雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 最古の石器に関する報告

<<   作成日時 : 2015/04/17 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

 今年(2015年)の4月15日〜4月16日にかけて、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ市で古人類学協会の年次総会が開催され、そこでの最古の石器に関する報告(Harmand et al., 2015)が報道されました。『サイエンス』のサイトには解説記事が掲載されています。この報告の要約はPDFファイルにて読めますが、これはまだ非公式版であり、公式版は来月(2015年5月)公開予定です。昨年(2014年)の年次総会の報告はすでに公開されています。

 本報告と上記報道によると、ケニアの西トゥルカナ(Turkana)のロメクウィ(Lomekwi)3遺跡で発見された石器には、意図的に剥離された痕跡が確認され、偶然の産物(偽石器)ではない、と判断されました。ロメクウィ3遺跡では剥片と石核が発見され、そのうち1個の剥片は石核と接合したそうです。ロメクウィ3遺跡の石器は、最古の石器文化とされてきたオルドワン(Oldowan)と同様に、製作者が石の特性を理解したうえで、石核から剥片を剥離していったようです。

 ただ、ロメクウィ3遺跡の石器群はオルドワン石器群とは異なっており、平均的なオルドワン石器よりも大きい、とのことです。報告者のハーモンド(Sonia Harmand)博士たちは、このロメクウィ3遺跡の石器群を新たにロメクウィアン技術(Lomekwian technology)と呼ぶよう、提案しています。ロメクウィ3遺跡は、古地磁気年代測定法により、330万年前頃と推定されています。これまで最古の石器は、エチオピアのゴナ(Gona)で発見された260万年前頃のものとされていますので、推定年代が妥当ならば、ロメクウィ3遺跡は最古の石器となります。

 本報告の見解が妥当なのだとすると、オルドワンの前に最古の石器文化としてロメクウィアンが存在したことになります。本報告は、最初期の石器群は後代の石器群と比較して密度が低く発見されにくいということと、既知のオルドワン(Oldowan)石器と直接的には似ていないということから、これまでオルドワンよりも前の石器が見逃されてきた可能性を指摘しています。新たな指標としてロメクウィアンが確立されたら、今後300万年以上前の石器の発見が増えていくかもしれず、大いに注目されます。

 石器の使用はホモ属の出現と関連づけられてきましたが、330万年前頃となると、ホモ属の出現よりもずっと前になります。最近になって、ホモ属というかホモ属的特徴の出現が280万〜275万年前頃までさかのぼる可能性が指摘されましたが(関連記事)、ロメクウィ3遺跡の石器群はそれよりもずっとさかのぼることになります。もちろん、今後ホモ属の起源がさらにさかのぼる可能性はあるわけですが、ハーモンド博士は、ロメクウィ3遺跡の石器群の担い手をアウストラロピテクス属(Australopithecus)かケニアントロプス属(Kenyanthropus)と考えています。

 この発見と関連して注目されるのは、340万年前頃に石器が使用されていた、との研究が5年前に提示されていることです(関連記事)。エチオピアのディキカ(Dikika)で発見された大型有蹄類の骨には、肉を削ぐためと思われるカットマーク(解体痕)と、骨髄を取り出すためと思われるパーカッションマーク(打撃痕)があったことから、石器が使用されていた、と主張されました。石器そのものが発見されていないこともあり、この見解には批判が多かったのですが、ディキカの340万年前頃の動物の骨を分析した論文の著者の一人であるアレムセゲド(Zeresenay Alemseged)博士は、ロメクウィ3遺跡の石器群により、自分たちの見解の妥当性が支持される、と主張しています。


参考文献:
Harmand S. et al.(2015): Early tools from West Turkana, Kenya. Paleoanthropology Society Meeting.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
330万年前頃の石器
 330万年前頃の石器に関する研究(Harmand et al., 2015)が報道されました(記事1および記事2)。BBCや読売新聞などでも取り上げられており、石器の起源が大きくさかのぼりそうだということで、話題になっているようです。この研究は、先月(2015年4月)アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ市で開催された古人類学協会の年次総会で報告されており、このブログでも取り上げました(関連記事)。論文として掲載されたということで、改めてこの研究を取り上げることにします。 ...続きを見る
雑記帳
2015/05/22 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最古の石器に関する報告 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる