烏」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年8月5日号掲載分の感想です。前回は、山社(ヤマト)に戻らず300日の祈祷に入る、と宣言したヤノハに、どこで祈祷するのか、とイクメが訪ねるところで終了しました。今回は、日下(ヒノモト)の国でトメ将軍とミマアキの一行が胆駒山(イコマヤマ)を目指して急いでいる場面から始まります。ミマアキは胆駒山に烽(ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第66話「陣形」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年7月20日号掲載分の感想です。前回は、事代主(コトシロヌシ)が日見子(ヒミコ)たるヤノハに、妊娠しているのではないか、と問いかけるところで終了しました。今回は、日下(ヒノモト)の国の船着き場で、重臣にしてフトニ王(記紀の第7代孝霊天皇でしょうか)の息子に自分の娘を嫁がせているシコオが、配下からトメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『卑弥呼』第65話「苦難」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年7月5日号掲載分の感想です。前回は、日下(ヒノモト)の都(纏向遺跡でしょうか)の館で、日下の日見子(ヒミコ)と思われるモモソがトメ将軍とミマアキに、自分の父のフトニ王(記紀の第7代孝霊天皇でしょうか)が筑紫島(ツクシノシマ、九州を指すと思われます)に厲鬼(レイキ)を送りこみ、今頃筑紫島では多くの人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第64話「日下の日見子」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年6月20日号掲載分の感想です。前回は、日下(ヒノモト)都でトメ将軍が、モモソと名乗る女性に、そなたこそ日下の日見子(ヒミコ)ではないのか、と問い詰めるところで終了しました。今回は、その少し前の場面から始まります。日下の都(纏向遺跡でしょうか)の館でトメ将軍とミマアキがモモソと面会している間、トメ将…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第63話「別の神話」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年6月5日号掲載分の感想です。前回は、弁都留島(ムトルノシマ、現在の六連島でしょうか)ら到着したヤノハとチカラオを、事代主(コトシロヌシ)が出迎えるところで終了しました。今回は、日下(ヒノモト)の都(纏向遺跡でしょうか)でトメ将軍とミマアキがモモソと名乗る女性と面会している場面から始まります。モモソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第62話「遭逢」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年5月20日号掲載分の感想です。前回は、トメ将軍とミマアキが、日下(ヒノモト)の国の無人の都を見て、全滅したのだろうか、と案じるところで終了しました。今回は、ミマト将軍が配下の兵士を率いてヤノハ一行に追いつこうと急いでいる場面から始まります。ヤノハ一行は那(ナ)の国の岡(ヲカ)で時化のため足止めを食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第6集発売

 待望の第6集が発売されました。第6集には、 口伝39「密談」 https://sicambre.at.webry.info/202005/article_30.html 口伝40「結界」 https://sicambre.at.webry.info/202006/article_7.html 口伝41「答え」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第61話「日下」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年5月5日号掲載分の感想です。前回は、テヅチ将軍の率いる部隊が、油津(アブラツ、現在の宮崎県日南市油津港でしょうか)の邑で疫病の流行に気づくところで終了しました。今回は、トメ将軍とミマアキが、難波碕(ナニワノミサキ)に到達した場面から始まります。サヌ王(記紀の神武天皇と思われます)の兄であるミケイリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第60話「油津の怪」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年4月20日号掲載分の感想です。前回は、吉備で疫病によると考えられる死者をトメ将軍一行が見つけたところで終了しました。今回は、ヤノハが輿に乗り、山社(ヤマト)から出立する場面から始まります。日見子(ヒミコ)たるヤノハの乗った輿を先導するのはチカラオ(ナツハ)とオオヒコで、ヌカデも同行しています。ヤノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第59話「厲鬼」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年4月5日号掲載分の感想です。前回は、ところで終了しました。今回は、吉備の高嶋をトメ将軍とミマアキが訪れている場面から始まります。高嶋(高島)は、神武天皇が東征のさいに3年間行宮を置いた場所とされています。高嶋でも人の姿が見当たらず、大きな穴には多数の人々の焼死体が積み重なっていました。トメ将軍は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第58話「埃国」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年3月20日号掲載分の感想です。前回は、出雲の神和(カンナギ)にして金砂(カナスナ)国の支配者である事代主(コトシロヌシ)からの、筑紫島(ツクシノシマ、九州を指すと思われます)との和議締結のために対決したい、との申し出を受けたヤノハが、万が一、自分が敗れても、倭を平らかにする大仕事は事代主に任せられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第57話「事代主」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年3月5日号掲載分の感想です。前回は、那(ナ)の国のウツヒオ王が、日見子(ヤノハ)と2人だけで会いたい、という出雲の神和(カンナギ)にして金砂(カナスナ)国の支配者である事代主(コトシロヌシ)からの申し出を、議なのか戦なのか、思案するところで終了しました。巻頭カラーとなる今回は、出雲で事代主の世話を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第56話「祈り」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年2月20日号掲載分の感想です。前回は、ヤノハが弟のチカラオ(ナツハ)に、ともに山社から逃げよう、と提案したところで終了しました。今回は、那(ナ)の国に舟が現れ、出雲からの事代主(コトシロヌシ)と名乗り、上陸願いの合図を送る場面から始まります。出雲は金砂国(カナスナノクニ)の聖地で、事代主は出雲の神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第55話「天命」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年2月5日号掲載分の感想です。前回は、ヤノハが山社(ヤマト)の楼観で自分を犯したナツハに、自分の弟のチカラオだと指摘するところで終了しました。今回は、ヤノハとチカラオが故郷の邑でともに暮らしていた場面から始まります。犬と遊んでいるチカラオを、義母から叱られるぞ、とヤノハが窘めます。チカラオは、遊んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第54話「呪われた夜 其弐」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年1月20日号掲載分の感想です。前回は、山社(ヤマト)の楼観でナツハがヤノハを背後から襲い、押し倒すところで終了しました。今回は、暈(クマ)の国の夜萬加(ヤマカ)にて、洞窟の奥深くでヒルメがヤノハの失脚を祈っている場面から始まります。山社(ヤマト)では、ミマト将軍とオオヒコが山火事の鎮火に赴き、山社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第5集発売

 待望の第5集が発売されました。第5集には、 口伝31「価値ある人」 https://sicambre.at.webry.info/201912/article_37.html 口伝32「将軍の告白」 https://sicambre.at.webry.info/202001/article_8.html 口伝33…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第53話「呪われた夜 其壱」

 『ビッグコミックオリジナル』2021年1月5日号掲載分の感想です。今回から、「天智と天武~新説・日本書紀~」というテーマではなく、新たに設定した「卑弥呼」というテーマに分類します。過去の本作関連の記事も「卑弥呼」に分類し直しました。前回は、ナツハがヤノハの前でヒルメからの策を思い出し、不敵な笑みを浮かべるところで終了しました。今回は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第52話「擁立」

 『ビッグコミックオリジナル』2020年12月20日号掲載分の感想です。前回は、ヤノハがナツハに自分の世話を命じ、ナツハが不敵な笑みを浮かべるところで終了しました。今回は、山杜(ヤマト)が暈(クマ)から独立し、筑紫島の諸王との和議交渉が成立して、山社に筑紫島(ツクシノシマ、九州を指すと思われます)の諸王と伊岐(イキ、現在の壱岐でしょう)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『卑弥呼』第51話「急襲」

 『ビッグコミックオリジナル』2020年12月5日号掲載分の感想です。前回は、穂波(ホミ)の国の重臣であるトモが、日下(ヒノモト)の国と結んで山社(ヤマト)を攻めようとするならば、トモを殺す、とトメ将軍が誓うところで終了しました。今回は、荒爪山(アラツメヤマ)の夜萬加(ヤマカ)で、ヒルメが2人の男性のために、田畑が狼や野犬に荒らされない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more