『太陽にほえろ!』341話「同期生」8

 明日(11月9日)からしばらく留守にするかもしれないので、とりあえず来週分までまとめて更新することにします。これは11月14日分の記事として掲載しておきます。

 ゴリさんとその同期生の刑事との関係が軸となって話が展開していきます。ゴリさんとその友人・先輩などとの関係が軸となった回は、ゴリさんの友人・先輩などが犯人で、かつての信頼関係が失われ、悲劇的な結末になることが少なくないのですが、今回は、ゴリさんの同期の刑事は犯人でもなく死ぬわけでもなく、最終的には、表面上はいがみ合いつつも、お互いに相手を認め合うという結末になっています。ゴリさんの同期役の久富惟晴氏は、『太陽にほえろ!』にたびたび登場していますが、今回もなかなかの好演だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

いち
2013年11月10日 08:03
おはようございます。太陽にほえろ!の更新がとてもうれしく思います。
DVDボックスは私も購入しました。「同期生」はオーディオコメンタリー付きですごいおもしろいですね~。いろんな話が飛び交いました。ゴリさんのクセ、監督の特徴、ナーコの演技、新宿のロケ、新人刑事のテスト出演、ボンのコート、木之元亮のご家族、など数多くの話が滞りなく聞くことができ、非常に楽しかったです!
2013年11月13日 21:19
DVDボックスでは色々と興味深い話を聞けますよね。

ボン・ロッキーコンビは話もなかなか上手いと思います。

この記事へのトラックバック