雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 目の発生に必要な光

<<   作成日時 : 2013/02/15 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 まだ日付は変わっていないのですが、2月15日分の記事として掲載しておきます。光が目の発生を調節する仕組みについての研究(Rao et al., 2012)が公表されました。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用で、目の発生には光が重要とのことであり、素人の思いつきではありますが、発生ではこのように外部からの刺激が重要な部位が多くありそうな気がします。ただ、この研究はマウスを対象としたものであり、人間の目の発生もマウスと同様なのか、まだ定かではない、とも指摘されています。ただ、人間とマウスとの近縁性を考えると、人間の目の発生も同様の可能性が高そうではあります。

発生: 胎仔での直接的およびメラノプシン依存的な光応答がマウスの目の発生を調節する
発生: 発生中の目には光が不可欠
 発生中の目では、網膜血管系が血管を形成するのにつれて、硝子体を取り囲む透明な硝子体膜が退縮していく。この過程は臨床的に重要だが、それは過度な血管増殖は未熟児の失明の主要な原因の1つだからである。今回、組織構造のこの大きな変化に、意外にも光がかかわっていることが報告された。R Langたちは、マウスでは光が光受容物質メラノプシンを介して作用し、発達中の硝子体血管系の退縮を促進することを見いだした。光、あるいはメラノプシンのどちらかがないと、血管内皮増殖因子Aの発現が増大し、その結果として網膜で異常な血管形成が起こる。同様の過程がヒトの目の発生にも関与しているかどうかは、まだわかっていない。



参考文献:
Rao S. et al.(2013): A direct and melanopsin-dependent fetal light response regulates mouse eye development. Nature, 494, 234–246.
http://dx.doi.org/10.1038/nature11823

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
目の発生に必要な光 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる