陳思「チベット事件についての討論ノート」

 今年4月16日分の記事にて、梁文道氏のチベット論を紹介しましたが、そこでは在野の学者である陳思氏について触れられていました。その梁文道氏のチベット論を日本語に訳されたブログ主さんが、今度は陳思氏のチベット論を日本語に訳されました

 今年の3月のチベット情勢の緊迫化以降、さまざまなチベット論を読んできましたが、そのなかで梁文道氏のチベット論はとくに優れたものであり、チベット問題についての自分の勉強不足を改めて痛感するとともに、不勉強な自分がこれ以上チベット問題を論じることが空しくなってしまったので、梁文道氏のチベット論を紹介した記事を掲載した後は、チベット問題についてこのブログでは取り上げませんでした。

 チベット問題についての勉強不足は一ヶ月経過した現在も変わっていないので、この記事でチベット問題について独自の見解を強く主張するというわけではないのですが、陳思氏のチベット論も優れたものだと思いますので(ダライ=ラマ14世を理想主義者として描きすぎのようにも思いますが)、宣伝の意味で取り上げることにしました。もっとも、このような過疎ブログで宣伝しても効果はあまりなさそうですが、まあそれでも、宣伝しないよりはましでしょう。


 チベット問題のような国外の問題への関心は、日本国内では一過性のもので終わることが多く、たとえばかつて日本でも熱心に報道されたバルト三国の問題は、現在の日本ではほとんど関心を持たれていません。もちろん、ソ連邦から独立するという形でバルト三国の問題は一応解決し、今では三国とも北大西洋条約機構と欧州連合の一員なのですから、関心が低下するのは仕方のないことかもしれません。しかし、こうした問題にたいしてすぐに関心を失ってしまうと、大事なことを見逃してしまう恐れもあるのではないか、と思います。

 チベット問題は、残念ながら早期に解決する見通しが立っていないので、日本でもバルト三国の問題よりは関心が長く続くでしょうが、問題が長引くだろうからということだけではなく、中国政府がチベット問題で展開している論理は、日本にとってバルト三国の問題よりもずっと関連が深いだろうという意味でも、注目し続ける必要があるでしょう。もっとも、中国にとってチベットと日本の地位には大きな違いがある、ということは大前提としなければなりませんが。


 チベット問題に詳しい日本人は少ないでしょうから、私もそうですが、「識者」の見解にどうしても強い影響を受けてしまいます。そのさいに重要なのは、「識者」の質を判断することで、大して学識も思考力もないのに、中国嫌いの感情からやたらとチベットを持ち上げ、中国を「過激」に批判していないか、見極める必要があると思います。

 たとえば、東田さんがブログで徹底的に批判されている勝谷誠彦氏は、チベット問題をよく取り上げていらっしゃるようですが、チベット問題についての勝谷氏の言動に問題が多いことは、東田さんのブログの最近の記事でよく分かります。
http://blog.livedoor.jp/manguhsai/archives/699009.html
http://blog.livedoor.jp/manguhsai/archives/705597.html
http://blog.livedoor.jp/manguhsai/archives/711906.html
http://blog.livedoor.jp/manguhsai/archives/714328.html

 日本人がチベット問題に関心をもつのはよいのですが、日本のテレビや雑誌などで取り上げられるチベット論のなかには、勝谷氏のそれのように低水準なものもあるでしょうから、私のようなチベット研究者ではない視聴者・読者は、できるだけ多くの「識者」から情報を得て、判断することが必要なのだと思います。

この記事へのコメント

suzuran
2008年05月16日 14:51
東田さんのブログ、覗いて見ましたが、どうやら勝谷氏から批判されたことで個人攻撃してるのかな、、、という感じがしました。
「勝谷・・・の華麗なる脳みそ」というブログ名自体からして、そんな感じがしますよね。確かに勝谷氏は扇情的な表現が多く批判に一理あるとは思いますが、皮肉にも、このネーミング自体、勝谷氏と同じセンスで扇情的ですね。さらに東田さん個人のチベット問題へのご意見がなかったのが腑に落ちませんでした。
東田 万偶斎
2008年05月16日 18:26
ご紹介いただき、ありがとうございます。
しかし、この流れで紹介されるのはちょっと恥ずかしいです。
私自身、チベット問題に関しては、まったくの不勉強ですから。
ここで紹介されている両氏の記事を読んで勉強する気になったという段階です(おっしゃるように、特に梁文道氏のほうは面白かったです)。

suzuranさん、
というわけで私はチベット問題に関しては何も言えないんです。もともとそういう記事ではないですしね。
2008年05月16日 20:12
>suzuranさん

東田さんのブログの名称が扇情的というところはありますが、その他の疑問点については、東田さんのコメントやブログの記事をお読みいただければ、解消されるようにも思います。もっとも、私が出娑張る問題でもないので、私からはここまでにしておきます。


>東田さん

梁文道氏の記事は、読み応えがあると思います。勝谷氏のような人にも読んでもらいたいものです。
がんのすけ
2008年05月16日 23:45
梁文道氏の論文、瞠目して拝見しました。チベットについて無知な私にとっては、そこに書かれたことの正否は判断できませんが、冷静な筆致にはずいぶん説得力がありました。チベットに関する日本の報道は、ダライ・ラマ師の魅力によってか、ずいぶん大きなバイアスがかかっているのだなあ、と思いました。
ダライ・ラマ師が優れた人であることで、チベット人もまた優れた存在なのだとし、それに対する北京政府を抑圧者ととらえる構図は、ヨーダ率いるジェダイの騎士 vs ダース・ベイダーを擁する帝国軍というストーリーを思い浮かばせます。
善悪二極という単純明解な構図に支配されて、そこにある歴史への気づきが置いてけぼりにされ、問題の本質を見誤ることがあるということを、この論文は教えてくれました。
マスコミがどこかの民族や国家集団のプロパガンダを増幅して伝え、それに振り回されてた、ということです。感情に流されず、一歩も二歩も引いて観察するよう、心がけねばなりませんね。

2008年05月17日 00:09
がんのすけさん、そうですね。

善悪二元論や勧善懲悪といった構図での説明はすっきりして分かりやすいのですが、世の中のことはなかなかそうも単純に割り切れるものでもありませんよね。

欧米には一種のチベット・オリエンタリズムとでも言うべきものがあり、日本も影響を受けていますから、日本でのチベット問題の報道にもある種の偏りが出てくるのは避けられないと思います。

もちろん、だからといって中国政府の公式見解が妥当だということにはなりませんけど。
2008年05月17日 11:27
確かに、中国のチベット政策に全く欠陥がないなどとは思いませんが、アジアからはこういう意見も出ているのだと言うことを紹介させていただきます。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080507-00000010-scn-cn
 それによれば、「シンガポール外相は取材を受けた際、『ラサの暴力事件は一部の組織の策略によるものだと信じている。中国政府は適切に処理したのであって、責められるべきではない』と述べた上で、『騒動を企画したのは五輪大会を利用して中国を脅かそうとする組織で、騒動事件がエスカレートしたのも裏で操る者がいたためだ』と指摘した。」と言います。
2008年05月17日 11:30
連投申し訳ありません。少なくとも、上で紹介したシンガポール外相の発言は、チベット亡命政府の発表を信じて行われたものではないと考えます。
2008年05月17日 13:29
チベット問題についての私の関心は、たとえば今年3月のチベット情勢の緊迫化は誰が「仕掛けた」のかという短期的視点よりも、なぜ現在まで続いているのかという長期的視点のほうにあります。

今年3月のチベット情勢の緊迫化にさいして、一部の組織、たとえばチベット青年会議やそれと通じている組織の「扇動」があった可能性はありますが、かりにそうだとして、今年3月のチベット情勢の緊迫化に限定したとしても、チベット青年会議などの「策略」を批判して事足りるというものではないと思います。

と偉そうなことを言ってみても、現時点では私のチベット問題についての勉強不足は否めず、梁文道氏の論考を超えるようなことを言えるわけではありませんが。
2008年05月18日 15:23
 日頃、支那の共産党政権にシンパシーを表明している日本人たちが、ようやく、声を出しはじめたように思う。それへの、感想は、長くなるのでTBさせていただきました。レスをいただければ、幸いです。
suzuran
2008年05月18日 16:56
「民族絶滅の危機」とオリンピックと。一体どちらが優先されるべきか。
チベットにすれば最大のチャンスを逃せば、あとは衰退、絶滅が待っている、となればどんなチャンスでも逃さず必死に抵抗を試みることは、果たして悪なのでしょうか?お祭りと絶滅と。
suzuran
2008年05月18日 17:02
東田さんへ。レスをどうもでした。
実は私は貴方のネーミング感覚気に入ってるんですよ、勝谷氏と同じく。刺激的で面白いです。でもね、失礼なんですけど、チベットについてほとんど知らないまま、勝谷氏のチベット侵略に関する言論を、批判する事が可能でしょうか。それでははっきり言って、単なる子供のけんか、にならないでしょうか。
2008年05月19日 00:01
suzuranさん、チベット族のなかに、北京五輪直前というこの時期を利用して色々と抵抗するというか、抗議行動を起す人々が出てくるのは当然でしょう。

問題はその抗議行動の内容で、たとえばダライ=ラマ14世が五輪妨害行動などへの自制を呼びかけているのは、亡命者を中心としたチベット族の政治力の源泉がどこにあるかということを意識しているからでしょうし、おそらくはウイグル問題とチベット問題の欧米での認識の違いも重要な判断材料になっているものと思います。

もっとも、長期的に見てダライ=ラマ14世の方針がチベット族の多数にとって吉と出るのか、保証はありませんが。
2008年05月19日 04:16
 suzuran は「果たして悪なのでしょうか?」と問いかけている。劉公嗣さんは「吉と出るのか」と、結果の心配にすりかえている。
 本題はチベット族の自決権だ。だれもが、これは否定できない。あからさまにチベット族の自決権を否定する議論はできない。すりかえて、ごまかすのがせいぜいなんだよね。
2008年05月19日 20:00
suzuranさんの問いには「当然でしょう」と答えています。悪とは考えないという前提のもとで、チベット族にとってどのような具体的行動・方針がよいのだろうか、と問題提起したわけです。まあ、罵愚さんの読解力については承知していますから、相変わらずの的外れなご指摘にも別に驚きませんが。

自決権について言えば、たんに自決権を叫んで媚中派をやり込めたように錯覚しているのは、具体性もなくただ平和を主張しているのと変わらず、そうした意思表示も必要でしょうが、私はそんな言説に一々応対するつもりはありません。

トラバいただいた記事は、媚中派の分析からしてあまりにも不充分というか粗雑で、贖罪意識と優越・差別の視点くらい取り上げるべきでしょう。

このさいはっきり申しあげると、時代遅れの馬鹿な左翼をいたぶることが目的だと告白し、しつこく絡んでくるような人間性の方には、議論になっている問題について一定水準以上の学識を要求します。そうでないと、応対しても私には得るものがありませんから。
2008年05月21日 04:11
 いやいや、チベット族の運動は理解しながら「抗議運動の内容」に疑問をはさみ「善悪二元論や勧善懲悪といった構図で…世の中のことは単純に割り切れるものでもありません」という。あなたの、その論法が本題の民族問題から話題を捻じ曲げる以外の、どんな理由があるのでしょうか?
 侵略以前のチベットの状況や、侵略後の経済発展やら、チベット族の内部対立は、自決権とはなんの関係もない。これをとりあげた梁文道氏のチベット論は、論点をねじ曲げる以外の、なんの説得力もありませんよ。これを評価して「勝谷誠彦氏は、低水準」と決めつけるからには、あなたにはその理由をご説明願いたいのです。「一定水準以上の学識」とやらを込めて説明してみせてください。それができなければ、この記事そのものの真贋が疑問になりかねません。
がんのすけ
2008年05月21日 12:51
 久しぶりに「核武装と日本の軍事戦略」という太田述正さんのブログを覗いてみましたら、「チベット騒擾」なる連載コラムがアップされていました。先月からとぎれとぎれに公開なさったようで、21日現在、1~6と9が読めます。論拠が明解で、たいへん分かりやすいです。小生、未公開分を楽しみに待っているところです。
 この方のコラムには典拠が示されております。チベット関連の原典はほとんど英語ですし、たまにWiki…なんてこともありますが、それだけ日本ではなじみの薄いテーマなのでしょう。こちらの無知も宜なるかな、と、変な安堵を覚えたりもします。
 すでにご存じでしたら、余計なお世話、ということで、ご寛恕くださいますよう。
suzuran
2008年05月21日 15:05
レスをどうもです。
>できるだけ多くの「識者」から情報を得て、判断することが必要
全く同感です。
>北京五輪直前というこの時期を利用して色々と抵抗するというか、抗議行動を起す人々が出てくるのは当然でしょう。問題はその抗議行動の内容で、

抗議することは当然だろう、が、その内容が問題、とのご認識のようですが、では他にどのような効果的なやり方があるか、できれば具体的な提案をお願い出来れば幸いです。
2008年05月21日 19:57
チベット族への抑圧の改善と主体性の回復が必要との欧米の主流的見解を、梁文道氏も共有していると私は考えています。

問題は、自決権の具体的内容とそれを実現するための行動内容です。

チベット族の自決権とはいっても、どの水準まで要求するのか、チベットの範囲はどこまでなのかといった難問を多少なりとも解決できそうな有効な言説を提示するには、歴史的経緯も含めてチベットとその周辺地域の実情を詳しく把握する必要がありますが、こうした点で梁文道氏のチベット論は示唆に富むものだと考えています。

自決権を主張することも必要ですが、ただ自決権を叫んで脳内の仮想敵をやり込めて悦に浸るような、具体性・現実性のない言説には興味がありません。

たとえば、平和の大切さは多くの人の共通認識でしょうが、実情を考慮せず平和を主張するだけでは有効な言説になり得ませんし、日本が非武装中立政策を実行したらその周辺地域は平和になるといった言説には無理があるでしょう。

罵愚さんのご指摘は、平和構築の前提となる実情の指摘や非武装中立政策の否定は、本題の平和をねじ曲げるのが目的だ、との主張と論理が似ています。
2008年05月21日 19:57
はっきりと申しあげると、罵愚さんのコメントや記事を読んで私が知的刺激を受けたことはありません。

人間性に大きな問題があるのに、大して学識も思考力もなく、固定観念に基づいて陳腐で的外れな言説を繰り返すだけの粘着質な人に応対しても、私の得るものはないということです。

人間性に大きな問題があっても、一次史料とフィールドワークに基づいて深みのある指摘をするとともに、中国政府の見解を論破できるだけの確実な根拠を提示できるか、先行研究をかなり咀嚼したうえで議論を展開できるのなら、私にも得るものがありますので、応対して教えを乞うつもりです。

もちろん私自身は、チベット問題も含めて多くの場合はそんな水準に達していないわけですから、私とのやり取りでとくに人間性に問題があることを見せない人にたいしてはそんな要求はせず、基本的に普通に対応します。

私を愚弄したいという罵愚さんの情念は分かりますが、罵愚さんには無理でしょう。本当に大迷惑なので、私に絡むのはいい加減にしてもらえませんかねぇ?
2008年05月21日 19:58
がんのすけさん、太田述正氏のサイトは以前から知っていていくつか読んでいましたが、紹介されている外国の記事には興味深いものもあります。欧米と比較して日本ではチベット問題への関心が低かったのは否定できませんが、チベット問題での中国政府の論理には、日本とも関係してきそうなものも含まれていますので、日本でも今後は、今ほどの関心は長く維持できないにしても、以前よりは高い関心が続くのではないかと考えています。

suzuranさん、私ていどの見識では、他人を納得させられるような具体的提案の提示は無理です。チベット族にとって最大の政治的資産は欧米諸国の国民の同情だと思いますので、私が想定しているのは、それを維持し拡大できるような映画の製作や整然とした抗議集会など、欧米のメディアを意識し利用する活動くらいです。基本的に、直接の妨害・破壊を伴うような形での抗議活動は欧米の視線という視点からはよくないと思うのですが、私の見解が妥当なのか、自信はありません。また、完全な独立・高度な自治など、何を目標とするのかによっても抗議行動を変える必要があるでしょう。
2008年05月23日 00:43
劉公嗣さん、この記事すごい閲覧数ですね。本当にうらやましいです。正直言って、私は某氏のトラックバックは差別的内容を含んでいると考えて差し止めているのですが、はっきり言って、彼のトラックバックは無知の極みです。
 正直、まとまった記事を書きたいのですが、なかなか自分には力がありません。近頃、この方のブログにも出入りさせてもらっているので、よろしければご参照下さい。
 本当はここに書いた内容をまとめたいのですが、なかなか根気がわきません。
 http://lailai-hanyu.at.webry.info/200804/article_17.html#comment
 
2008年05月23日 19:21
以前も、罵愚氏の的外れなコメントが続いたので、大迷惑だから二度と私には関わらないでほしいと言っておいたのですが、粘着質な人だけに、やはりまたしても絡んできました。

とにかく、多くのブログに登場しては絡むという人ですから、ご紹介いただいたブログの記事を見たときも、やはりなあと思ったものです。

ただ、罵愚氏のコメント・トラックバックについては、現在までの分は私が法的責任を問われるような内容ではない、との判断のもと削除していません。

付け入る隙を与えないようにするのが有効だとは思うのですが、大して学識・思考力がなく、その貧弱な知性で絡みやすそうだと判断した相手を愚弄しようとする性根の腐った人ですから、今後も私のブログも含めて多くの人に絡み続けるのでしょう。

これ以上しつこく的外れなコメント・トラックバックが続けられるようだと、何らかの対策を考えなければなりません。

それから、この記事はかなりの閲覧数になっていますが、これは東田さんのところのような人気ブログで紹介していただいたからでしょう。
suzuran
2008年05月28日 15:30
管理人さん、レスをどうもです。
ダライラマが言う「高度な自治」とは「チベット仏教やチベット文化の存続」が主な内容ではないか、と思います。私には今回の聖火リレー妨害は賛否両論あると思いますが、国際世論に訴える最大の効果があった、と思います。胡主席来日の時のスタンスも、四川大地震での日本への人的支援部隊の要請も、あのチベット人達のデモが起因しているように思います。
2008年05月28日 23:56
確かに、中国政府の対日方針にチベット問題も影響しているでしょうし、もちろんそれだけではなく、聖火リレー妨害の効果は大きかったでしょうが、チベット族への同情心を失うか減退させる人も中にはいたでしょうから、それによりチベット族が失ったものもあるだろうと思います。もっとも、チベット族が失ったものとはいっても、私が懸念するほどではないかもしれません。

「チベット仏教やチベット文化の存続」ならば、現在でもじゅうぶん実現されている、と中国政府は主張するでしょうから、チベット族の多数が満足するような「高度な自治」の実現となると、なかなか難しそうです。

この記事へのトラックバック

  • 媚中派日本人のチベット問題

    Excerpt: 「陳思「チベット事件についての討論ノート」」について  日頃、中国大嫌いな日本人が、チベット蜂起のニュースに接して、さらに中国が嫌いになってしまった例はありうる。長野の聖火リレーでチベット国旗を振った.. Weblog: 罵愚と話そう「日本からの発言」 racked: 2008-05-18 09:28