雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球外の環境でもデオキシリボースは作られる

<<   作成日時 : 2019/01/08 15:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 地球外の環境でもデオキシリボースが作られる可能性についての研究(Nuevo et al., 2018)が公表されました。この25年間で、宇宙物理学的氷に似た化合物に対する光照射や粒子衝突をシミュレートする実験室実験により、非生物学的条件下で有機分子が生成し得る、と明らかになってきました。また、始原的な隕石の中に糖誘導体(リボースなど)やその他の生体化合物(アミノ酸など)が存在していることは、原始地球上で生物学的過程が開始した化合物のかなりの部分が、彗星・隕石・惑星間ダスト粒子によって運び込まれたものである可能性を示唆しています。

 この研究は、宇宙物理学的条件下で、水とメタノールからなる氷混合物に紫外線を照射して生成した残渣物から、DNAを構成する糖である2-デオキシリボースとその他のデオキシ糖誘導体を検出しました。また、この研究は、隕石試料を分析して数種類のデオキシ糖誘導体を検出しましたが、2-デオキシリボースなどの高分子糖類の存在は明確には確認できませんでした。しかし、この研究は、別のもっと大きな隕石試料を分析すれば、これらの高分子糖類が地球外環境に存在していたか否か、確度の高い答えが得られるかもしれない、と指摘しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【天文学】地球外の環境条件で作られたデオキシリボース

 実験室の標準的な宇宙物理学的条件下で、氷混合物に紫外線を照射して生成した残渣物から2-デオキシリボース(DNAを構成する糖)と数種類のデオキシ糖誘導体が検出されたことを報告する論文が、今週掲載される。この研究によって、デオキシ糖誘導体の一部が炭素質隕石試料から初めて同定された。これに対して、分析の行われた隕石試料では、2-デオキシリボースなどの高分子糖類の存在は確認できなかった。

 この25年間で、宇宙物理学的氷に似た化合物に対する光照射や粒子衝突をシミュレートする実験室実験によって、非生物学的条件下で有機分子が生成し得ることが明らかになった。また、始原的な隕石の中に糖誘導体(リボースなど)やその他の生体化合物(アミノ酸など)が存在していることは、原始地球上で生物学的過程が開始した化合物のかなりの部分が、彗星、隕石、および惑星間ダスト粒子によって運び込まれたものである可能性を示唆している。

 今回、Michel Nuevoたちの研究グループは、宇宙物理学的条件下で、水とメタノールからなる氷混合物に紫外線を照射して生成した残渣物から2-デオキシリボースとその他のデオキシ糖誘導体を検出した。また、Nuevoたちは、隕石試料の分析で、数種類のデオキシ糖誘導体を検出したが、2-デオキシリボースなどの高分子糖類の存在は明確に確認できなかった。しかし、Nuevoたちは、別のもっと大きな隕石試料を分析すれば、これらの高分子糖類が地球外環境に存在していたかという疑問に対して確度の高い答えが得られるかもしれないという見解を示している。



参考文献:
Nuevo M, Cooper G, and Sandford SA.(2018): Deoxyribose and deoxysugar derivatives from photoprocessed astrophysical ice analogues and comparison to meteorites. Nature Communications, 9, 5276.
https://doi.org/10.1038/s41467-018-07693-x

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球外の環境でもデオキシリボースは作られる 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる