雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 新川登亀男『聖徳太子の歴史学』

<<   作成日時 : 2008/03/08 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 講談社選書メチエの一冊として、2007年2月に刊行されました。「近代に創られた“古代”の報告」を主題に、古代・中世・近世の聖徳太子像も含めて、聖徳太子像がどのように形成されてきたのか、当時の時代思潮に即して説明されています。本題もなかなか面白かったのですが、本題の根拠として挙げられた事例の中には、とくに法隆寺関係で私の知らないことが少なからずあり、自分の不勉強と無知を改めて思い知らされました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新川登亀男『聖徳太子の歴史学』 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる