雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒冷期に多様化した海生甲殻類

<<   作成日時 : 2016/12/13 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは12月13日分の記事として掲載しておきます。海生甲殻類の種分化速度と気候変動についての研究(Davis et al., 2016)が公表されました。気候変動により、生物種の生息場所が生息に適さなくなり、絶滅速度が上昇する場合がある一方で、全球気温の上昇により陸生脊椎動物と海生脊椎動物の種分化速度が上昇する、という気候と種分化速度の関係が複数の研究によって明らかになっています。この研究は、過去2億年の異尾下目における種分化速度と気候の関係を調べた結果、種分化速度の顕著な変化が起きたのは過去1億年間に限定されていた、と明らかにしました。

 海生甲殻類(ヤドカリ・タラバガニ・オオコシオリエビなど)のような海洋クレードの種分化速度が気温と負の相関関係にあったのに対して、異尾下目の一つである淡水クレードは、気温が上昇すると種分化速度も上昇しました。全球的な寒冷化が、テクトニクス活動と海流の変化・海水準の低下・利用可能な酸素量の増加を通じて、海生甲殻類の生息地に変化をもたらした、と考えられています。これらの知見は、今後の地球温暖化により、種分化速度が上昇する生息地と低下する生息地があることを示唆しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【進化】全球的に寒冷化した時期に多様化速度を増した海生甲殻類

  過去に全球気温が低下した時期に、異尾下目の海生甲殻類(ヤドカリ、タラバガニ、オオコシオリエビなど)の種分化速度が上昇したことを明らかにした論文が、今週掲載される。全球的な寒冷化が、テクトニクス活動と海流の変化、海水準の低下、利用可能な酸素量の増加を通じて、海生甲殻類の生息地に変化をもたらしたと考えられるのだ。

 気候が変化すると、生物種が生息していた場所が生息に適さなくなり絶滅速度が上昇する場合がある。その一方で、全球気温の上昇によって陸生脊椎動物と海生脊椎動物の種分化速度が上昇するという気候と種分化速度の関係が複数の研究によって明らかになっている。

 今回、Katie Davisたちは、過去2億年にわたる異尾下目における種分化速度と気候の関係を調べた。その結果、種分化速度の顕著な変化が起きたのが過去1億年間に限定されていたことが分かった。海洋クレードの種分化速度は、気温と負の相関関係にあった。これに対して、異尾下目の1つの淡水クレードは、気温が上昇すると種分化速度も上昇した。

 以上の知見は、今後の地球温暖化によって種分化速度が上昇する生息地と低下する生息地があることを示唆している。



参考文献:
Davis KE, Hill J, Astrop TI, and Wills MA.(2016): Global cooling as a driver of diversification in a major marine clade. Nature Communications, 7, 13003.
http://dx.doi.org/10.1038/ncomms13003

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寒冷期に多様化した海生甲殻類 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる