喫煙と飲酒による脳の高齢化

 喫煙と飲酒による脳の高齢化に関する研究(Ning et al., 2020)が公表されました。以前の研究で、特定の生活習慣(過度の喫煙やアルコール摂取など)が特定の脳領域に悪影響を及ぼす、と示されていますが、とくに脳全体を考えた場合に、喫煙とアルコール摂取が脳年齢とどのように関連しているのか、明らかではありません。この研究は、機械学習のいくつかの手法とMRIを用いて、イギリスバイオバンクにデータ登録されている45~81歳の被験者(合計17308人)の相対脳年齢を決定しました。相対脳年齢は、MRI測定に基づく脳年齢を同世代の平均脳年齢に照らして算定されます。

 この研究は、喫煙習慣に関する情報が収集された11651人において、1日の大半または1日中喫煙していた者の相対脳年齢が、喫煙頻度が低い者や禁煙している者より高かったことを見いだしました。喫煙量が1パック・年増えると、相対脳年齢が0.03年上昇していました。1パック・年は、1年を通じて平均1日1箱のタバコを吸うことと定義されます。また、飲酒行動に関する情報が収集された11600人において、ほぼ毎日飲酒していた者の相対脳年齢が、それよりも飲酒頻度が低い者又は全く飲酒しない者の相対脳年齢より高いことも明らかになりました。また、1日当たりのアルコール摂取量が1グラム増えると、相対脳年齢が0.02年高くなりました。

 これらの知見は、喫煙と飲酒が脳年齢に及ぼす有害な影響は、おもに喫煙と飲酒の頻度が高い者に生じており、脳年齢がわずかに上昇することを示唆しています。この研究は、喫煙とアルコール摂取以外にも、さまざまな環境因子と遺伝因子が脳年齢に関連しているかもしれない点にも注意を喚起しています。また、こうした関連の解明をさらに進めるには、より大きなサンプルを用いた研究が必要とも指摘されています。脳年齢のわずかな上昇とはいえ、煙草と酒が心底嫌いな私にとって、勇気づけられる研究です。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【健康】毎日の喫煙と飲酒が脳の高齢化につながっているかもしれない

 飲酒と喫煙を毎日行う者は、それよりも飲酒と喫煙の頻度が低い者と比べて、相対脳年齢がやや高いという研究結果を報告する論文が掲載される。

 以前の研究で、特定の生活習慣(過度の喫煙やアルコール摂取など)が特定の脳領域に悪影響を及ぼすことが示されているが、特に脳全体を考えた場合に、喫煙とアルコール摂取が脳年齢とどのように関連しているのかは明らかでない。

 今回、Arthur W. Togaたちの研究チームは、機械学習のいくつかの手法とMRIを用いて、英国バイオバンクにデータ登録されている45~81歳の被験者(合計1万7308人)の相対脳年齢を決定した。相対脳年齢は、MRI測定に基づく脳年齢を同世代の平均脳年齢に照らして算定される。

 Togaたちは、喫煙習慣に関する情報が収集された1万1651人において、1日の大半または1日中喫煙していた者の相対脳年齢が、喫煙頻度が低い者や禁煙している者より高かったことを見いだした。そして、喫煙量が1パック・年増えると、相対脳年齢が0.03年上昇していた。1パック・年は、1年を通じて平均1日1箱のタバコを吸うことと定義される。また、飲酒行動に関する情報が収集された11600人において、ほぼ毎日飲酒していた者の相対脳年齢がそれよりも飲酒頻度が低い者又は全く飲酒しない者の相対脳年齢より高かった。また、1日当たりのアルコール摂取量が1グラム増えると、相対脳年齢が0.02年高くなった。以上の知見は、喫煙と飲酒が脳年齢に及ぼす有害な影響が、主に喫煙と飲酒の頻度が高い者に生じており、脳年齢がわずかに上昇することを示唆している。

 Togaたちは、喫煙とアルコール摂取以外にも、さまざまな環境因子と遺伝因子が脳年齢に関連している可能性がある点にも注意を要するとしている。こうした関連の解明をさらに進めるには、より大きなサンプルを用いた研究が必要とされる。



参考文献:
Ning K. et al.(2020): Association of relative brain age with tobacco smoking, alcohol consumption, and genetic variants. Scientific Reports, 10, 10.
https://doi.org/10.1038/s41598-019-56089-4

菜食による尿路感染症のリスク低減

 菜食(ベジタリアン食)による尿路感染症のリスク低減に関する研究(Chen et al., 2020)が公表されました。尿路感染症は多くの場合、腸内細菌(大腸菌など)が原因になっています。腸内細菌は尿道から尿路に侵入し、腎臓と膀胱に悪影響を及ぼします。以前の研究で、尿路感染症の原因と知られている大腸菌株の主要な貯蔵場所の一つは食肉と明らかになっていますが、食肉の摂取を避ければ、尿路感染症のリスクが低減するのかどうかは、分かっていません。

 この研究は、台湾の仏教徒の健康転帰における菜食の役割を調査する研究(慈濟ベジタリアン研究)に参加した台湾の仏教徒(9724人)における尿路感染症の罹患率を調べました。その結果、尿路感染症の全体的なリスクは、菜食主義者(ベジタリアン)の方が非菜食主義者より16%低い、と明らかになりました。また、研究対象となった3040人の菜食主義者のうち217人が尿路感染症を発症したのに対して、非菜食主義者6684人のうち、尿路感染症を発症したのは444人でした。菜食に関連した尿路感染症リスクの低減は、女性よりも男性の方が大きかったものの、男性の尿路感染症の全体的なリスクは、食事に関係なく女性よりも79%低いことも明らかになりました。

 大腸菌が存在していることの多い鶏肉や豚肉を食べないことが、尿路感染症の原因となり得る大腸菌の摂取を避ける方法になるのではないか、とこの研究は推測しています。また、この研究は、多くの菜食主義者の高食物繊維食が腸内大腸菌の増殖を阻止し、腸内の酸性度を高めることにより尿路感染症のリスクの低減を図れる、との見解も提示しています。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【健康】尿路感染症のリスク低減にベジタリアン食が役立つかもしれない

 ベジタリアン食(菜食)が、尿路感染症(UTI)のリスク低下につながる可能性があることを報告する論文が掲載される。

 UTIは、腸内細菌(大腸菌など)が原因になっていることが多い。腸内細菌が、尿道から尿路に侵入し、腎臓と膀胱に悪影響を及ぼすのだ。以前の研究で、UTIの原因であることが知られた大腸菌株の主要な貯蔵場所の1つは食肉であることが明らかになっているが、食肉の摂取を避ければ、UTIのリスクが低減するのかどうかは分かっていない。

 今回、Chin-Lon Linたちの研究チームは、台湾の仏教徒の健康転帰における菜食の役割を調査する研究(慈濟ベジタリアン研究)に参加した台湾の仏教徒(9724人)におけるUTIの罹患率を調べた。その結果、UTIの全体的なリスクは、ベジタリアン(菜食主義者)の方が非ベジタリアンより16%低いことが判明した。また、研究対象となった3040人のベジタリアンのうちの217人がUTIを発症したのに対し、非ベジタリアン6684人のうち、UTIを発症したのは444人だった。ベジタリアン食に関連したUTIリスクの低減は、女性よりも男性の方が大きかったが、男性のUTIの全体的なリスクは、食事に関係なく女性よりも79%低かった。

 大腸菌が存在していることの多い鶏肉や豚肉を食べないことが、UTIを引き起こす可能性のある大腸菌の摂取を避ける方法になるとLinたちは考えている。また、Linたちは、多くのベジタリアンの高食物繊維食が腸内大腸菌の増殖を阻止し、腸内の酸性度を高めることによってUTIのリスクの低減を図れるという考えも示している。



参考文献:
Chen YC. et al.(2020): The risk of urinary tract infection in vegetarians and non-vegetarians: a prospective study. Scientific Reports, 10, 906.
https://doi.org/10.1038/s41598-020-58006-6

村井良太『佐藤栄作 戦後日本の政治指導者』

 中公新書の一冊として、中央公論新社から2019年12月に刊行されました。本書は、日本の首相として連続在職日数の最長記録を有する佐藤栄作(2020年8月には佐藤栄作の姪孫である安倍晋三首相がこの記録を抜くかもしれませんが)の伝記で、誕生から政治家になる前までに1章、政治家になってから首相に就任する前までに2章、首相時代に3章、首相退任後に1章が割かれています。佐藤栄作の人生のうち、政治家になる前の期間の方が長いのですが、首相時代を中心に政治家としての側面に焦点を当てた構成になっています。

 本書は佐藤栄作を、軽武装・経済中心・対米防衛依存という吉田茂路線を政権の長期化により新たな意味づけとともに固定化した政治家として位置づけています。吉田路線は敗戦後間もない時期の選択であり、日本が経済成長後も吉田路線を踏襲することは必然ではなかった、と言えるかもしれません。その意味で、長期の佐藤政権は戦後日本において重要な役割を果たした、と言えるでしょう。じっさい、戦後の政界において、自主路線と軍備の強化、それを可能とするための日本国憲法改正への動きは決して無視できるほど弱くはなかった、と思います。また第二次世界大戦後において、日本の軍備強化と軍国主義復活の可能性には世界の国々から厳しい視線が注がれており、それは日本の経済成長とともにより現実的な脅威として受け止められた、という側面もあるとは思います。

 経済大国が軍事大国化しないことはあり得るのか、という疑念は高度経済成長後の日本に対して多くの人々が抱いた疑念でしょうが、佐藤は対米防衛依存という形で軍事大国化を志向しようとはせず、日本国憲法改正に消極的で、佐藤の兄の岸信介はこうした佐藤政権の姿勢に不満だったようです。これは、安全保障・外交をアメリカ合衆国に丸投げしている、との批判になりますし、じっさい、アメリカ合衆国の動揺や政策方針の転換により、危うい立場に陥ることもあり得ます。佐藤内閣以後の政権はこの問題に苦慮し続けている、とも言えるでしょうが、戦争の惨禍を痛感していた佐藤栄作の方針は、当時の日本の状況を考慮すれば、少なくとも大間違いではなかった、と思います。

『卑弥呼』第3集発売

 待望の第3集が発売されました。第3月集には、

口伝15「言伝」
https://sicambre.at.webry.info/201904/article_31.html

口伝16「情報戦」
https://sicambre.at.webry.info/201905/article_3.html

口伝17「秘儀」
https://sicambre.at.webry.info/201905/article_36.html

口伝18「舞台設定」
https://sicambre.at.webry.info/201906/article_12.html

口伝19「黄泉返り」
https://sicambre.at.webry.info/201906/article_40.html

口伝20「イサオ王」
https://sicambre.at.webry.info/201907/article_13.html

口伝21「戦闘開始」
https://sicambre.at.webry.info/201907/article_42.html

口伝22「血斗」
https://sicambre.at.webry.info/201908/article_9.html

が収録されています。連載時には「第*話」となっていましたが、単行本では「口伝*」となっています。単行本では「真説・邪馬台国伝」との副題がつけられています。それぞれの話については、上記の記事にて述べているので、ここでは繰り返しません。本作は207年(西暦は厳密な換算ではなく、1年単位での換算です)頃の九州を舞台としています。これまでに明かされている世界観から推測すると、本作の邪馬台国は宮崎県(旧国名の日向)に設定されているようです。しかし、神武東征説話も取り入れられていることから、やがては畿内というか纏向遺跡が舞台になるかもしれません。本作の神武は、天照大神から数えて6代目の日見彦という設定です。おそらくは現在の奈良県にいるだろう神武(サヌ王)の子孫とヤノハがどう関わってくるのか、ということも今後注目されます。

 現時点ではほぼ九州の諸国・人物しか登場していませんが、今後は本州・四国、さらには朝鮮半島と後漢や魏も舞台になりそうで、司馬懿など『三国志』の有名人物の登場も予想されますから、ひじょうに雄大な規模の物語になるのではないか、と期待されます。本作の人物造形はたいへん魅力的で、この点でもとくに楽しめているのですが、第3集で初登場となったトメ将軍は、とくに魅力的に描かれています。おそらくトメ将軍は、倭国から魏に派遣された大夫の難升米でしょうから、今後も活躍場面が多そうで、注目しています。本作は現時点でもたいへん楽しめていますが、今後さらに面白くなりそうな要素が多いだけに、何とか長期連載になってほしいものです。