雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 更新世の人類社会は母系制なのか

<<   作成日時 : 2013/02/12 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 まだ日付は変わっていないのですが、2月12日分の記事として掲載しておきます。人類の「原始社会」は母系制だったという見解は根強いように思います。しかし実のところ、とくに更新世の人類の「原始社会」については、はたして父系制なのか母系制なのか、それとも双系制など他の分類が妥当なのか、直接的証拠はほぼ皆無と言える状況でしょう。そうした状況でも、この問題に関連のありそうな研究は提示されており、このブログでも取り上げたことがあります。一つは、アウストラロピテクス=アフリカヌスとパラントロプス=ロブストス(アウストラロピテクス属と分類する見解もあります)に関する研究で、
http://sicambre.at.webry.info/201106/article_3.html
もう一つは、ホモ=ネアンデルターレンシス(ネアンデルタール人)に関する研究です。
http://sicambre.at.webry.info/201101/article_6.html

 これら二つの研究が、ただちに更新世の人類社会が母系制だったことを否定する直接的な証拠になるわけではありませんし、その見解の妥当性については今後さらに検証が必要でしょうが、現代の人類もしくは他の霊長類社会からの推測ではなく、はるかに直接的な研究が夫居制的婚姻行動を示唆しており、母系制社会説と整合的ではなさそうだ、ということには注意しておかねばならないでしょう。もっとも、アフリカヌスもロブストスも現代人の祖先ではなさそうですし、ネアンデルターレンシスも、その核DNAの一部が現代人に継承されている可能性が高いだろうとはいえ、現代人の主要な遺伝子源とは言えないでしょうが、現代人の祖先集団の社会構造を推測するうえで、重要な手がかりになるだろう、とは思います。

 おそらく更新世の人類の社会は固定的ではなく、さまざまな要因に応じて構造が異なっていた可能性が高いのではないか、と私は考えています。その要因とは、環境やそれとも関連する、陸上大型獣・海中生物・植物といった食資源にそれぞれどのていどの割合で依存しており、どのようにそうした食資源を獲得していたのか、ということだろう、と思います。もちろん、人類種ごとに社会構造には傾向の違いがあったでしょうし、ネアンデルターレンシスの社会構造が、そのまま同時代における現代人の祖先集団の社会のモデルになるわけでもないとは思いますが。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
9世紀〜12世紀にかけての北アメリカ大陸における母系継承の支配層
 これは2月24日分の記事として掲載しておきます。9世紀〜12世紀の北アメリカ大陸の支配層と思われる人骨群のDNA解析に関する研究(Kennett et al., 2017)が報道されました。この研究が分析対象としたのは、アメリカ合衆国ニューメキシコ州にある有名なプエブロボニート(Pueblo Bonito)遺跡の人骨群です。放射性炭素年代測定法により、プエブロボニート遺跡の年代は800〜1130年頃と推定されています。アメリカ合衆国南西部のチャコ渓谷(Chaco Canyon)には、2階... ...続きを見る
雑記帳
2017/02/22 11:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
更新世の人類社会は母系制なのか 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる