雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 北極の地中における土壌微生物による発熱

<<   作成日時 : 2015/06/17 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 北極の地中における土壌微生物による発熱についての研究(Hollesen et al., 2015)が公表されました。この研究は、グリーンランドの6地点で採取された21点の天然の有機質の永久凍土試料における微生物による熱発生を定量化し、2012年から2100年までの間に永久凍土の融解速度と微生物による熱発生速度が加速することを示しています。さらにこの研究は、永久凍土に埋没している考古学的痕跡(有機質の貝塚)に保存された北極における人類の初期活動の証拠が失われてしまう可能性も明らかにしています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


北極の地中における発熱

 北極の土壌微生物が生み出す熱が永久凍土の融解と大気中への炭素の排出を促進している可能性についての報告が、今週掲載される。

 気温が全球的に上昇し、永久凍土が融解しているため、土壌中の有機物質の分解が加速することが予測されているが、この分解によって熱が発生する過程については十分に解明されていない。

 今回、Bo Elberlingたちは、グリーンランドの6地点で採取された21点の天然の有機質の永久凍土試料における微生物による熱発生を定量化し、微生物活動の活発化によって土壌分解速度に影響を与えるほどの熱が発生しているかについて調べた。Elberlingたちのモデルシミュレーションでは、土壌温度と炭素の分解の間にフィードバックループが生じており、これにより、2012年から2100年までの間に永久凍土の融解速度と微生物による熱発生速度が加速することが示された。

 また、Elberlingたちは同様のプロセスによって、永久凍土に埋没している考古学上の特徴(有機質の貝塚)に保存された北極での初期人類の活動の証拠が失われてしまう可能性のあることも明らかにした。



参考文献:
Hollesen J. et al.(2015): Permafrost thawing in organic Arctic soils accelerated by ground heat production. Nature Climate Change, 5, 6, 574–578.
http://dx.doi.org/10.1038/nclimate2590

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北極の地中における土壌微生物による発熱 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる