ハエの翅の進化

 これは8月26日分の記事として掲載しておきます。ハエの翅の進化に関する研究(Houle et al., 2017)が公表されました。遺伝的変異は進化の「機関室」です。遺伝的変異がなければ遺伝子は多様化せず、自然選択は作用する力を持たないでしょう。しかし、遺伝的変異が適応の原材料を提供するとした場合に、そうした変異がさらにどの程度、地質年代スケールで進化を制約するのか、議論の的となっています。変異速度は概してひじょうに低く、進化の時間スケールで見られる多くの遺伝的分岐に圧倒されると考えられています。

 この研究は、数千匹ものハエを対象に調査し、「香油の中の1匹のハエ」になり得る結果を示しています。この研究はショウジョウバエ科(Drosophilidae)のハエの翅5万枚以上を調べ、変異・遺伝的多様性・過去4000万年間の進化速度の間に、予想外で強い正の相関があることを明らかにしました。この結果は、進化における変異の役割に関する複数のモデルに疑問を投げ掛けるものだ、と指摘されています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


遺伝学:変異から予測されるハエの翅の4000万年にわたる進化

遺伝学:ハエの翅の進化を予測する

 遺伝的変異は進化の「機関室」である。遺伝的変異がなければ遺伝子は多様化せず、自然選択は作用する力を持たないだろう。しかし、遺伝的変異が適応の原材料を提供するとした場合に、そうした変異がさらにどの程度、地質年代スケールで進化を制約するのかは議論の的となっている。変異速度は概して非常に低く、進化の時間スケールで見られる多くの遺伝的分岐に圧倒されると考えられている。D Houleたちは今回、「香油の中の1匹のハエ」になり得る結果を示している。とはいえ、実際の研究は数千匹ものハエを対象に行われた。ショウジョウバエ科(Drosophilidae)のハエの翅5万枚以上を調べたところ、変異、遺伝的多様性、および過去4000万年間の進化速度の間に、予想外で強い正の相関があることが明らかになった。今回の結果は、進化における変異の役割に関する複数のモデルに疑問を投げ掛けるものだ。



参考文献:
Houle D. et al.(2017): Mutation predicts 40 million years of fly wing evolution. Nature, 548, 7668, 447–450.
http://dx.doi.org/10.1038/nature23473

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック