アフリカにおける現代人系統と未知の人類系統との交雑

 アフリカにおける現生人類の人口史に関する研究(Lorente-Galdos et al., 2019)が公表されました。現生人類(Homo sapiens)の起源はアフリカにあり(関連記事)、ゲノム規模解析でもミトコンドリアDNA(mtDNA)ハプログループ(mtHg)でもY染色体DNAハプログループ(YHg)でも、現代人において最も早く分岐した系統は、アフリカの狩猟採集民集団です。現生人類はアフリカからユーラシアへと拡散し、ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)や種区分未定のホモ属であるデニソワ人(Denisovan)といった先住人類と交雑しました(関連記事)。一方、アフリカに留まった現生人類に関しては、「純粋なサピエンス」との認識も見られますが(関連記事)、アフリカにおける現生人類と遺伝学的に未知の人類系統との交雑を指摘する見解もあります(関連記事)。

 本論文は、アフリカ全土の多様な生態系および生活様式と主要な語族を網羅する15集団の21人と、ユーラシアの4人を対象として、高網羅率(21.01~46.63倍)のゲノム配列を決定しました。この21人は全員男性で、mtHgとYHgも決定されました。本論文はこのデータから、アフリカ人集団における人口史と過去の交雑を検証しました。全体としてアフリカの個体群は遺伝的に、コイサン、ピグミー、サハラ砂漠以南農耕民、北部の4集団に区分されます。サハラ砂漠以南の農耕民集団はほとんど、狩猟採集民系統をいくらか有しています。その割合はおもに集団間の地理的距離と関連しています。コイサンなどの狩猟採集民集団との地理的距離が近い農耕民集団では、狩猟採集民系統の割合が増加します。サハラ砂漠以南のアフリカでは、狩猟採集民集団は農耕民集団よりも遺伝的に多様で、本論文はこれをバンツー語族集団の拡大と関連している、と推測しています。

 サハラ砂漠以北となるリビア人のようなアフリカ北部集団は、サハラ砂漠以南のアフリカ集団よりもユーラシア集団(その中でも東部よりも西部の方)と近縁で、サハラ砂漠はアフリカの人類集団にとって大きな障壁となっていたかもしれません。一方、アフリカ北部集団とユーラシア西部集団の遺伝的近縁性から、現生人類の移動にとって地中海よりもサハラ砂漠の方が大きな障壁だった、と考えられます。また、アフリカ北西部・北部中央・中央部北方の集団において近親交配の痕跡が確認されましたが、その程度の推定のためには、より多くの標本が必要になる、と本論文は指摘しています。アラビア人集団とイラン人集団では、歴史的に近親交配の頻度が高かった、と推測されていますが(関連記事)、アフリカの一部集団でも同様なのか、注目されます。

 有効人口規模は、10万年前頃まではアフリカとユーラシアの各地域集団でほぼ同じです。これは、現代人の各地域集団への分岐が10万年前頃以降に始まった可能性を示唆しています。ただ、コイサン集団系統の分岐はもっとさかのぼる可能性が高そうです。ユーラシア集団とアフリカ北部集団では10万~4万年前頃まで有効人口規模が減少し、その後も1万年前頃までは有効人口規模が小さかったのにたいして、サハラ砂漠以南のアフリカ集団は10万年前頃から1万年前頃近くまでほぼ一貫してユーラシアおよびアフリカ北部集団よりも有効人口規模がずっと大きく、同じく人口減少を経ているものの、減少率はユーラシアおよびアフリカ北部集団よりも低くなっています。バカピグミーでは3万年前頃に有効人口規模が急増していますが、これが人口の増加もしくは分離と混合のどれに起因するのか推測するには、今後の分析が必要になる、と本論文は指摘しています。

 本論文は古代型人口(集団)との交雑関係について、6通りのモデルを検証しました。現生人類は、アジア東部(EAs)、ヨーロッパ(Eu)、サハラ砂漠以南アフリカ西部(WAf)、ムブティピグミー(Mbt)、コイサン(Kho)が、非現代人系統では、アルタイ地域の東方ネアンデルタール人(N)および非アフリカ系現代人の共通祖先と交雑したネアンデルタール人系統(NI)、ネアンデルタール人やデニソワ人と近縁で現生人類系統と交雑したと推定されるゴースト集団(Xn)、アルタイ地域のデニソワ人(DI)、現生人類・ネアンデルタール人・デニソワ人の共通祖先系統と分岐したゴースト集団(Xe)、ネアンデルタール人およびデニソワ人の共通祖先系統と分岐した後の現生人類系統から現代人系統と分岐した推定上のアフリカ系統(XAf)が検証対象とされました。6通りのモデルのうち、Bの可能性が最も高い、という結果が得られました。以下に掲載する本論文の図4に、6通りのモデルが示されています。
画像

 現生人類とは異なる系統のネアンデルタール人およびデニソワ人との交雑については、じゅうらいの見解と同じく、アフリカ北部およびユーラシア集団で低頻度ながら見られたのにたいして、サハラ砂漠以南のアフリカ集団では見られませんでした。本論文は、ネアンデルタール人およびデニソワ人の共通祖先系統と分岐した後の現生人類系統から現代人系統と分岐した推定上のアフリカ系統(XAf)が、サハラ砂漠以南のアフリカ集団の複数系統(コイサン、ムブティピグミー、西部)と10万年前~5万年前頃にかけて交雑した、と推定しています。ただ、本論文はネアンデルタール人系統とデニソワ人系統との分岐を43万年前頃と推定しており、これは新しすぎるのではないか、と思います(関連記事)。本論文の見解に関しては今後さらに研究が進むでしょうが、アフリカの環境条件を考えると、ネアンデルタール人やデニソワ人のような非現生人類のDNA解析はおそらく無理でしょう。そうすると、研究の進展には現代人のゲノム規模データの蓄積が必要となります。上述のように、アフリカに留まった現生人類(Homo sapiens)は「純粋なサピエンス」との認識もネットではよく見られるので、この問題に関する研究の進展が大いに期待されます。


参考文献:
Lorente-Galdos B. et al.(2019): Whole-genome sequence analysis of a Pan African set of samples reveals archaic gene flow from an extinct basal population of modern humans into sub-Saharan populations. Genome Biology, 20, 4, 77.
https://doi.org/10.1186/s13059-019-1684-5

白村江の戦い補足

 1年ほど前(2018年6月2日)に、日本は百済の植民地だったとする説を取り上げました(関連記事)。それと関連する説として、倭(日本)と百済との特別に親密な関係を想定する見解も取り上げました。そうした見解では、日本の王族(皇族)の故地は百済だった、と示唆されることも珍しくありません。唐との無謀な戦いに挑み、白村江で惨敗するに至ったのには、日本と百済の特殊な関係があったからだ、というわけです。かつて、天智天皇(当時、天皇という称号が用いられていたのか、確証はありませんが)は百済の王族だった、との説さえ主張されたほどです。しかし、1年ほど前の記事で指摘したように、結果的に白村江の戦いでの惨敗に終わった日本による百済救援は、当時の「国際情勢」で理解できる妥当なものであり、それはその後の対朝鮮半島外交も同様なので、日本と百済との特別に親密な関係を想定する必要はないと思います。

 百済は660年(西暦は厳密な換算ではなく、1年単位での換算です)に滅亡したとはいえ、復興運動はかなりの成果を収め、一時は旧領の過半を回復する勢いを見せました。5世紀後半にも百済は滅亡しかけてから復興しており、百済(残党)への支援は、当時としては無謀とは言えないでしょう。もちろん、南北朝時代だった5世紀後半とは異なり、660年には唐が存在し、その唐が新羅と共に百済を滅ぼした、という状況の違いはあります。しかし、当時はまだ高句麗が健在で、唐は太宗の時代と白村江の戦いの少し前にも高句麗に攻め入って撤退していました。客観的に見ても、当時、日本が百済救援方針を採用しても無謀とまでは言えないでしょう。もちろん、日本が激動の朝鮮半島情勢を傍観する選択肢も、唐・新羅と組む選択肢もあったわけですが、百済救援方針が無謀とは考えられなかったことと、窮地にある百済にたいして決定的に優位に立てそうなことから、百済救援方針が採用されたのでしょう。日本は、長年日本に滞在し、復興百済の王に迎えられることになった余豊璋に織冠を授けており、(将来の)百済王を明確に臣下に位置づけられる、という政治的成果に大きな価値を認めたのでしょう。

 1年ほど前の記事ではこのように述べたのですが、その後で読んだ浅野啓介「白村江の戦い」佐藤信編『古代史講義【戦乱篇】』にて、百済復興運動の中心となった鬼室福信のもたらした情報から、唐は戦いに介入してこないだろう、と日本の首脳層が判断していた、との見解が提示されていました(関連記事)。もちろん、鬼室福信のもたらした情報に希望的観測側面が多分にあったことは否定できないでしょう。しかし、これは単なる望的観測ではなく、唐の高宗(李治)は百済(残党)にたいする大規模な軍の派遣に慎重だったものの、劉仁軌の進言により大規模な唐水軍が朝鮮半島へと派遣された、という事情がありました。鬼室福信が日本にもたらした情報には一定以上の現実性があったわけで、この観点からも、白村江の戦いへといたる日本の選択を、単なる無謀とみなすことは妥当ではなく、したがって日本と百済との間の特別に親密な関係を想定する必要はない、と思います。

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第23回「大地」

 金栗(池部)四三を免職にしようという動きに反対する東京府立第二高等女学校の学生たちは教室に立て籠もり、中心的人物である村田富江は、父との100m走に勝ち、父に女子のスポーツ教育を認めさせ、四三は免職されずにすみます。反省する四三を、いつか正しいと認められる時代が来る、と嘉納治五郎は励ましす。その嘉納は、神宮の競技場完成の目途が立ったことで、意気軒昂でした。そんな中、1923年9月1日、関東大震災が発生します。四三は浅草に出かけたシマを探しに行きますが、見つかりません。四三は村田富江から、シマが凌雲閣の12階にいた、と聞かされます。凌雲閣は半壊しており、半ば諦めかけていたシマの夫を四三は励まします。

 今回は関東大震災が描かれ、重い雰囲気で話が展開しました。今回も古今亭志ん生(美濃部孝蔵)の場面がそれなりに長く描かれましたが、関東大震災時の一庶民の苦難を描くという意味では、悪くはなかった、と思います。シマが五りんの祖母だったことも明かされ、本筋とのつながりも見えてきました。私のように、本筋とのつながりがそのうち描かれると期待して視聴し続けていた私は楽しめましたが、これまでの本筋とのつながりの悪さは否めず、それが視聴率低迷の一因でもあるのでしょう。無責任な外野は本作の視聴率低迷を面白おかしく騒ぎ立てますが、そうした声には惑わされず、制作を続けてもらいたいものです。