大相撲九州場所千秋楽

 今場所は休場が多く、何とも寂しい限りでした。これは、以前よりも八百長が減っていることを反映しているのかもしれませんが、そうだとすると、やはり1場所15日・年間6場所は、力士への負担を考えるとあまりにも多すぎるのでしょう。とはいえ、本場所や巡業の日数を減らせば、それだけ力士をはじめとして相撲関係者の収入も減るわけで、これは相撲の存続という観点から好ましいことではありません。これも人間社会の問題に多いトレードオフ(交換)と合成の誤謬に行きつくものなので、解決策は容易ではありません。

 休場した力士としてまず挙げねばならないのが横綱の鶴竜関で、すでに初日の取り組みも決まっていたにも関わらず、初日からの休場となりました。鶴竜関は、前師匠の井筒親方(坂鉾関)が亡くなったことで、精神的にかなり落ち込んでいるのかもしれず、来場所での引退も懸念されます。鶴竜関は肉体的にも満身創痍といった感じですから、状況は厳しいのですが、何とか復活してもらいたいものです。3人の大関陣のうち、豪栄道関は初日に負けて負傷し2日目から、高安関は3勝4敗で迎えた8日目から休場しました。高安関は大関から陥落し、来場所での復帰に挑むことになります。大関復帰をかけた関脇の栃ノ心関は、2連敗から2連勝して相撲勘が戻ってきたかな、と思ったところ、4日目の取り組みで負傷して5日目から休場となり、大関には復帰できませんでした。何とも残念ですが、大怪我から復帰してよく大関まで昇進したと思います。新入幕の頃から応援し続けてきただけに、優勝したことも含めて栃ノ心関には感謝しています。栃ノ心関とともに期待していた逸ノ城関は全休で、来場所は十両に陥落となります。何とか、早く幕内上位に戻ってきてもらいたいものです。

 優勝争いは、白鵬関が途中から単独首位に立ち、14日目に優勝を決め、千秋楽の貴景勝関との結びの一番にも勝ち、14勝1敗で43回目の優勝を果たしました。全盛期からかなり衰えた感のある白鵬関ですが、まだ現役最強であることは間違いないでしょう。というか、本来ならばすでに白鵬関も鶴竜関も引退に追い込まれ、世代交代となっていなければならないのですが、若手の伸び悩みにより、白鵬関と鶴竜関の両横綱は現役を続け、豪栄道関も大関の地位を保っています(来場所陥落しそうですが)。確かに白鵬関は相撲史に残る大横綱ですが、やはり、大相撲全体の水準が低下していることもあるのでしょう。日本社会全体の少子高齢化が進む中、旧悪と指弾されそうな要素の多い大相撲界に進みたいと考える少年も、息子を力士にさせたいと考える保護者も少ないでしょうから、全体的な力士の水準は以前よりも低下している可能性が高いと思います。いかにモンゴルやヨーロッパなどから有望な少年を入門させても、入門者で圧倒的に多いのは日本人ですから、日本社会の少子高齢化が進めば、力士全体の水準が低下しても仕方ないとは思います。これは容易に解決できる問題ではないので、大相撲も指導法などで大きな改善が必要なのでしょう。

 大関に復帰した貴景勝関は、先場所の優勝決定戦での大怪我が心配されましたが、9勝6敗と勝ち越しました。基本的には押し相撲で不安定なところがありますし、研究されてきて容易に勝てなくなっている感もありますが、次の横綱に最も近いとは思います。再度大怪我せず、早いうちにもう二段階くらい強くなって横綱に昇進してもらいたいものです。伸び悩んでいる若手力士の代表格とも言える御嶽海関(もう若手とは言いづらい年齢ですが)は先場所優勝し、今場所は、大関昇進、少なくとも足固めの場所として期待されましたが、6勝9敗と負け越してしまいました。御嶽海関は、白鵬関と鶴竜関が引退すれば、大関にまでは昇進できるかもしれませんが、稽古量の少なさも指摘されており、横綱昇進は難しそうです。一方、同じくすでに優勝経験のある朝乃山関は14日目まで優勝争いに加わり、11勝4敗として大関昇進への道を開きました。朝乃山関には成長も感じられ、あるいは貴景勝関よりも先に横綱に昇進するかもしれません。若手が伸び悩むなか、白鵬関と鶴竜関が引退したらどうなるのかと思うと恐ろしいくらいなので、貴景勝関と朝乃山関には早く横綱に昇進してもらいたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント