雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳内における温度変化の情報処理

<<   作成日時 : 2015/04/08 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 脳内における温度変化の情報処理に関する研究(Liu et al., 2015)が公表されました。動物は外界の温度変化を末梢神経系の温度受容器で検知しますが、そうした信号を処理する中枢回路には不明なところがありました。この研究は、ハエの脳には外界温度の低下・上昇またはその両方に応答する独特なニューロン群があり、それらが行動応答に寄与することを報告し、高次脳中枢が末梢の単純な温度マップから刺激の質・強度・およびタイミングに関する情報を抽出する仕組みを明らかにしています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


神経科学:ショウジョウバエの脳の温度感覚情報処理

神経科学:温度の脳内表現

 動物は外界の温度変化を末梢神経系の温度受容器で検知するが、そうした信号を処理する中枢回路は分かっていなかった。今回、R WilsonたちとM Gallioたちがそれぞれ、ハエ脳には外界温度の低下、上昇、またはその両者に応答する独特なニューロン群があり、それらが行動応答に寄与することを報告している。実験結果は、高次脳中枢が末梢の単純な温度マップから刺激の質、強度、およびタイミングに関する情報を抽出する仕組みを示している。



参考文献:
Liu WW, Mazor O, and Wilson RI.(2015): Thermosensory processing in the Drosophila brain. Nature, 519, 7543, 353–357.
http://dx.doi.org/10.1038/nature14170

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳内における温度変化の情報処理 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる