篠田謙一『日本人になった祖先たち』

 NHKブックスの一冊として、2007年2月に日本放送出版協会から刊行されました。ミトコンドリアDNAの分析からみた、現生人類の各集団の系統関係・移動経路や日本人の成立過程について論じられていますが、Y染色体DNAの分析にも1章割かれています。
 古人類学に興味のある私ですが、ミトコンドリアDNAのハプログループの分析による人類集団の区分や起源論にはこれまでさほど関心が強くなく、あまり本を読んでこなかったので、手ごろな入門書として読んでみようと思った次第ですが、なかなかの好著だと思います。

 本書のもっともよいところは、ミトコンドリアDNAの分析による現生人類の各集団の系統関係・移動経路について、現時点での研究には限界があるということを強調し、考古学や形質人類学など他分野との学際的研究が望まれる、と強調しているところです。
 一般向け書籍の中には、こうしたDNA分析による人類集団の系統関係の構築について、その限界が強調されていないものが多く、素人の中には、分子遺伝学の一般向け書籍のなかの一部のデータを根拠に、日本人の起源は**にあるとかないとか単純に論じる人が少なからずいるだけに、ややくどいくらいに限界が強調されていたのには好感が持てます。

 本書では、日本人の成立については、大枠ではいわゆる二重構造論が踏襲されているといえるかもしれませんが、縄文時代の日本列島の人々も、多様な地域から流入してきたことが指摘されていて、これはじゅうらいの私の考えと同じでした。ただ、本書にて最新のデータを知り、細かな地域差まで知ることができたのは収穫でした。
 ただ、遺伝的近縁性を融和の根拠にするという本書の姿勢には賛同できません。著者に平和への素朴な願望があるというのは読んでいて分かりましたが、現実の人類社会と遺伝子とは、あくまで切り離して考えるべきだろうと思います。もちろん、人類社会を成立させている根本要因として各個人の遺伝子があるわけですが、基本的に現代の各人類集団間の相違は、集団間の遺伝的違いではなく、社会的な蓄積の違いに起因するでしょうから、遺伝的近縁性は人類融和の根拠にはなりえないと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 篠田謙一「DNA解析が解明する現生人類の起源と拡散」

    Excerpt:  『地学雑誌』118巻2号に掲載された報告です。篠田氏の著書としては、『日本人になった祖先たち』が有名です。これといって目新しい見解はないのですが、さすがに篠田氏は手堅く簡潔にまとめているな、と思いま.. Weblog: 雑記帳 racked: 2009-10-14 00:01
  • 篠田謙一『DNAで語る日本人起源論』

    Excerpt:  岩波現代全書の一冊として、岩波書店より2015年9月に刊行されました。本書は遺伝学の研究成果に基づく日本人形成論です。本書の特徴は、一般読者を想定した丁寧な解説です。遺伝学に基づく人類進化の研究に関.. Weblog: 雑記帳 racked: 2015-10-13 00:00
  • David Reich『交雑する人類 古代DNAが解き明かす新サピエンス史』(追記有)

    Excerpt:  デイヴィッド=ライク(David Reich)著、日向やよい訳で、NHK出版から2018年7月に刊行されました。原書の刊行は2018年3月です。著者は古代DNA研究の大御所で、当ブログでも、著者の関.. Weblog: 雑記帳 racked: 2018-08-21 17:58
  • 篠田謙一『日本人になった祖先たち DNAが解明する多元的構造』

    Excerpt:  NHKBOOKSの一冊として、2019年3月にNHK出版から刊行されました。本書は2007年2月刊行の『日本人になった祖先たち』(関連記事)の改訂版となります。本書は基礎的な解説に分量を割いており、.. Weblog: 雑記帳 racked: 2019-04-27 06:50