『あまちゃん』第26週(最終週)「おらたち、熱いよね!」

 これは9月30日分の記事として掲載しておきます。ついに最終週を迎えました。最終回は詰め込み気味な感もありましたが、勉さんにもヒビキにも見せ場があり、悪くはなかったと思います。アキとユイの前向きな姿勢を見せて終わるという最後も良い脚本・演出でした。何かを達成しての満足感で締めるというのではなく、大災害により一度失われた日常生活をじょじょに取り戻しつつあるなかでの達成感と前向きな姿を見せるという最後は、東日本大震災も描いたドラマとして悪くなかったと思います。東日本大震災をドラマとするには難しいところも多々あったでしょうが、この作品は少なくとも失敗はしていないように思います。

 最終週の見どころは鈴鹿ひろ美の歌で、春子・太巻・鈴鹿ひろ美の因縁が最終的に解決することになりました。東日本大震災の少し前の時点で、この三人のわだかまりは解けたようにも思えたのですが、鈴鹿ひろ美はまだ引きずっていました。やはり、この三人の因縁が作品の重要な背景としてあったのだな、と改めて思います。朝の連続テレビ小説としては最もはまった作品だけに、ついに終わって寂しさは否めません。この作品は、朝の連続テレビ小説としては実験的・野心的だったように思います。こうした試みが常に成功するとは限らないでしょうが、今後も時としてこうした作品を見たいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック