雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 6世紀〜7世紀の寒冷化と社会変化

<<   作成日時 : 2016/04/20 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは4月20日分の記事として掲載しておきます。6世紀〜7世紀の寒冷化と社会変化に関する研究(Büntgen et al., 2016)が公表されました。この研究は、ロシアのアルタイ山脈とヨーロッパのアルプス山脈で得られた年輪の幅の測定を用いて、西暦で紀元後536年〜660年頃は、それ以外の過去2000年間と比較すると、ヨーロッパとアジアでは異常に寒冷であったことを示しました。この寒冷化は一連の大規模火山噴火と関連した気候のフィードバックが原因であり、この急激な寒冷化が農産物の不作と飢饉だけではなく、社会変化の原因となった環境要因として考慮すべきである、と示唆されています。ヨーロッパとアジアにおける6世紀〜7世紀にかけての、ユスティニアヌス疫病・ローマ帝国の変革・中国政治体制の変化・スラブ語族の拡大・初期アラブ-イスラーム帝国の発展などといった大規模な闘争と変革は、急激な寒冷化が要因ではないか、というわけです。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


社会変化と関連した6世紀と7世紀の寒冷化事象

 西暦536年から660年頃の明瞭な寒冷期は、ヨーロッパとアジアをまたがった劇的な社会的大動乱の時期と一致しているという報告が今週掲載される。著者たちは、この寒冷な時期を、「古代後期小氷期」と名付けている。

 6世紀と7世紀の間は、ユスティニアヌス疫病、ローマ帝国の変革、中国政治体制の変化、スラブ語民族の拡大および初期アラブ-イスラム帝国の発展など、ヨーロッパとアジアで大規模な闘争と変革が起きた。

 Ulf Buntgenたちは、ロシア・アルタイ山脈とヨーロッパ・アルプス山脈で得られた年輪の幅の測定を用いて、この期間は、それ以外の過去2000年間と比較してヨーロッパとアジアは異常に寒冷であったことを示した。彼らは寒冷化は、一連の大規模火山噴火と関連した気候のフィードバックが原因であるとしており、この急激な寒冷化が農産物の不作と飢饉だけでなく、前述した社会変化の原因となった環境要因として考慮すべきと示唆している。

 関連するNews&Viewsの記事でJohn Haldonは、「古代後期小氷期の場合は、十分な精度で年代が決まっており、地球上の広い地域で起きた重要な社会的変化と一致した劇的な寒冷な時代が、因果関係を示す影響を与えうることの極めて明瞭な演繹的な事例となっているようである」と述べている。



参考文献:
Büntgen U. et al.(2016): Cooling and societal change during the Late Antique Little Ice Age from 536 to around 660 AD. Nature Geoscience, 9, 3, 231–236.
http://dx.doi.org/10.1038/ngeo2652

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6世紀〜7世紀の寒冷化と社会変化 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる