『卑弥呼』第3集発売

 待望の第3集が発売されました。第3月集には、

口伝15「言伝」
https://sicambre.at.webry.info/201904/article_31.html

口伝16「情報戦」
https://sicambre.at.webry.info/201905/article_3.html

口伝17「秘儀」
https://sicambre.at.webry.info/201905/article_36.html

口伝18「舞台設定」
https://sicambre.at.webry.info/201906/article_12.html

口伝19「黄泉返り」
https://sicambre.at.webry.info/201906/article_40.html

口伝20「イサオ王」
https://sicambre.at.webry.info/201907/article_13.html

口伝21「戦闘開始」
https://sicambre.at.webry.info/201907/article_42.html

口伝22「血斗」
https://sicambre.at.webry.info/201908/article_9.html

が収録されています。連載時には「第*話」となっていましたが、単行本では「口伝*」となっています。単行本では「真説・邪馬台国伝」との副題がつけられています。それぞれの話については、上記の記事にて述べているので、ここでは繰り返しません。本作は207年(西暦は厳密な換算ではなく、1年単位での換算です)頃の九州を舞台としています。これまでに明かされている世界観から推測すると、本作の邪馬台国は宮崎県(旧国名の日向)に設定されているようです。しかし、神武東征説話も取り入れられていることから、やがては畿内というか纏向遺跡が舞台になるかもしれません。本作の神武は、天照大神から数えて6代目の日見彦という設定です。おそらくは現在の奈良県にいるだろう神武(サヌ王)の子孫とヤノハがどう関わってくるのか、ということも今後注目されます。

 現時点ではほぼ九州の諸国・人物しか登場していませんが、今後は本州・四国、さらには朝鮮半島と後漢や魏も舞台になりそうで、司馬懿など『三国志』の有名人物の登場も予想されますから、ひじょうに雄大な規模の物語になるのではないか、と期待されます。本作の人物造形はたいへん魅力的で、この点でもとくに楽しめているのですが、第3集で初登場となったトメ将軍は、とくに魅力的に描かれています。おそらくトメ将軍は、倭国から魏に派遣された大夫の難升米でしょうから、今後も活躍場面が多そうで、注目しています。本作は現時点でもたいへん楽しめていますが、今後さらに面白くなりそうな要素が多いだけに、何とか長期連載になってほしいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント