ニワトリではなく飼育していたキジを消費していた中国北西部の初期農耕民

 中国北西部の初期農耕民によるニワトリではなく飼育していたキジの消費を報告した研究(Barton et al., 2020)が公表されました。現在では、農耕・牧畜(植物の栽培化・動物の家畜化)は、年代は異なりつつも世界の複数の地域で独自に始まり、周辺地域に拡散していった、と考えられており、この問題に関しては2014年の総説的論文が今でも有益だと思います(関連記事)。中国北部も9000~7000年前頃に農耕が独自に始まった地域で、地域特有の植物の栽培化と動物の家畜化が進行し、それはキビ属とエノコログサ属(アワ)といった穀類やブタやイヌやニワトリといった家畜です。

 農耕への移行の原因については今でも議論が続いており、とくに高い関心が寄せられているのは、アジア東部のニワトリ(Gallus gallus domesticus)です。ニワトリは現在地球上で最も広範に存在する家畜ですが、ニワトリが、どこで、いつ、どのように進化したのか、合意は得られていません。中国の早期新石器時代の農耕村落遺跡では、しばしばニワトリとして識別されてきた中型の鳥の骨が含まれており、ニワトリの家畜化の最古の事例と解釈されてきました。しかし、こうした新石器時代の中国においてニワトリが出土した遺跡の中には、ニワトリの野生祖先である熱帯に適応したセキショクヤケイ(Gallus gallus)が現在では繁栄していない、中国北部の乾燥地域に位置しているものもあり、議論となっています。

 本論文は、1978~1984年に中華人民共和国甘粛省(Gansu Province)秦安県(Qin'an County)の大地湾(Dadiwan)遺跡で発掘された鳥の骨を分析しています。大地湾遺跡におけるヒトの痕跡は8万年前頃までさかのぼり、農耕の最初の痕跡は老官台(Laoguantai)文化期となる7800年前頃(以下、すべて較正年代です)以降となります。6300年前頃までに、大地湾遺跡では農耕が発展して文化は複雑的となり、永続的な建築・貯蔵施設・工芸品生産地区・豪華な埋葬が出現し、ヒエやキビが栽培化され、イヌとブタが一年中穀類で飼育されたという同位体証拠も提示されています。

 以前の研究では、この早期新石器時代農耕共同体の鳥も穀物を与えられた推測されており、それはおそらくC4植物のキビで、夏の間にのみ成長します。大地湾遺跡では、中型の鳥の骨のコラーゲンの安定同位体値は、C4およびC3植物両方の通年植生を示す範囲に収まります。これは、たとえば現代のキジや過去のシチメンチョウ(Meleagris gallopavo)の値とよく一致します。大地湾遺跡の多くのブタや一部のイヌと同様に、同遺跡の鳥の骨の安定同位体値も、自ら探した餌とともに、農耕により生産された穀類も食べていたことを示唆します。

 大地湾遺跡の鳥は当初、ニワトリも含まれるヤケイ属の一種(Gallus sp.,)と識別されていましたが、最初の分析者は、一部の鳥がキジ科のイワシャコ(Alectoris chukar)もしくは単にキジ科かもしれない、と認識していました。本論文は、大地湾遺跡の鳥の分類学的不確実性を解決するため、すでに安定同位体値が評価された、以前はヤケイ属と識別された個体を分析しました。これらの標本はすべて、7900~7200年前頃となる老官台(Laoguantai)文化期(3点)、もしくは6300~5900年前頃となる仰韶(Yangshao)文化期(5点)の層で発見されました。ミトコンドリアDNA(mtDNA)分析の結果、本論文で対象とされた大地湾遺跡の早期新石器時代の鳥はすべてコウライキジ(Phasianus colchicus)に分類されました。これらはさらに亜種に区分できますが、詳細な系統関係の確定にはさらなる遺伝的情報が必要になる、と本論文は指摘します。

 大地湾遺跡は中国で最古の明確な農耕集落で、北西部乾燥地帯に位置します。大地湾遺跡とその周囲のヒト生物群系に生息し、その後にヒトに消費された鳥は、家畜化されたニワトリでも、その野生祖先であるセキショクヤケイでもなく、コウライキジと特定されました。重要なことに、大地湾遺跡の先史時代の鳥と遺伝的に合致する現生3亜種はすべて、砂漠・草原・乾燥高地帯を含む中国北部の混合的環境で現在確認されます。これは、外来の鳥ではなく地元の鳥が消費されたことを示します。

 現在、これらの大地湾遺跡の早期新石器時代の鳥が囲いで飼育されたとか、その卵をヒトが消費したとかいう証拠はなく、直接的にヒトが管理したという証拠さえありません。本論文の分析から言えるのは、大地湾遺跡の早期新石器時代の鳥の食性は野生動物に似ておらず、食性のかなりの部分を新石器時代以降のヒトだけが提供できる穀類に依存していたに違いない、ということです。大地湾遺跡の早期新石器時代の鳥は、穀物貯蔵庫の穀類、もしくは栽培化されたキビの収穫と処理で生じる廃棄物を食べ、その鳥をヒトが食べた、というわけです。

 本論文は早期新石器時代の大地湾遺跡における、鳥(コウライキジ)とヒトとのこの単純な共生を「低水準の鳥の生産」と呼び、それが地域的な収穫量を高めるための意図的で低コストとなるヒトの生存戦略だった、と指摘します。農耕共同体の敷地内もしくは隣接する農地内の農業廃棄物を加減するだけで、食用となる鳥の量さを調整できるため、低水準の食料生産においては効果的な手段でした。さらに、この慣行は、農耕共同体が分裂もしくは移住するたびに、籠に入れて輸送したり抱きかかえたりせずとも開始できました。地元の環境に固有の鳥は、単に自分のために農耕共同体の廃棄物を食べ、人々はその鳥を食べた、というわけです。

 鳥の骨のコラーゲンの同位体パターンは、新石器時代の中国北部の他の場所でも見られ、「低水準の鳥の生産」が温帯環境に居住する広範囲の民族言語的集団において適応的だった、と示唆します。このような考古学的な鳥遺骸の時空間的研究は、「低水準の鳥の生産」がキジに限定されていたのかどうか、明らかにできるかもしれません。また、キジあるいはニワトリやその野生祖先を含む他の肉質の地上性の鳥が先史時代にどの程度管理されていたのか、という問題の解明にも役立つのではないか、と期待されます。

 上述のように、農耕と牧畜は世界各地で年代は異なりつつも世界の複数の地域で独自に始まった、と考えられていますが、その過程は「革命」と呼べるような急激なものではなく、試行錯誤を伴う漸進的なものだった、と今では考えられています。たとえば中央アナトリア高原では、狩猟採集から農耕への移行期間は短くなく、早期新石器時代には農耕民集団と狩猟採集民集団とが混在していた、と指摘されています(関連記事)。中国北部の早期新石器時代村落でも、農耕開始からしばらくは生産性が低く、穀類やその収穫の過程で生じる廃棄物を鳥に食べさせ、ある程度管理することで多様な栄養源を確保していたのでしょう。その鳥が、早期新石器時代の中国北部では在来野生種のコウライキジだった、というわけです。こうした早期新石器時代農耕民の経験が、後に中国北部にはその祖先種(セキショクヤケイ)が存在しないニワトリを導入して飼育するさいにも役立った、と考えられます。


参考文献:
Barton L. et al.(2020): The earliest farmers of northwest China exploited grain-fed pheasants not chickens. Scientific Reports, 10, 2556.
https://doi.org/10.1038/s41598-020-59316-5

テストステロンの疾患リスクへの影響の性差

 テストステロンの疾患リスクへの影響の性差に関する研究(Ruth et al., 2020)が公表されました。テストステロンは女性も男性も作る天然ホルモンの一種で、テストステロンの補充療法は、骨の健康増進や性機能・体組成の改善に広く用いられています。しかし、テストステロンが病気の転帰に及ぼす影響については、ほとんど分かっていません。この研究は、イギリスバイオバンク登録者425097名から得られたテストステロン量のデータと遺伝的データを使って、テストステロンを調節している2571の遺伝的変数を調べ、それらと2型糖尿病、多嚢胞性卵巣症候群といった代謝疾患やがんとの関連を調べました。

 その結果、テストステロン量が高くなりやすい遺伝的素因を持つ女性は、2型糖尿病リスクが37%、多嚢胞性卵巣症候群のリスクが約50%も高い、と明らかになりました。男性では、高テストステロンは一般に保護作用を示し、2型糖尿病のリスクは15%近くも下がりました。また高テストステロンは、女性では乳癌と子宮内膜癌、男性では前立腺癌のリスク上昇につながることも明らかになりました。これらの知見は、テストステロンが健康に及ぼす影響における性差による違いを示しており、今後の臨床研究では性別特異的な遺伝的解析が必要になった、と指摘されています。また、こうした性差には進化的要因がありそうですから、そうした観点でも注目されます。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


【内分泌学】テストステロンの疾患リスクへの影響は女性と男性とで異なる

 テストステロン量が心血管代謝疾患やがんのリスクに影響を及ぼす可能性があるが、この影響は女性と男性で違いがあることを報告する論文が掲載される。

 テストステロンは、女性も男性も両方が作る天然ホルモンの一種で、テストステロンの補充療法は、骨の健康増進や性機能、体組成の改善に広く用いられている。しかし、テストステロンが病気の転帰に及ぼす影響については、ほとんど分かっていない。

 今回John Perry、Timothy Fraylingたちは、英国バイオバンク登録者42万5097名から得られたテストステロン量のデータと遺伝的データを使って、テストステロンを調節している2571の遺伝的変数を調べ、それらと2型糖尿病、多嚢胞性卵巣症候群といった代謝疾患やがんとの関連を調べた。すると、テストステロン量が高くなりやすい遺伝的素因を持つ女性は、2型糖尿病リスクが37%、多嚢胞性卵巣症候群のリスクが約50%も高いことが分かった。男性では、高テストステロンは一般に保護作用を示し、2型糖尿病のリスクは15%近くも下がった。また高テストステロンは、女性では乳がんと子宮内膜がん、男性では前立腺がんのリスク上昇につながることも明らかになった。

 これらの知見は、テストステロンが健康に及ぼす影響が女性と男性では違いがあることを示しており、著者たちは、今後の臨床研究では性別特異的な遺伝的解析が必要なことが浮き彫りになったと結論付けている。




参考文献:
Ruth KS. et al.(2020): Using human genetics to understand the disease impacts of testosterone in men and women. Nature Medicine, 26, 2, 252–258.
https://doi.org/10.1038/s41591-020-0751-5

近くにいるクラゲに刺されなくても痛みを感じる理由(追記有)

 近くにいるクラゲに刺されなくても痛みを感じる理由に関する研究(Ames et al., 2020)が公表されました。マングローブ林の流域に生息するサカサクラゲ属のクラゲ(Cassiopea xamachana)は、浅瀬の底で上下逆さになっており、フワフワした口腕が上向きについています。アメリカ合衆国フロリダ州やカリブ海やミクロネシアの周辺でシュノーケリングをする人々が、クラゲに直接接触していないのにクラゲに刺された感覚(stinging water)を経験したことは、かなり以前から報告されています。その原因については、多くの学説が提唱されてきましたが、正確には分かっていません。

 この研究は、サカサクラゲ属に関する科学文献を20世紀初頭までさかのぼって調べて、stinging waterに関する手掛かりを調査しました。その結果、サカサクラゲ属動物が分泌する粘液に非常に小さな細胞塊(カッシオソーム)が含まれている、と明らかになりました。この研究は顕微鏡を使って、カッシオソーム(cassiosome)の外層が数千個の刺胞(クラゲの刺細胞)に覆われていることを発見しました。刺胞は、クラゲの触手の特殊化した細胞に通常含まれている毒素入りカプセルで、被食者を殺せます。さらにこの研究は、クラゲがカッシオソームを含む粘液を小さな手榴弾のように水中に放出して、stinging waterを生じさせることを明らかにし、Cassiopea xamachanaの近縁4種からもカッシオソームを発見しました。以下は『ネイチャー』の日本語サイトからの引用です。


クラゲが近くで泳いでいると突き刺されたような痛みを感じるのはなぜか

 サカサクラゲ属のCassiopea xamachanaの粘液に含まれる刺細胞からできている構造が明らかになり、cassiosome(カッシオソーム)と命名された。カッシオソームは、被食者を殺すことができ、マングローブ林の流域でシュノーケリングをする人々が経験するstinging waterという感覚を引き起こしている可能性が高い。今回の研究結果を報告する論文が、Communications Biologyに掲載される。

 マングローブ林の流域に生息するサカサクラゲ属のクラゲは、浅瀬の底で上下逆さになっており、フワフワした口腕が上向きについている。米国フロリダ州、カリブ海、ミクロネシアの周辺でシュノーケリングをする人々は、クラゲに直接接触していないのにクラゲに刺された感覚(stinging water)を経験したことをかなり以前から報告している。その原因については、数々の学説が提唱されてきたが、正確な原因は分かっていない。

 今回、Gary Voraたちの研究チームは、サカサクラゲ属に関する科学文献を1900年代初頭までさかのぼって調べて、stinging waterに関する手掛かりを探した。その結果、サカサクラゲ属動物が分泌する粘液に非常に小さな細胞塊(カッシオソーム)が含まれていることが判明した。Voraたちは、顕微鏡を使って、カッシオソームの外層が数千個の刺胞(クラゲの刺細胞)に覆われていることを発見した。刺胞は、クラゲの触手の特殊化した細胞に通常含まれている毒素入りカプセルである。そして、Voraたちは、クラゲがカッシオソームを含む粘液を小さな手榴弾のように水中に放出して、stinging waterを生じさせることを明らかにし、C. xamachanaの近縁種(4種)からもカッシオソームを発見した。



参考文献:
Ames CL. et al.(2020): Cassiosomes are stinging-cell structures in the mucus of the upside-down jellyfish Cassiopea xamachana. Communications Biology, 3, 67.
https://doi.org/10.1038/s42003-020-0777-8


追記(2020年2月18日)
 ナショナルジオグラフィックでも報道されました。

加藤徹『西太后 大清帝国最後の光芒』

 中公新書の一冊として、中央公論新社から2005年9月に刊行されました。本書は西太后の伝記ですが、西太后を広く中国史の文脈に位置づけているのが特徴です。本書は2005年刊行ですから、その後の研究の進展により訂正されるべきところもあるかもしれませんが、日本語で読める手頃な西太后の伝記としては、今でも優れているのではないか、と思います。日本では今でも、一般的には西太后への印象は悪いでしょうし、その中には本書で否定された荒唐無稽な逸話もあるでしょうから、その意味でも、本書を今読む意義はあると思います。

 西太后というと、一般的には権力欲旺盛で残忍な人物と考えられているでしょうが、本書はこの点について注意を喚起しています。本書は、権勢には戦争による領土拡張も含む、思い通りの国造りを目指す男性型と、至高の生活文化を満喫する女性型とがあり、西太后は後者だった、と指摘します。男性型と女性型という区分が適切なのか、大いに疑問が残りますが、権勢とはいっても、政治権力志向と生活文化志向に区分することは重要だと思います。もちろん、少なからぬ権力者はその両方を志向するでしょうし、生活文化志向も政治権力志向と無縁ではあり得ませんが、西太后が本質的には生活文化志向型だった、との指摘はおそらく妥当でしょう。

 本書は、同じ最高権力者の女性とはいっても、西太后は漢の呂后や唐(周)の武則天(則天武后)とは異なり、目標としたのは乾隆帝の生母である崇慶太后だった、と指摘します。西太后の本意は、息子の同治帝やその後継者とした甥の光緒帝が成人後は政治を任せ、豪勢で優雅な生活を楽しみ、50歳や60歳といった節目となる誕生日を盛大に祝ってもらうことだった、と本書は指摘します。じっさい、西太后は成長した光緒帝に一度は政権を返上しています。また本書は、西太后(に限らず支配層)の贅沢な生活が、所得再分配的な意味合いもあったことを指摘します。

 このような志向の西太后が最高権力者として君臨できたのは、本人の優れた資質と努力もあったわけですが、本書から窺えるのは、西太后が当時の支配層の女性としても珍しく文書を理解でき、それが権力掌握に役立ったとはいっても、公文書作成能力は科挙官僚や一般官人に遠く及ばず、狭い宮廷社会での権力者としては優れていても、広い視野の優れた政治家とはとても言えそうにない、ということです。もっとも、政治権力志向型の野心家ではなかった西太后に言わせれば、自分は政治家として大国の舵取りをするつもりはなかったから、そのための修養を積んでこなかった、ということなのでしょう。

 また本書は、西太后が現代中国の在り様の雛型を作った、と指摘します。現在、中国が領土を主張する地域はほぼ西太后が権力者だった時代のものですし、光緒帝が「過激化」する前には認めていた中体西用を基底に置く洋務運動は改革開放以降の路線と通ずる、というわけです。さらに重要なのは、西太后が義和団を利用して列強を打倒し、さらなる権力の掌握を図ったことは、大衆を政治運動に活用するという点で、後の文化大革命と通ずる、という視点です。本書は西太后を、現代中国を理解するうえで重要な人物として描き出しており、たいへん興味深く読み進められました。なお、本書は光緒帝暗殺説を否定していますが、本書刊行後の2008年に、光緒帝暗殺説が有力になった、と報道されました(関連記事)。