雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 代謝の記憶

<<   作成日時 : 2015/05/09 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 摂取した食物に関するカロリー情報の記憶についての研究(Zhang et al., 2015)が公表されました。この研究は、ショウジョウバエの代謝の記憶に関与すると考えられる複数の遺伝子と、いくつかの脳領域を同定しました。ショウジョウバエは食物のカロリー量を記憶して、標準的なカロリー量の食物を好むように学習しますが、ショウジョウバエに高カロリー食を無理やり食べさせた後は、カロリー摂取量が増えて、糖尿病様の症状が見られるようになることが明らかにされました。代謝の記憶が遺伝的変化や慢性的な過食によって容易に破壊された、というわけです。しかし、ショウジョウバエの脳内の遺伝的経路を遮断すると、代謝の記憶が改善され、過食は防止されました。これと似た代謝の学習と記憶がマウスにも見られ、それが視床下部で起こっている可能性が示唆されているので、この研究は哺乳類の体重を調節する因子の解明の手がかりになりそうです。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【神経科学】カロリーを気にするショウジョウバエ

 ショウジョウバエは食物のカロリー量を記憶して、標準的なカロリー量の食物を好むように学習するが、高カロリー食を無理やり食べさせた後は、この好みが失われることが明らかになった。この研究結果の報告が、今週掲載される。

 学習と記憶形成は、環境条件が変化し続ける中での生存に必要な基本的過程であるが、代謝の記憶(摂取した食物に関するカロリー情報の記憶)が代謝恒常性の維持に関与しているかどうかは分かっていない。

 今回、Dongsheng Caiたちは、ショウジョウバエの研究で、代謝情報の学習と記憶に関与すると考えられる複数の遺伝子といくつかの脳領域を同定した。また、今回の研究では、こうした代謝の記憶が、遺伝的変化や慢性的な過食によって容易に破壊され、ショウジョウバエのカロリー摂取量が増えて、糖尿病様の症状が見られるようになること、そして、脳内の遺伝的経路を遮断すると、代謝の記憶が改善され、過食を防止できることも明らかになった。

 また、これと似た代謝の学習と記憶がマウスにも見られ、それが視床下部で起こっている可能性が、Caiたちの予備的研究によって示唆されている。Caiたちは、今回の研究が哺乳類の体重を調節する因子の解明に向けた一歩となることを期待している。



参考文献:
Zhang Y. et al.(2015): Metabolic learning and memory formation by the brain influence systemic metabolic homeostasis. Nature Communications, 6, 6704.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms7704

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
代謝の記憶 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる