第86回選抜高校野球大会八強決定

 まだ日付は変わっていないのですが、3月31日分の記事として2本掲載しておきます(その一)。開幕前に準々決勝進出校を福知山成美・履正社・日本文理・報徳学園・智弁学園・明徳義塾・広島新庄・横浜と予想しました。
http://sicambre.at.webry.info/201403/article_18.html

 昨日で2回戦が終わり、準々決勝進出校は福知山成美・履正社・豊川・沖縄尚学・佐野日大・明徳義塾・桐生第一・龍谷大平安となり、予想の結果は3勝5敗でした。報徳学園ではなく沖縄尚学が、智弁学園ではなく佐野日大が、横浜ではなく龍谷大平安が勝ちあがってきたことは、ある程度予想していたので納得しています。今年から、以前のように準々決勝4試合が1日で行なわれるようになりましたが、以前と異なるのは、準々決勝と準決勝との間に1日休みが入ることです。選手の疲労の問題からも、公平性の問題からも、今年の日程の方がずっと好ましいと言えるでしょう。

 ただ、今年は2回戦の広島新庄vs桐生第一が再試合となったので、広島新庄以外の7校は2回戦の後に1日もしくは2日休みとなり、準々決勝から3連戦となります。もし桐生第一が決勝まで進出すれば、以前の選手権大会でもなかっただろう5連戦(以前の選手権大会の日程だと、通常は決勝まで進出すると最大で4連戦となります)となり、桐生第一にとって引き分け再試合は大きな痛手になるかもしれません。準々決勝に進出した8校のうち近畿勢が3校で、やはり今回は近畿勢中心の争いになりそうです。ただ、沖縄尚学と明徳義塾はかなり強そうなので、この両校のどちらかが優勝しても不思議ではありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック