大河ドラマ『麒麟がくる』第14回「聖徳寺の会見」

 斎藤利政(道三)と織田信長は美濃との国境に近い尾張の聖徳寺で会見することになりました。先に聖徳寺に到着した利政は、信長がなかなか現れないことに苛立ちます。利政は、率直な物言いで才覚と胆力と先見性を備えた信長を気に入り、明智光秀(十兵衛)は安堵します。今川軍が尾張を攻めてきたため、信長は岳父の利政に援軍を依頼します。利政は援軍を派遣しようとしますが、息子の高政(義龍)は国衆の稲葉良通とともに強く反対します。優秀で底知れない野心を秘めている信長は自分に似ている、と信長を高く評価する利政に高政は強く反発し、光秀も援軍の早急な派遣に反対しますが、利政は援軍の派遣を強行します。稲葉良通は高政に、早く家督を継承するよう、促します。利政が援軍を派遣したこともあり、信長は今川軍の撃退に成功します。高政の母である深芳野は亡くなり、さすがに利政も動揺します。高政は利政に、すぐに自分に家督を継承させるよう、要求し、すっかり動揺してしまった利政は承諾します。

 今回は、やはり利政と信長の会見が最大の見どころで、これまで歴史創作もので描かれてきた内容とはかなり異なっていたように思われます。本作の信長は純粋な人物として描かれており、会見での利政とのやり取りはその人物造形に沿ったものになっていました。本作の信長に関しては、放送開始前には不安視する人が少なくなかったようですが、現時点では、その人物造形と演技は成功しているように思います。この人物造形を前提として、信長と光秀の関係がどのように推移し、本能寺の変へと至るのか、今からたいへん楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント