大河ドラマ『天地人』第2回「泣き虫 与六」

 昨日放送分の感想です。与六(直江兼続)と喜平次(上杉景勝)の心が通じ合う展開の描き方が、薄すぎるというか雑だったように思います。与六(直江兼続)と喜平次(上杉景勝)の関係はこの作品の要の一つと言ってもよいわけですから、もっと丁寧に描くべきだったのではないでしょうか。上杉輝虎(謙信)の出演が少なかったのは残念ですが、次回以降に期待したいところです。

 今回の終盤より、与六役の演者が子役の方から妻夫木聡氏に代わりましたが、やはり演技面がさっぱりで、なんとも困ったものです。とりあえず、謙信が没するまでは見続けようと思っているのですが、主役の演技がこんな状態で、話もつまらないとあっては、次回で脱落することになるかもしれません。次回は、多少は面白くなることを期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 天地人 第2回「泣き虫、与六」

    Excerpt: 天地人が全47回であることが発表され、心なしか話の展開が早いような気がしてなりません。なんでもNHKの思惑で12月にドラマをやるために、どうしても11月中に終わらせる必要がある... Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-01-12 01:07
  • 天地人 第2話

    Excerpt: 無理やり連れてこられてしまった与六も、不満を抱きながらも雲洞庵で修業生活が始まりました。 Weblog: 一期一会の彩りを求めて・・・ racked: 2009-01-12 06:51