雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『おんな城主 直虎』第29回「女たちの挽歌」

<<   作成日時 : 2017/07/26 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 これは7月26日分の記事として掲載しておきます。直虎(次郎法師)は徳川家康に書状を送り、上杉と同盟を組んで武田の今川攻めの動きを封じ込む策を進言します。今川では、1568年(西暦は厳密な換算ではなく、1年単位での換算です)3月、寿桂尼が亡くなります。駿府に弔問に赴いた小野政次(鶴丸)は、今川はもう終わりで、武田が今川領に攻め込んでくるだろう、と直虎に見通しを語ります。直虎からの策に一度は乗ろうとした家康でしたが、武田から今川攻めの誘いが来ます。家康は、井伊が今川につくのか、それとも徳川につくのか、直虎に決断を迫ります。家康は井伊が徳川につく証として、虎松(井伊直政)の母である「しの」を人質に出すよう要求します。徳川からの使者である松下常慶の一族に「しの」を嫁がせる、という形にすればよいのではないか、というわけです。

 直虎が「しの」に人質の件を伝えると、「しの」は文句を言いつつも、人質となる決意を直虎に伝えます。虎松は直虎に文句を言いますが、それは虎松に難問を考えさせて成長させよう、との「しの」の意図によるものでした。「しの」は虎松を説得し、人質として嫁ぐことになります。直虎は、武田と組んではどうか、と政次に尋ねますが、遠江が徳川領との密約があり、武田と徳川が将来対立するかもしれないなか、武田につくのは危険だ、と政次に指摘されます。直虎は松下常慶にたいして、武田との提携の可能性にも言及しつつ、徳川には逆らわないが、その後の軍役には従えない、と要求し、松下常慶もそれを受け入れます。駿府には武田から山県昌景が訪れ、遠江を譲れば今川が上杉と結んだことを不問にする、と伝えますが、今川はこれを撥ねつけ、ついに今川氏真も武田との戦いを決意します。今回は、周辺の大勢力の均衡が崩れていくなか、国衆の動揺が描かれていてなかなか面白くなっていた、と思います。井伊にとって苦難の時代が近づくなか、やはり注目されるのは政次の最期で、どのように描かれるのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おんな城主直虎 第29回「女たちの挽歌」
寿桂尼が亡くなる頃、世の中はいよいよ大きく動き出し、駿府にいる今川氏真も武田との絶縁が決定的になって戦になる前触れが忍び寄ってきます。その中で周囲の戦国大名の神経戦が始まっており、徳川も上杉と組むか武田と組むか振る舞いを迫られます。しかし時はすでに今川の戦力がほとんどないと見る向きが強く武田とともに遠江、駿河を攻めた方が得策という結論に至るのは至極当然のことでしょう。 そんな周囲の状況から、今川から徳川に乗り換えようとする井伊家の選択は誤ってはいないと思いますが、かなりリスキーであることは間違い... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/07/23 23:16
『おんな城主直虎』第26〜30回、龍雲丸は嫌だが徐々に面白くなってきたか?
皆さんこんばんは。今回は昨年のNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』第26〜30回についての感想です。まずはあらすじです。龍雲丸(柳楽優弥)らが材木を取り戻すことによって今川氏真(尾上松也)からの疑惑を解いた井伊直虎(柴崎コウ)。事なきを得たかに思えたが、今度は今川 ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2018/01/23 19:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『おんな城主 直虎』第29回「女たちの挽歌」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる