雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 新生仔における母親との対面相互作用と後年の社交性との関係

<<   作成日時 : 2016/08/16 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 新生仔における母親との対面相互作用と後年の社交性との関係についての研究(Dettmer et al., 2016)が公表されました。ヒトの幼少期における社会性の発達を支える機構の一つが、介護者と乳児との対面相互作用です。これまでの研究では、アカゲザルの母親と新生仔との対面相互作用が明らかになっていました。この研究は、大きな野外の囲い地で飼育されたアカゲザルの母親と新生仔(10組)を対象として、相互視と断続的な唇鳴らしによって測定される対面相互作用の自然変動を追跡観察しました。

 その結果、生後1ヶ月間に母親との対面相互作用が多かった新生仔の方が生後2〜5ヶ月間における(社会的遊び・他のサルとの距離の近さ・毛づくろい行動によって示される)社会的相互作用が活発だったことが明らかになりました。これとは別にヒトに育てられた48匹のアカゲザルの集団を調べる実験も行われ、無作為に選ばれた被験個体について新生仔期の飼育担当者との対面相互作用が増強されました。この被験個体は、ハンドリングだけを増強した個体や対面相互作用が増強されなかった個体と比較して、生後2ヶ月における社会に対する関心の度合いが高いことが明らかになりました。アカゲザルとヒトは、養育行動と社会性の発達過程に類似点があるため、この研究はヒトの発達を解明する上で役立つ可能性がある、と指摘されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【進化】新生仔ザルの社会的行動にとっての対面相互作用の価値

 母親との対面相互作用が多い新生仔の方が後年になって社交性が高くなることがアカゲザル(Macaca mulatta)の研究で明らかになった。ヒト以外の霊長類の新生仔期における経験が社会的行動に及ぼす影響が長年にわたって持続することが示唆する論文が、今週掲載される。

 ヒトの幼少期における社会性の発達を支える機構の1つが介護者と乳児との対面相互作用だ。これまでの研究では、アカゲザルの母親と新生仔との対面相互作用が明らかになっていた。

 今回、Amanda Dettmerたちは、この種の母親・新生仔間のコミュニケーションの効果が長く持続することを明らかにした。この研究では、大きな野外の囲い地で飼育されたアカゲザルの母親と新生仔(10組)を対象として、相互視と断続的な唇鳴らしによって測定される対面相互作用の自然変動を追跡観察した。その結果分かったのは、生後1か月間に母親との対面相互作用が多かった新生仔の方が生後2〜5か月間における(社会的遊び、他のサルとの距離の近さ、毛づくろい行動によって示される)社会的相互作用が活発だったことだ。これとは別にヒトに育てられた48匹のアカゲザルの集団を調べる実験も行われた。この実験では、無作為に選ばれた被験個体について新生仔期の飼育担当者との対面相互作用が増強された。この被験個体は、ハンドリングだけを増強した個体や対面相互作用が増強されなかった個体と比べて、生後2か月における社会に対する関心の度合いが高かった。

 アカゲザルとヒトは、養育行動と社会性の発達過程に類似点があるため、今回のアカゲザル新生仔の社会性の発達に関する研究は、ヒトの発達を解明する上で役立つ可能性がある。



参考文献:
Dettmer AM. et al.(2016): Neonatal face-to-face interactions promote later social behaviour in infant rhesus monkeys. Nature Communications, 7, 11940.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms11940

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新生仔における母親との対面相互作用と後年の社交性との関係 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる