雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第6回「お江戸日本橋」

<<   作成日時 : 2019/02/10 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 ストックホルムで1912年に開催されるオリンピック大会の国内マラソン予選大会に優勝した金栗四三は、予選大会で使用した足袋を作ってもらった播磨屋の主人と喧嘩してしまい、謝罪に行くと、播磨屋は改良した足袋を四三に渡します。短気でもからっとした性格という、陳腐ではあるものの、それ故に安定的な江戸っ子職人の人物像となっています。こうしたところは、娯楽ドラマとして手堅いな、と思います。

 予算が足りないなか、嘉納治五郎は何とか予算を捻出して四三をストックホルム大会に派遣しようとしますが、四三はオリンピックに出たくない、と言います。嘉納は激昂しますが、四三はそもそもオリンピックも知らず、予選会が重要なものだとの認識もなく、ただ自分の実力を試したかっただけでした。四三に失望した嘉納は三島弥彦にオリンピック大会に出場するよう促しますが、弥彦も出場しないと返答し、嘉納はすっかり意気消沈します。それでも嘉納は四三を説得し、感銘を受けた四三はオリンピック出場を決意します。

 今回の実質的な主人公は嘉納といった感じで、喜怒哀楽の激しい人物像は娯楽ドラマ向きだと思います。今回は全体的に娯楽調だったので、気軽に視聴できました。ただ、今回も1960年場面が挿入され、これが少なからぬ視聴者に避けられている要因かもしれません。とくに、語り手である古今亭志ん生(美濃部孝蔵)の場面は、四三との関係がはっきりと見えてこないだけに、視聴者に避けられる要因になっているように思います。ただ、今後つながってくることを予感させる場面もあるので、楽しみに視聴を続けます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『いだてん』、問題なく面白いと思う(第6回)
皆さんこんばんは。今回は今年の大河ドラマ『いだてん』第6回の感想です。まずはあらすじ。嘉納治五郎(役所広司)に呼ばれ、オリンピック出場を打診される金栗四三(中村勘九郎)。一度は断るも、治五郎の説得により出場を決意する。しかし当の治五郎は辛亥革命により祖国よ ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2019/03/07 20:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第6回「お江戸日本橋」 雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる