大河ドラマ『龍馬伝』、龍馬の暗殺者に市川亀治郎氏

 『龍馬伝』で龍馬暗殺の実行犯である京都見廻組の今井信郎・佐々木只三郎・渡辺篤を演じるのが、市川亀治郎・中村達也・SIONの各氏である、と発表されました。
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20101027mog00m200027000c.html

 おそらく、明治時代の坂崎紫瀾のインタビューにおいて、今井信郎の視点から龍馬暗殺が語られる、という設定になるのでしょう。市川氏と香川照之氏は初共演とのことで、これも楽しみです。市川氏のことは、大河ドラマ『風林火山』ではじめて知ったのですが、序盤はその演技に不満を持ったものの、途中からは高く評価するようになったので、この配役は本当に楽しみです。重要な役を小出しにしていくのが『龍馬伝』の特徴でしたが、配役発表はこれが最後になるのでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

みら
2010年10月30日 23:03
こんばんわ
昨日NHK教育テレビで歌舞伎座のさよなら公演の模様を放映していたので夜更かしをしてみちゃいました。
演目は助六で豪華キャストで面白かったです。

明日は龍馬ですね、それと競馬予想はしないんですか?
2010年10月31日 00:03
近年の日本の競馬、とくに芝競馬については、低迷しているという印象が強いこともあって、以前ほど熱心ではありません。それでも、天皇賞(秋)はそれなりに楽しみにはしていますが。

この記事へのトラックバック