有馬記念結果

 これは12月25日分の記事として掲載しておきます。久々というか、年末になって今年(2017年)初の競馬レース関連の記事の更新となります。一昨年にゴールドシップが現役生活を終えた後はずっと、競馬をやや冷めた感じで見ており、アロゲート(Arrogate)のドバイワールドカップまでの快進撃とその後の失速や、ヨーロッパの2400m路線でのエネイブル(Enable)の快進撃や、オーストラリアでのウィンクス(Winx)の快進撃など、外国の競馬にも多少関心を抱いていたのですが、ゴールドシップの引退以降、競馬への情熱をかなり失ってしまい、どうもこのブログで競馬について言及する気にはなりませんでした。しかし、有馬記念と東京大賞典だけはブログを始めてから毎年必ず取り上げてきたので、今年もこのブログで取り上げることにしました。

 今年の有馬記念には、天皇賞春秋連覇を達成してこれが引退レースとなるキタサンブラック、ジャパンカップを制したシュヴァルグラン、宝塚記念を制したサトノクラウンなどが出走してきました。豪華絢爛とは言えないでしょうが、GIとしてまずまずの出走馬構成になったと思います。レースは、キタサンブラックが楽に逃げ、そのまま押し切って完勝し、2着のクイーンズリングに1馬身半差をつけました。これで、キタサンブラックは日本馬としてはテイエムオペラオーを抜いて獲得賞金額で歴代首位となり(外国のレースでの賞金額をどう換算するのか、という問題はありますが)、今年の年度代表馬の選出も確定的となりました。おそらく、キタサンブラックは顕彰馬に選出されるのでしょう。

 社台スタリオンステーションでの種牡馬入りが決まっているスターホースの引退レースということで、他馬の騎手が「忖度」した、との邪推が強く主張されても仕方のないような、キタサンブラックにとって楽な展開となりましたが、キタサンブラックに競りかけていけば自分の騎乗馬が潰れる可能性が高いわけで、強い逃げ馬相手には仕方のないところでしょう。まあ、キタサンブラックが社台グループと無縁で、実質的な馬主がとくに有名人でも社会に強い影響力を有するわけでもなかったら、「忖度」した他馬の騎手が(調教師や馬主の指示で)キタサンブラックに強引に競りかけていった可能性もある、と邪推できますが。まあともかく、競馬界では抜群の知名度を誇る騎手が鞍上のスターホースが引退レースとなる有馬記念で完勝し、報道は盛り上がるでしょうから、競馬界にとっては最良に近い結果だったかな、とは思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック