中期~後期更新世の人類の外耳道外骨腫

 取り上げるのが遅れてしまいましたが、中期~後期更新世の人類の外耳道外骨腫に関する研究(Trinkaus et al., 2019)が報道されました。ネアンデルタール人(Homo neanderthalensis)における骨部外耳道に生じる骨増殖性隆起は、すでに20世紀初頭の時点で指摘されていました。その後、中期更新世の人類では、ネアンデルタール人3個体、ユーラシア東部の古代型ホモ属3個体、ユーラシア東部の早期現生人類(Homo sapiens)数個体、ユーラシア西部の上部旧石器時代現生人類1個体で、この症状が確認されました。

 この外耳道外骨腫に関しては、環境および遺伝的要因が指摘されており、現代では、水中スポーツ選手でよく観察されることから、サーファーズイヤーとも呼ばれています。外耳道外骨腫の環境要因としては、冷たい水と風が指摘されており、両者が組み合わされると発達が速くなる、と示されています。ただ、こうした外部環境要因だけではなく、耳道の軟組織の炎症による発症も指摘されています。外耳道外骨腫は多くの場合自覚症状がありませんが、耳垢栓塞の発症と感染症や進行性難聴につながる可能性も指摘されています。本論文は、おもにヨーロッパおよびアジア南西部の中部旧石器時代のネアンデルタール人と上部旧石器時代の現生人類を対象に、中期更新世後期の古代型ホモ属や中部旧石器時代の現生人類も加えて、外耳道外骨腫について検証しました。

 上部旧石器時代前期~中期の現生人類の外耳道外骨腫発生頻度は、中緯度地帯の湿潤環境の標本を除いて、20.8%と現代人の変異内に収まります。なお、中期更新世後期の古代型ホモ属では20%、中部旧石器時代の早期現生人類では25%、上部旧石器時代後期の現生人類では9.5%です。一方ネアンデルタール人では、外耳道外骨腫発生頻度は56.5%(判断の曖昧な2個体を除くと47.8%)で、現生人類を大きく上回っています。外耳道外骨腫発生頻度に年齢の違いはほとんどありませんが、症状の重い一部のネアンデルタール人に関しては、加齢との関連の可能性が指摘されています。性差に関しては、現代人では男性の方が高頻度ですが、ネアンデルタール人(男性60%、女性75%)でも上部旧石器時代前期~中期の現生人類(男性16.7%、女性28.6%)でも女性の方が高くなります。しかし本論文は、有意な差ではないと指摘します。

 これまで外耳道外骨腫発生頻度に関しては、高緯度では冷水が回避され、低緯度では水温が高いため、中緯度で最も高くなる、と予想されていました。この仮説は高緯度では確認されましたが、中緯度と低緯度では状況は複雑だと明らかになりつつあります。一般的に、中緯度では外耳道外骨腫発生頻度が高くなります。しかし、中緯度と赤道地帯の両方で、沿岸・河川・湖沼では一貫して外耳道外骨腫発生頻度が高く、考古学でも同様の結果が示されています。さらに、外耳道外骨腫発生には冷水への暴露は必要なく、冷風や湿った風への暴露だけでも充分である、と明らかになりました。また、外耳道外骨腫発生には遺伝的影響の可能性も指摘されていますが、集団差はまだ確認されておらず、現代人集団の発生頻度の違いはおもに環境と行動に関連している、と考えられています。これは上部旧石器時代後期の現生人類でも例外ではなく、外耳道外骨腫発生頻度は、中緯度地帯の湿潤環境集団よりも低く、高緯度地帯の乾燥環境集団よりもやや高くなっています。上部旧石器時代前期~中期の現生人類では、外耳道外骨腫発生頻度は現代人より全体的に高くなっています。

 ネアンデルタール人の外耳道外骨腫発生頻度は、現代人よりもかなり高くなっています。本論文は、対象としたネアンデルタール人は寒冷気候から温帯気候まで広範囲に及んでおり、気候要因だけと相関させることは困難だろう、と指摘します。本論文はこれを、ネアンデルタール人が水産資源を利用していたことと関連づけています。ネアンデルタール人が海産資源を利用していたことはすでに報告されており(関連記事)、ネアンデルタール人は陸上資源も水産資源も利用し、その狩猟効率と食性の範囲は現生人類よりも劣るものではなかった、とも指摘されています(関連記事)。ただ、後期更新世のヨーロッパ北西部のネアンデルタール人(関連記事)やフランスのネアンデルタール人(関連記事)が大型草食動物に強く依存していた、と指摘されているように、ネアンデルタール人は水産資源をほとんど利用せず、陸上草食動物に強く依存していた、という研究が多いことは否定できません。これに関しては、かつて沿岸に位置していた遺跡の多くが現在は海中にあるため、考古学的証拠の入手が困難になっている、と説明できますが、この説明が妥当なのか、今後も確証を得るのは難しそうです。

 本論文は、ネアンデルタール人の外耳道外骨腫発生頻度の高さを環境要因だけで説明できず、上部旧石器時代の現生人類でも、前期~中期と比較して水産資源利用の証拠が増加する後期において外耳道外骨腫発生頻度が低下し、多様な環境のユーラシア東部の初期現生人類でも外耳道外骨腫発生頻度が上昇していることから、衛生状態や遺伝的要因も影響しているかもしれない、と指摘します。ネアンデルタール人も含めて更新世人類の外耳道外骨腫発生頻度の高さには、水産資源の利用や環境や衛生状態や遺伝など複数の要因が関与しているかもしれない、というわけです。


参考文献:
Trinkaus E, Samsel M, Villotte S (2019) External auditory exostoses among western Eurasian late Middle and Late Pleistocene humans. PLoS ONE 14(8): e0220464.
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0220464

大河ドラマ『麒麟がくる』第1回「光秀、西へ」

 いよいよ今年(2020年)の大河ドラマが始まりました。本作は知名度の高い明智光秀(十兵衛)が主人公で、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑が深く関わってくることから、制作発表の頃から期待値はかなり高かったように思います。しかし、昨年11月に斎藤道三の娘である帰蝶役の沢尻エリカ氏が逮捕されて降板となり、川口春奈氏が代役として起用され、それまでの収録分(10回分程度だそうですが)も撮り直しとなり、初回放送は2週間延期となってしまいました。

 放送開始前から躓いてしまった感のある本作ですが、例年よりも放送開始前に話題になったとも言えるわけで、近年、大河ドラマの視聴率が低迷しているだけに、人気の戦国時代で何とか大きく視聴率を回復してもらいたいものです。川口春奈氏に関しては、民放主演ドラマで低視聴率とマスコミに叩かれていた頃より、若手女優として応援していただけに、この機会に飛躍してもらいたいものです。とはいっても、考えてみると、川口氏の出演作品を視聴したことはなかったかもしれませんが・・・。沢尻氏の帰蝶を見たかったという気持ちは強いのですが、そうした気持ちを忘れさせるくらいの好演を川口氏には期待しています。

 さて、初回の内容ですが、まずオープニングは、いかにも大河ドラマといった感じの重厚な感じで、昨年の軽快な感じとは対照的ですから、声の大きな大河ドラマ愛好者には好評だろう、と思います。物語は、1547年(西暦は厳密な換算ではなく、1年単位での換算です)、美濃の明智荘に襲来した野盗を光秀たちが迎撃する場面から始まります。光秀は地の利を活かして野盗を撃退しますが、米俵は奪われます。光秀は野盗の鉄砲に興味を抱き、主君の斎藤利政(道三)に願い出て、堺へと旅立ちます。その途中で光秀は延暦寺を通過しますが、関で通行料を払わされ、こうした体験が後に織田信長に仕えるようになってからの焼き討ちとも関わってくるのでしょうか。

 光秀の前半生はよく分かっていないので、若き日に畿内を訪れてさまざまな人々と出会った、という話を描くのはよいと思います。今回光秀は、堺で三淵藤英や松永久秀と知り合います。このような創作(だろうと思います)で問題となるのは、自由に動かせるので松永久秀のような有名人と絡ませてみただけ、ということなのですが、そこは大家の脚本だけに、この若き光秀の畿内見聞が後々大きな意味を持ってくるのではないか、と期待しています。

 今回描かれた人間模様では、やはり利政・高政(義龍)親子の関係が注目されます。すでに両者の関係は上手くいっていないようですが、利政からすると、息子がまだ頼りないようで、その評価が露骨に示されているため、反発しているようです。ただ、まだ親子で殺し合いをするほど険悪な関係ではないようです。両者の関係の変化が今後どう描かれるのか、楽しみです。松永久秀は梟雄として語られてきましたが、近年では人物像が見直されているそうです(関連記事)。初回を視聴した限りでは、本作の久秀は豪快で強かな人物のようです。本作はよく知られた人物について新たな解釈を提示するそうですが、久秀はどうなのでしょうか。

 初回は全体的に、重厚な感も娯楽要素もあり、主要人物のキャラも立っていたので、大河ドラマとしては上々の滑り出しだと思います。声の大きな大河ドラマ愛好者にはおおむね好評でしょうし、私も楽しめました。もう一人の主人公らしい駒がどのように描かれるのか、不安もありますが、どのように本能寺の変へとつながっていくのか、ずっと楽しみに視聴を続けられそうです。近年、大河ドラマの視聴率低迷は深刻で、このまま低視聴率が続けば大河ドラマ廃止論も現実的になりそうですから、本作の視聴率が2016年放送の『真田丸』以上となるよう、期待しています。

 注目されていた帰蝶ですが、今回は終盤にわずかに登場しただけでした。おそらく、当初の予定よりも出番は減っているのでしょう。それでも、初回から登場し、おそらく終盤まで退場はないでしょうから、かなり重要な役割を担いそうです。本当に、沢尻氏はろくでもないことをやってくれたものだ、と残念でなりません。川口氏は本作が初の時代劇とのことですが、演技力抜群とは言えずとも、初々しい感じでなかなかよかったと思います。今後、出番は増えていくでしょうから、楽しみです。