大河ドラマ『麒麟がくる』第18回「越前へ」

 斎藤道三は息子の高政(義龍)との戦いで敗死し、道三側で参陣した明智一族を率いる光秀は、高政の追撃から逃れます。光秀は尾張へ逃れようとしますが、そこへ駒が現れ、尾張への道は高政の警戒が厳しいと伝え、光秀は一族と家人を引き連れて北方へと向かいます。光秀は逃亡の途中、帰蝶の依頼を受けた伊呂波太夫に導かれ、越前へ向かいます。伊呂波太夫は光秀を越前の大名である朝倉義景に引き合わせますが、義景は光秀が越前に来たことに迷惑な様子ですが、とりあえず光秀を越前に匿うことにします。尾張では、織田信長が自分に反抗的な弟の信勝を城に呼び寄せて殺害します。

 今回から越前編となります。朝倉義景は単なる暗君ではなく、したたかな人物として描かれるようです。義景は斎藤道三とはかなり異なる人物で、光秀が義景との関係に苦慮するのが越前編の見どころとなるのでしょうか。駒を救ったのが光秀の父と明かされましたが、これは多くの視聴者の予想の範囲内だったでしょうから、予定調和的です。では、これが今後の物語にどのような意味があるのかというと、これまでの駒の話からあまり期待できそうにありませんが、そこは大家の作だけに、面白い仕掛けがあるかもしれません。

 尾張の情勢もやや詳しく描かれ、相変わらず帰蝶が信長を操っているかのような関係ですが、この関係が今後どう変わってくるのか、注目されます。信長と信勝のやり取りはやや長く描かれ、信長の狂気と、身内への甘さというか信頼できる身内を求める心情が窺えて、なかなかよかったと思います。道三が退場して盛り下がった感は否めませんが、今後は、今回言及された細川藤孝など畿内の人物も再登場するでしょうから、盛り上がりを期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント