ニュージーランドトロフィー・阪神牝馬ステークス結果、桜花賞予想

 中山ではNHKマイルカップの前哨戦であるニュージーランドトロフィーが行なわれ、ダンツキッスイが前走に続いて大逃げをうったのですが、さすがに飛ばしすぎたのか、直線半ばまで粘ったものの最後は失速して12着に終わりました。勝ったのはサトノプログレスで、1番人気の2歳王者ゴスホークケンは、4~5番手につけたものの直線で失速して着と惨敗しました。ゴスホークケンは、楽に逃げられないと力を出せないということなのか、それとも2歳の時点でほぼ完成してしまっており、3歳になってからあまり成長がなかったのか、現時点では判断の難しいところで、次のNHKマイルカップでの走りが注目されます。

 阪神ではヴィクトリアマイルの前哨戦である阪神牝馬ステークスが行なわれ、逃げたエイジアンウインズがそのまま押し切って勝ち、2着にはブルーメンブラットが追い込んできました。エイジアンウインズは重賞初挑戦での勝利となりましたが、本番のヴィクトリアマイルにはダイワスカーレットとウオッカが出走してくるでしょうから、勝つのは難しそうです。


 明日は中央競馬で今年初のクラシックとなる桜花賞が行なわれます。今年の3歳戦線は牡馬も牝馬も混戦模様ですが、最有力は牝馬相手に負けていないリトルアマポーラでしょうか。京成杯では窮屈なところに入ってやや脚を余した感も受けましたが、牡馬クラシック路線の最有力候補マイネルチャールズとは0.2秒差とまずまずのレースをしていて、牝馬相手のここは完勝も期待できると思います。2歳女王のトールポピーは、フサイチホウオーの全妹なので成長力に疑問がありますが、この時期までなら好勝負できるでしょう。ブラックエンブレムは力で押し切る競馬ができそうです。印は以下の通りです。
◎リトルアマポーラ、○トールポピー、▲ブラックエンブレム、△オディール、△エアパスカル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック