来年の大河ドラマ『真田丸』の第二次配役発表

 これは9月25日分の記事として掲載しておきます。来年(2016年)の大河ドラマ『真田丸』の配役が新たに発表されました。今回は豊臣方の重要人物の配役が発表されました。かなりのところ噂通りというか、多くの人が予想した通りの配役だったのではないか、と思います。その意味で、意外な感はまったくありません。脚本家の意向がかなり強く反映されているように思われます。まあだからといって、期待できないというわけでもなく、とくに石田三成には大いに期待できそうです。通俗的な人物像では、三成と藤原頼長は似たところがあると言えそうですが、本作ではどのような人物造形となるのでしょうか。

 今後の配役発表で注目しているのは武田信玄です。まあ、武田信玄が登場するのかまだ不明であり、信玄の死後から物語が始まる可能性は低くないかな、とも思います。もし信玄が登場するのならば、西田敏行氏が演じるのではないか、と予想している人は私も含めて少なくないと思います。信玄は登場するとしても序盤だけでしょうが、登場するとしたら存在感は大きくなりそうな気がします。大坂の陣で重要な役割を担いそうな後藤又兵衛の配役にも注目していますが、配役発表は放送開始後になるでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろし
2015年09月28日 07:26
面白い配役ですね。
今の所、特に目立ったミスキャストは、見当たりませんね。
寧ろ、大半は何らかの形で、三谷氏の作品(『新選組!』)に共演されてますから。
竹内結子さんは、大河初出演で、行き成り大御所・茶々を演じるとは、意外でした。
その他にも、片岡愛之助さんや新納慎也さんなどのベテランが、河初出演なのが意外でした。
石田三成が、副長・悪左府だった山本耕史なのが、かなりインパクトが大きいです。
去年の『軍師官兵衛』の様な、江口洋介さんの織田信長や、春風亭小朝さんの明智光秀の様な、嫌な印象がありませんし。
まあ、幾ら配役が豪華でも、内容が良くなければ、意味がありませんが、とりあえず期待度は僅かに上がりました。
その他の配役も、楽しみにしています。

それでは~
2015年09月28日 19:50
かなりのところ噂通りの配役でしたが、配役自体は期待できるのではないか、と私も思います。

まあ、過剰に期待せずに視聴するつもりです。

この記事へのトラックバック