雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 有顎脊椎動物の起源

<<   作成日時 : 2015/04/07 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 有顎脊椎動物(顎口類)の起源に関する研究(Giles et al., 2015)が公表されました。この研究は、1992年に刊行された、シベリアの前期デボン紀(4億1500万年前頃)の顎口類化石の脳頭蓋および頭蓋冠について、コンピューター断層撮影法を用いて再分析しました。その結果、脳頭蓋には、硬骨魚類と軟骨魚類それぞれの特徴と、どちらにもない特徴が混在することが明らかになりました。系統発生解析では、この魚類が顎口類の基部に位置付けられ、完全に絶滅した化石魚類群である棘魚類が軟骨魚類に近縁だったのではないか、と示唆されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


古生物学:前期デボン紀のステム顎口類に見られる硬骨魚類様の頭蓋状態

古生物学:有顎脊椎動物の起源を探る

 有顎脊椎動物(顎口類)の初期進化は、古生物学のホットな話題の1つである。今回M Brazeauたちは、1992年にHans-Peter Schultzeが初期の硬骨魚類として記載した、シベリア産の前期デボン紀(約4億1500万年前)の顎口類化石の脳頭蓋および頭蓋冠について、コンピューター断層撮影法を使い再分析した。その結果、その化石の基盤である脳頭蓋には、硬骨魚類および軟骨魚類のそれぞれの特徴と、どちらにもない特徴が混在することが明らかになった。系統発生解析で、この魚類が顎口類の基部に位置付けられ、謎の多い棘魚類(完全に絶滅した化石魚類群)が軟骨魚類に近縁であったことが示唆された。



参考文献:
Giles S, Friedman M, and Brazeau MD.(2015): Osteichthyan-like cranial conditions in an Early Devonian stem gnathostome. Nature, 520, 7545, 82–85.
http://dx.doi.org/10.1038/nature14065

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
有顎脊椎動物の起源 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる