雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 後期青銅器時代におけるサントリーニ火山噴火後の大洪水の原因

<<   作成日時 : 2016/12/10 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは12月10日分の記事として掲載しておきます。後期青銅器時代におけるサントリーニ火山噴火後の大洪水の原因に関する研究(Nomikou et al., 2016)が公表されました。後期青銅器時代のサントリーニ火山噴火による津波は、ミノア文明の終焉につながる一因だったとする見解が提示されており、9 m以上の高波があったことを示す証拠が、ギリシアのクレタ島のミノア遺跡の発掘現場で発見されています。じゅうらいの研究では、カルデラ(火山クレーター)が海側に崩壊したことが噴火後の津波の原因だった、という見解が提示されています。

 しかしこの研究は、カルデラ下の海底とその周辺の地形を分析し、中心的な噴火が起こった時にカルデラは崩壊していなかったことを示唆する証拠を発見しました。そのことからこの研究は、噴火後に海峡が形成されてカルデラと海がつながり、2日もたたないうちにカルデラは水で満たされたものの、この洪水によって津波が発生した可能性は低い、という見解を提示しています。その代わりとなるこの研究の見解は、海中に急激に流れ込んだ大量の火山砕屑物が充分な量の水を移動させた結果として津波が発生した、というものです。その根拠として、サントリーニ島沖で見つかった最大厚さ60 mの火砕堆積物が挙げられています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【地球科学】サントリーニ火山噴火に伴う津波に関する新説

 後期青銅器時代のサントリーニ火山噴火後に起こった大洪水の原因は、火山物質を含んだ火砕流が海中に流れ込んだことだったという考えを提唱する論文が、今週掲載される。今回の研究は、この火山噴火に伴う津波の発生に関するこれまでの説明に異議を唱えている。

 後期青銅器時代のサントリーニ火山噴火による津波は、ミノア文明の終焉につながる要因の1つだったとする学説がある。9 m以上の高波があったことを示す証拠が、ギリシャのクレタ島のミノア遺跡の発掘現場で見つかっている。これまでの研究では、カルデラ(火山クレーター)が海側に崩壊したことが噴火後の津波の原因だったという考えが示されているが、今回、Paraskevi Nomikouの研究グループは、これとは異なる学説を提示している。Nomikouたちは、カルデラ下の海底とその周辺の地形を分析して、中心的な噴火が起こった時にカルデラは崩壊していなかったことを示唆する証拠を発見した。そして、Nomikouたちは、噴火後に海峡が形成されてカルデラと海がつながり、2日もたたないうちにカルデラが水で一杯になったが、この洪水事象によって津波が発生した可能性は低いという見解を示している。

 Nomikouたちは、むしろ、海中に急激に流れ込んだ大量の火山砕屑物が十分な量の水を移動させて津波が発生した可能性があると考えている。この学説は、サントリーニ島沖で見つかった最大厚さ60 mの火砕堆積物によって裏付けられていると考えられる。



参考文献:
Nomikou P. et al.(2016): Post-eruptive flooding of Santorini caldera and implications for tsunami generation. Nature Communications, 7, 13332.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms13332

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
後期青銅器時代におけるサントリーニ火山噴火後の大洪水の原因 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる