日本列島最古の石器を遺したのはデニソワ人などの旧人である

 種区分未定のホモ属であるデニソワ人(Denisovan)についてTwitterで検索していたら、Wikipediaの「日本列島の旧石器時代」の項目で、「現生人類(ホモ・サピエンス)は7〜6万年前に出アフリカを果たし、それ以前にはアフリカ外には分布していなかった。従って、日本列島最古の石器(砂原遺跡の12万年前)を遺したのはデニソワ人などの旧人である」との記述を見つけました。そもそも、12万年前頃とされる島根県出雲市の砂原遺跡で発見された「石器」については、本当に石器なのか、疑問が呈されています(関連記事)。しかし、仮にこれが人類の製作した12万年前頃の石器だとしても、その製作者が現生人類(Homo sapiens)である可能性は、現時点では一定以上認めるべきだろう、と私は考えています。

 この問題については、最近短く述べましたが(関連記事)、現生人類の初期の拡散をめぐる議論と関連しています。近年、ユーラシアからオーストラリア(更新世の寒冷期にはニューギニアと陸続きでサフルランドを形成していました)まで、現生人類はじゅうらいの想定よりも早くアフリカから拡散していたのではないか、との見解が相次いで提示されています。日本列島と関連しそうな事例としては、華南で発見された12万~8万年前頃と推定されている現生人類的な歯があります(関連記事)。

 しかし、華南の事例も含めて、こうした現生人類の早期拡散説には疑問も呈されています。それらは本当に現生人類の遺骸なのか、年代は信用できるのか、というわけです(関連記事)。ただ、最近もギリシアの21万年以上前とされる現生人類的頭蓋が報告されているように(関連記事)、広範な地域から複数の事例が報告されているので、その全てが年代もしくは分類の間違いとは考えにくいようにも思います。その意味で、現生人類が華南に12万年前頃に存在し、日本列島にまで拡散した可能性を、一定以上認めるべきだろう、と私は考えています。

 そうすると、上述のWikipediaの記事の「現生人類(ホモ・サピエンス)は7〜6万年前に出アフリカを果たし、それ以前にはアフリカ外には分布していなかった」との記述は間違いなのかというと、単純にそうとも言えない、と私は考えています。この問題は、現生人類の起源と拡散に関する近年の研究の進展を踏まえれば、整合的に解釈できるのではないか、と思います(関連記事)。その鍵となるのは、「アフリカ多地域進化説」という見解です。これは、現生人類の起源に関して、アフリカ単一起源説を前提としつつも、現生人類の派生的な形態学的特徴がアフリカ各地で異なる年代・場所・集団に出現し、比較的孤立していた複数集団間の交雑も含まれる複雑な移住・交流により現生人類が形成された、と想定します。

 遺伝学では、非アフリカ系現代人の主要な祖先集団は小規模で、その出アフリカは7万年前頃以降の1回のみだった、と想定されています(関連記事)。Wikipediaの記事は、この出アフリカ現生人類集団以前には、現生人類はアフリカからユーラシアへと拡散しなかった、と想定していますが、世界各地の事例から、初期現生人類が8万年以上前にアフリカからユーラシアへと拡散していた可能性は高い、と言えそうです。もっとも、「アフリカ多地域進化説」では、こうした初期現生人類は、現生人類の派生的な特徴をすべて有しているわけではなく、祖先的特徴も有していた、と想定されています。これらを広義の現生人類系統と考えれば、アフリカから華南、さらには日本列島まで拡散していた可能性は一定以上ある、と私は考えています。

 では、アフリカからユーラシアへと拡散した早期現生人類はどうなったのかというと、おそらく絶滅するか、人口で上回る後続の(非アフリカ系現代人の主要な祖先集団だった)出アフリカ現生人類系統に吸収されたのでしょう。そのため、非アフリカ系現代人には、早期出アフリカ現生人類集団固有のミトコンドリアDNA(mtDNA)系統もY染色体DNA系統も存在せず、非アフリカ系現代人のゲノムにも早期出アフリカ現生人類系統の痕跡がほとんど残らなかったのではないか、と私は考えています。具体的には、現代パプア人のゲノムの少なくとも2%が早期出アフリカ現生人類系統に由来する、と推測されており(関連記事)、今後、他地域の現代人集団でもそうした痕跡が報告されるかもしれません。

 現代日本人に関しては、現時点では早期出アフリカ現生人類系統の遺伝的痕跡は確認されていないようです。「12万年前から続く縄文文明の系譜」といった発言もありますが、開発が進み、更新世の考古学的発掘密度の高い日本列島において、4万年前頃以降にならないと人類の痕跡がほとんど発見されていないことからも、仮に12万年前頃の砂原遺跡の石器群が本物だとしても、その製作集団は絶滅し、現代日本人への遺伝的・文化的影響は皆無と考えるのが妥当なところでしょう。

 なお、12万年前頃の砂原遺跡の石器群が本物だった場合、上記のWikipediaの記事にあるように、現生人類ではなくデニソワ人が製作者だった可能性もあるとは思います。デニソワ人(関連記事)は、最近まで南シベリアのアルタイ山脈でしか確認されていませんでしたが、最近チベット高原東部でも確認されており、アジア東部からアジア南東部、さらにはオセアニアにまで広範に拡散していた可能性も想定されています(関連記事)。もちろん、これはまだとても確定的とは言えませんが、デニソワ人が10万年以上前に日本列島に到来した可能性は、低そうではあるものの、念頭に置くべきではないか、と思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント