雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS マダガスカルへの哺乳類の進出

<<   作成日時 : 2010/02/13 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 マダガスカルへの哺乳類の進出を説明した研究(Ali, and Huber., 2010)が公表されました。マダガスカルの哺乳類の様相はアフリカのそれとは大きく異なっており、マダガスカルの哺乳類は、数千万年にわたって隔離された状態で進化したと考えられています。マダガスカルの哺乳類の祖先がどのようにマダガスカルへと到着したのかという問題をめぐっては、総合説の成立に重大な役割を果たしたジョージ=ゲイロード=シンプソンが、アフリカから漂流物に乗って海を渡るという、運任せの賭けをしてたどり着いたのだとする「一か八か仮説」を、1940年に提唱しました。

 この仮説は、マダガスカルの固有動物相がもつさまざまな「奇妙な」特徴をうまく説明できます。しかし、現在の海流はマダガスカルからアフリカに向けて流れており、これが難点とされていました。この研究では、5000万年以上前の始新世の海流が再構築され、海流はその時期にはアフリカからマダガスカルへと流れており、哺乳類が漂流物に乗って海を渡り、マダガスカルへと漂着することが可能だった、と明らかにされました。この研究は、「一か八か仮説」を補強するものと言えるでしょう。


参考文献:
Ali JR, and Huber M.(2010): Mammalian biodiversity on Madagascar controlled by ocean currents. Nature, 463, 653-656.
http://dx.doi.org/10.1038/nature08706

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マダガスカルへの哺乳類の進出 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる